スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第44話 いったい正解とは何か?





「……………なんで………」




 その時僕の目には。
 座り込んだまま半泣きで、それでも顔をあげて軽く笑う橋元さんの姿が映っていた。




「うそ………24!?」
「知らなかったー。お姉さんだねー」
「それで 10代ですーみたいな顔してたんだ?」




 折悪しく、というか、僕と一緒に来ていたサークルの女の子たちも廊下に出ていて、さっきの明王寺さんの言葉を聞いていた。
 彼女たちに、悪気はないんだろう。
 だけど、顔を見合わせては露骨に引いたり、けらけらと笑いだしたり。




「自衛隊とか……まったくイメージじゃなかった」
「だいじょうぶだよー。
 こんなことで仲間外れにとかしないから」
「24からよく大学入ろうと思ったね、すごーい」




 鈴鹿くんが眉をあげて何かを言おうとした。
 その手を、橋元さんが掴んで止める。
 口の端を、くいっと持ち上げて、笑おうとしてる。
 自分を笑う人を前に、一緒に自分を笑おうとしてる。


 知ってる、これ。僕もした。




「年齢の、何がすごいの?」




 思い切り、低い声が出てしまった。 


 みんな、黙る。


 いまの僕は空気が読めていない。それはわかってる。


 知られたくないことなんて、僕にだってある。
 みんなと同じにしたくたって、できないときはあるんだ。


 たとえば橋元さんの家に学費がなく、働いてお金をためてやっと大学に入ったのだとしても。
 一度は国防を志したものの、夢や志が変わって、あらためて大学に入ったのだとしても。
 ほかにも、いろんな可能性が考えられる。
 どういう理由でも、人が、望んだ未来を叶えようとするなら、それだけで尊いじゃないか。


 まわりの同学年たちに、年齢を言わなかった。
 その動機は僕にも想像がつく。
 恐いよね、他人って?
 受け入れてもらえるかわからない、自分がひとと違っている部分を、簡単に人に言えたりなんかしない。


 たぶん小中高と出て、『大学には行くもの』という認識で入学してきた学生たちのなかでは、その年齢は『異端』とされるだろう。
 世の中には『異端』とされる要素を自ら冗談として、自虐して笑って、それで救われる人もいないわけじゃない。けど。


 いま、多数側に僕が回ったら。
 橋元さんをひとりにしてしまう気がした。


 頭のなかで、言葉を、選ぶ。
 あれでもない、これでもないと、考え、考えて選んだ。
 橋元さんに寄り添える言葉を。




「ごめんね、闘わせて。
 強くて、それはすごいなって思った。
 守ってくれてありがとう。
 その…………」


 すうっと、深く息をついて。
 この一言は、いったい正解なのか。




「尊敬しています」




 そう言って、僕は橋元さんに近寄り、手を伸ばした。


 差し出した手。
 ………水上さんは、とってくれなかった、手。


 橋元さんと目があった。
 突然、彼女は吹き出す。




「……尊敬って!! 何それ!!」




 笑いながら、橋元さんは僕の手を力強く掴んだ。
 手を支えに立ち上がりクスクスと笑い続ける。
 ……あれ、やっぱり間違えただろうか?


 鈴鹿くんが靴をそろえて足元に置く。
 橋元さんは、ときおり僕の手を支えにバランスをとりながら、左右の靴を履いた。
 その彼女は、いつもの笑顔に戻っていた。




 ほっ、と、手を離し、個室にみんな戻るよう、うながした。
 その時。
 ぽん、と背中を誰かが叩いた。




「…………水上さん!?」




 僕の肩よりも背が小さい水上さんが、こちらを見上げて、笑っていた。
 会いたかった。顔を見たかった。
 こんなに近くで話せるなんて。




「よく言ったね。正解やと思う」


「そう……ですか?」


「うん。
 ていうか、幹部陣は全員歳も知っとったし、単に言わんかっただけで、詐称はしてないから」


 そうして、ふと気がついたように、遠慮がちに、僕から手を引いた。


「ごめん、あんまり気安く触ったらあかんな、もう」


「………え?」


「おめでとう。いい子やと思うよ? 橋元さん」


「え、あ、いや、あのですね!?」


「明王寺さんが絡みついてきても、ちゃんとはがしぃや?」


「は、はい! ではなく!!」




 僕が水上さんに手を伸ばすより一瞬早く、個室の中に水上さんは戻ってしまって、僕は勢い余って鈴鹿くんに衝突した。


「おめでとー」「よかったねー」と白々しい言葉を続けながら、鈴鹿くん派の女子たちも個室に戻っていく。




「……………………」




 なるほど?


 さっきの僕の言動によって、水上さんおよび女の子たちは、僕が橋元さんのことを好きだと確信したと。




 それ、まったく正解じゃない!!!




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く