knowledge -ノァリッヂ-

shokora

3話 異世界転移

サァーッ

心地よい風が吹く。
目を開くとそこには辺り一面草原が広がっている。
とても綺麗な草原だ。

その辺を見渡してみると、見たこともない動物が沢山いる。

あだむ
「あれはなんだろ?」
目を凝らしてみる。小さな白い物体が何匹もいる。

見た目はウサギみたいで小さく白い体毛なのだがユニコーンのような角が生えていて、まるでなんとかクエストとかに出てきそうな見た目をしている。

他には、こっちの世界にもいる牛に見た目はそっくりだが、体の色が赤と白でまだらになっている。それに左右で角の長さが違う。
白黒のパンダカラーか、黒い牛しか見たことがなかったために、すごく新鮮だ。

あだむ
「すげーほんとに異世界だ!」

子供の時のようなキラキラした目で口ずさむ。

あだむ
「そういえば、確かPowersが アンロック スキルステータスって言えば、目の前に画面が出てきて自分の現状の詳細が見れるって言ってたな。」

早速自分のチートステータス見ることにしようとウキウキ気分(まるでソシャゲで頑張って貯めた石を使ってガチャを引く前の気持ち)で言った。

あだむ
「アンロック スキルステータス」




下野 男 (しもの あだむ) Lv1

ステータス
HP /         105

MP/            10

ATK/        180

DF/          150

luck/          50

knowledge/ 0.000000

スキル/ 右腕強化・左腕強化・右脚強化・    左脚強化

Extra スキル/ knowledge hacker €<7#0:

称号

ヒューマン/E級冒険者/武器不使用(武器使用時ペナルティー)/鉄拳/




あだむ
「ふーむ、スキルとステータスはこんな感じか。てか、ステ低すぎん?(高いか低いか現状わからない…)
MPに関しちゃ10しかないし!?
knowledgeって知識のことか。てか0じゃん
しかも武器不使用て!拳で戦えっての!?
エクストラスキルの後ろもなんか文字化けしてるし、なんなんだろう?しかもスキル、肉体の強化だけだし、火球(ファイアボール)とか使ってみたかったな。」

 初期ステでチートだと思っていたので、まったくもって期待外れではあったが、まだまだ始まったばかりだと期待に胸を膨らませる。

あだむ
「よし!まぁ〜気を取り直して、まずは村だ!チュートリアルやらねぇとな。」

綺麗な草原を髪をなびかせながら歩き出した……

「knowledge -ノァリッヂ-」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く