話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

きみのとなり

佳川鈴奈

6.突然の二人暮らし -嵩継- 



院長と水谷さんの面接を終えたアイツはオレの帰宅にあわせて、
すき焼きを作って待っていた。



「兄貴、お帰り」

「ただいま。
 あぁ、うまそー」



そう言ってダイニングに近づくと氷夢華は生意気なマセガキの頃のような口調で、
『先に手を洗ってから』っと懐かしい台詞を紡ぐ。


その声に従って洗面台で手洗いとうがいを終えてダイニングに戻ると、
冷蔵庫から冷えたビールが出される。



「氷夢華、悪いが俺はお茶で」

「えっ?
 だって仕事帰ってきたじゃん」

「今日はERオンコールだから」

「ERオンコールって何?
 ERは救命でしょ。

 ERの専門が居るんじゃなくて?」



おいおいっ、大学病院と個人病院を一緒にするなよ。



「まっ、お前も無事に鷹宮に入れたらわかってくるよ。
 ここの独自システムが。

 まっ、今日はERオンコール。
 電話一本で俺は召喚組だからビールは飲めねぇ」



そう言うと氷夢華は、ふて腐れたように二本の瓶ビールを片付けて
グラスに何時の間にら作っていたのか麦茶を注ぎ込む。



そんなアイツをじっと観察する。



再会した時から気になってた……何故かアイツが胃腸を弱らせているような気がして。




アイツが勤めていたJ医付附属は、オレが問題を起こした場所。
詳しくは教授のパワハラに苦しんでたゼミ仲間の女性陣たちを助けるために正義のヒーロー宜しく自慢の足で一発。

