スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第48話 『ざまぁ』は人生に必要なのか。





「まえにも言ったよね?
 俺が素材だったら限界があるけど、もっといい原石の男だったら超イケメンにできるって」


「え、ええ……」(むしろ限界がある素材は僕なのでは?)


「最初に会ったときから、こいつ超イケメンになれるなって思ってたから、声かけた。それだけ」




 にこっ、と新橋さんは笑う。




「でも、もっとこう………やりやすい奴がよかったとか、思いませんでした?」


「えーなに、珍しいね。
 そういうめんどくさいカノジョみたいな質問するの」




 けらけら笑ったあと、そうねー、と新橋さんは考え、


「まぁ、他の男よりも、神宮寺をイケメンにしたかった、つーのはあるよ」


「それは、なんで……」


「ほっといたら遠慮しすぎで死にそうだから」


「!?」


「なんか、サークルの見学に来てくれてたときから、周りのみんなに遠慮してばっかりでさ。自己評価もひっくいし。
 ああ、これは周りがこれまで、この子をちゃんと評価してこなかったんだなぁ、と思ったら、なんか腹立ってきて。
 その、会ったことないんだけど、腹いせもあってね。神宮寺が超イケメンになって、そいつらが度肝を抜かれればいい、悔しがればいい、って、そう」


「なんで………」


「なんつうか、世の中って理不尽で、たいていのことってやられたもの損、やられっぱなしじゃん。一矢報いたいときってあるよね」


 ぺたん、と、僕の横に新橋さんが体育座りして、続ける。


「まぁ、俺が中学のとき、やられる側、つーか搾取される側だったんですけど。それが嫌で、ちょっと上の方の高校行ったのね。いまの俺なら、そいつらにも反撃できるけど、やり返せる機会はもうない。
 それに、多分2度と会わない方がいい」


「それはどうして……」


「記憶は人によって違うからさ。あいつらの記憶をこちらにぶつけられた時に―――たとえばあいつらにとっては楽しく遊んでるつもりだったとか、加害してるとさえ思ってなかったとか―――さらにダメージをこちらが食らうかもしれないなら、触れない方がいい。
 とかいいつつ、モヤモヤしてんのはモヤモヤしてんのよね。大学にはいって精一杯リア充してるけど、あいつらが見て悔しがるほどじゃないし。
 俺はそんなんだけど、神宮寺はちがう」




 新橋さんは、ぺたぺたと、僕の頬を触った。
 水上さんの触り方に似ている、と僕は思った。
 もしかしたら、昔、誰にも言わずに付き合っていたことがあったのかも、と、ほのかに邪推した。




「僕も――――会わない方がいいと思いますか?」


「うーん。
 俺の個人的感想を言えば、神宮寺をバカにした奴に超イケメンになった神宮寺を見せて、悔しがらせて、それを写メりたい。性格悪いから」




 新橋さんが笑うのに、つられて、笑った。

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く