話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

葦と歯車~へんてこ少女たちの終末神話~

渡莉鴉

プロローグ

生を受けてからずっと、君のことを考えていた。

考えざるをえなかった。
君によって生かされ、そして呪われているから。
愛すことも厭うこともわからず、いつか、出会ったそのときは…。

どうか、君をこの手で。

「葦と歯車~へんてこ少女たちの終末神話~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く