パワハラで卒論の成績を融通させていたなんて、
そんな事実は奴にもマズい為、卒業は出来たものの、
その後、研修で受け入れけて貰えるはずの病院から内定が消された。



そんなこんなで、あの病院にオレの居場所はない。
オレは教授殴っちまって破門された身。


まっ、今となっちゃ鷹宮に居られて雄矢院長の元で勉強が出来て良かったっ思ってっけど。


あの場所じゃオレは……ロクでもない野郎扱いだしな。


氷夢華のヤツが居て、オレの名前でも出して見ろ、
最後、陰湿なやり方で潰されかかってただろうし。


何言っても聞かないのはオレが一番知ってる。
アイツを……追い込んだのはオレだろうしな。


「嵩兄、大丈夫?
 さっきからお箸進んでないよ」


心配そうにオレを覗き込むコイツの仕草は、あの頃から何も変わってねぇ。



「あっ、あぁ平気平気。
 
 ちょっと考え事だ。
 おっ、うまそーだな。

 冷める前にトットと食っちまうか」


そう言うと氷夢華はオレのお皿に、すき焼きを次から次へといれていく。


食べきっては、すぐに補充されるお皿。
だけど肝心なアイツは、そんなに食べてない気がする。




J医で相当……ストレス溜めたんだろうな。
オレの名前を出して。



そんなことを推測しながら、オレはアイツのすき焼きを平らげた。



腹が満たされると、眠くなってくるのが人で
そのままソファーに持たれて考え事をしている間に、
睡魔が寄り添ってくる。



氷夢華が食べ終わった食器を片付けてくれる音をききながら、
夢の中へと入りこんでいた。



そのままソファーで眠ってしまったらしいオレの体には、
アイツがかけてくれたのか、オレの布団と毛布がかかっていた。



そのまま布団を自室のベッドに片付けて大きく伸びをする。



近くに置いている携帯も、着信があった形跡はなくオンコールの呼び出しもなかったことを確認した。




テレビをつけてソファーにボーっと座っていると起きてきた氷夢華がキッチンへと向かう。




「兄貴、おはよう。
 少し寝過ごしちゃった。

 ソファーで寝てたけど、風邪ひかなかった?」


「あぁ、久しぶりに寝落ちした」


「うん。のび太顔負けだったよ。
 洗い物してたら、兄貴のイビキ聞こえてきたもん。

 ベッドに運ぼうと思ったんだけど、無理だったから布団かけといたんだ。

 アタシって出来る奥さんだよね」



奥さんって誰がだよ。
ったく、お前は。



俺もソファーから立ち上がってキッチンの方へと向かう。




「兄貴はテレビ見てていいよ。
 アタシが朝ご飯作るから」




氷夢華は、そう言うとキッチンへと向かう。
キッチンからリズミカルな包丁のサウンドが響いてくる。


それと同時に、ガスコンロにかけられたフライパンに卵を割りいれる音が響く。


何時もなら、これからオレが作ってんだけどな。
マジ……アイツが今、家にいんだな・・・。



暫らく、リビングの窓から外の景色を望む。


朝の太陽の光が頼りなげに射し込む。


ふいにオレの携帯の背面が光る。


着メロが鳴り出す前に着信すると電話の向こうから成元御大の声が聞こえた。
用件のみ会話を交わして電話を切る。



「兄貴、電話誰?
 もしかして彼女?とか」


「ばぁーか。
 何言ってんだよ。ガキの癖に」


「ふふっ、冗談だよ。

  嵩兄に彼女なんて出来るはずないじゃん。
 海兄のこと今も忘れられないだろうしね。

  嵩兄には海兄のことも理解したアタシみたいなヤツじゃないと無理だって」



おいおいっ。
氷夢華、アタシみたいなヤツって自分で言うな。



「病院からだよ。病院。

 悪いが、飯いらねぇ。
 今からオンコールに出てくる。

 そのまま日勤で、当直に入るから今日は帰れねぇ。
 今日だけじゃねぇ。暫く、帰れねぇぞ」


その途端に、不貞腐れた表情を見せた氷夢華。


だけどオレは、あの日の望んだように鷹宮邸に居候しながら、
寝泊まりしつつ、シフトを代行することを決めた。


今日から始まる鬼シフト。
だけど、多分、オレの判断は間違っちゃいない。


このままここで氷夢華と同棲し続けるのにも躊躇われるし、
アイツの居場所を奪うわけにも行かない。


アイツを傷つけずに処理を取れる方法はシフトを利用するしかなかった。



オレは手早くしたくを整える。
とりあえず着替えも何着か鞄に詰め込む。




これだけ持ち出せば少しは鷹宮邸で生活することも出来るか。



「氷夢華、行ってくる」


声をかけて玄関に出ようとすると、
氷夢華もまた玄関へと駆け出してくる。


「兄貴、下まで送るよ」


そう言って、オレが乗り込んだエレベータへとアイツも乗り込んだ。

地下駐車場まで直結しているエレベータの中には、
すでに先に乗り込んでいるものが存在する。


「おはようございます。
 安田先生」


エレベーターの中でオレにかけたのは、
鷹宮の後輩、早城飛翔の甥の神威。


オレが住んでいる、このマンションの経営者だ。


「おはよう、神威。
 飛翔は?」

「ホットが入ったみたいで少し前に出掛けました」

「そうか。

 悪い、神威……コイツ、オレの知り合いだ。
 このマンションに出入りする。

  セキュリティ-に報告しといてくれ」

「わかりました」


地下駐車場に到着すると神威は迎えの車に乗り込み、
何処かへ出掛けた。


「何、アイツ?」

「このマンションの経営者だよ」

「ふーん。
 嵩兄、車見つけた。シルエイティ-っ」

「あっ、それはプライベート。
 仕事はこっち」


飛翔に進められて最近、通勤用に購入したBMWのMクーペを指差す。


早々に開錠して車内に乗り込むと、
エンジンをかけて氷夢華に見送られながら病院へと向かう。



そのままオレはERの応援に入って日勤、当直と鬼のスケジュールをこなした。



「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く