話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

詩集

はるはる‪ஐ‬

牛蛙とどぶねずみ




「どうしてあなたはそんなに醜いの?」
キンキン声の少女が言った。
「醜くないと醜いものの気持ちが分からないからさ」
どぶねずみが言った。
「どうしてあなたはそんなに小さいの?」
ソプラノボイスの少女が言った。
「小さくないと小さいものの気持ちがわからないからさ」
牛蛙が言った。

「詩集」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く