スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第52話 妹からのSOS





『……あ、あの、綾矢あやです』


「う、うん。わかってる……どうしたの?」




 僕を嫌い、徹底的に避けていた妹が、僕の携帯電話にかけてくる。理由はわからないけれど、なんだか恐いことのような気がした。
 周りのみんなが、怪訝そうにこちらを見る。僕の気のせいなら、なんでもないことならいいんだけど。




『あのさ、あのね、お盆って、帰ってくる……?』


「帰らない予定だけど、……どうかした?」




 そもそも綾矢も携帯を持ってるのに、なんで家の固定電話からかけてくるんだろう? メールアドレスはお互いに知らないけれど、なぜ。




『帰ってきて……欲しいんだけど……』




 びっくりした。そして思わず「どうして?」と口にしてしまった。




『いや、その……お母さんたちが……帰ってほしそうだったから……』


「そんな理由?」さらに余計なことを問いかけてしまい、綾矢は沈黙した。




 わからない。お盆に帰省しないことはもう両親には伝えてあるし、そもそも、帰省を遠慮したのは、僕を蛇蝎のごとく嫌っている綾矢を気づかってなのに。


 というか、綾矢は、こんなに僕に話しかけて、今大丈夫なんだろうか? と、不意に気になった。
 僕を徹底的に無視していたけれど、やむを得ない理由で言葉をかわしたあとはいつも、吐きそうな顔をしていたはずだ。電話の向こうで、吐きそうになっていないだろうか。いま、家に父や母はいるのか。




「新幹線の席も今からじゃとれるかわからないし……、そもそも往復の新幹線代を出すお金はないよ?」


『お金? 新幹線代って、いくらかかるの?』


「京都から東京までは片道13000円ちょっとぐらい。まぁ、そこから家までも交通費かかるから……」


『………………片道、15000円ぐらい?』




 妹の口調に、ほんのり、違和感を覚えた。
 感情がない口調、ではない。
 何か言いたいことや感情を押し殺しているように聞こえる。それから、ちょっとだけ、声が震えているようにも。




『お金がないと、帰ってこれないよね……?』


「う、うん……」




 正確に言うと、完全にその金額が僕の口座のなかにないというわけではない。だけど、使えば、たぶん今月中に飢え死にする。




『だから無理……う!!!』




 いきなり、電話の向こうで激しい物音がした。




『ごめ……うっ!! なんで、もない。あのね。あの……帰ってこれない…?』


「え? 綾矢?」




 ほんのり、何かが電話の向こうでざわついた。




「誰かそこにいるの? 一緒に」


『いない、いないけど………』ゲホッ、と、綾矢が咳き込む。そのとき、電話の後ろで、笑い声が聴こえた。


『お願い、帰ってきて……』




 笑っている声。聞き取れないけど、揶揄するような声がうっすら混じる。
 人がいる。綾矢の後ろに、電話をかけさせている人間がいる。
 両親がまだ帰っていない時間に、僕の家に上がり込んで、綾矢に脅しをかけている人間がいる。




「………綾矢、受話器離して」


『え?』


「後ろの奴らに聴こえるように、受話器、離して」


『…………………』




 綾矢は何もいわない。言わないから受話器から離れてくれたか、わからない。わからないけど。僕は大きく息を吸い込んだ。






『後ろのやつら!!!』




 僕がいきなり大声で叫ぶと、周りのみんなのほうがびっくりした顔をした。唯一鈴鹿くんだけは、さっきから、何か異変が起きていると察していたようで、「かわろうか?」と口パクで言ってくれている。ありがとう、でもちょっと待って。




『いま、一緒にいた友達が通報した。捕まりたくなかったら今すぐうちから出ていけ!!!』




 電話の向こうで……もはや隠す気のない男女の笑い声がした。





「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く