スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第41話 罵詈雑言に耐えるスキル。





「……ここじゃお店の迷惑になる。
 用があるなら、外にしてよ」




 からからの喉には唾の一滴もない。
 顔が引きつったりしなかっただろうか。
 平静を必死で装いながら、僕は3人の同級生たちにそう返した。




「冗談!
 なんでお前ごときのために、クソ暑い外に出なきゃならんのよ」




 ひとりが、鼻で笑う。


 ちょっと気を抜けば、冷静じゃなくなる。
 頭が恐怖で動かなくなる。
 3人とも、僕にとってそういう相手だ。
 だけど、いま優先すべきは、僕と一緒にいる人たちの安全。
 この間、この3人は、橋元サキさんに絡んできた。
 いま、個室のなかにいる女の子たちに、危害を加えない保証はない。


 僕がいたのはどの部屋か、気づかれてはいけない。




「……わかった。何か用?」




 オドオドしたら悟られると、お腹に力を入れて、僕は彼らをにらんだ。


 なんだよ、その目。という、いちゃもんオブいちゃもんを吹っかけた奴が、ドンと僕の肩を押す。
 体幹の力でギリギリふんばったけど、相手は、険しい顔をして、さらに僕を押す。




「……だから、何の話があるの?」




 ひゅっ、といきなり足が延びて僕のすねを蹴ってきた。
 ばちんと汚い音が響く。痛い。




「うるせぇんだよ。
 そっちが勝手に俺らの視界に入ってきてんだろうが、生ゴミが」
「痩せようがなにしようが、かわんねぇんだよ、お前の、馬が腐ったような顔は。服で色気出してたらよけい吐きそうだわ」




 ばちん、ばちん、横の奴にも蹴られた。
 正面のヤツは、今度は足を踏んできた。
 痛い。
 痛い上に、なんか、醜い。
 鈴鹿くんや三条先輩みたいに綺麗な蹴りじゃない。
 なんだろう、とても見苦しい。


 てゆうか、馬が腐るって何。




「…………」だけど、突っ込みが、口から出てこない。




 彼らは、僕の容姿をさして、差別用語まじりで次々と罵詈雑言を浴びせる。
 僕がそのマイノリティに該当しようがそうじゃなかろうが、本当はどうでもいいんだろう。
 耐える。
 小中高の日常のように。ただ、彼らがいなくなるのを待つ。
 聞こえよがしの悪口、存在を無視。
 色んなバリエーションで


 でも、どうしよう。
 タイミング悪く、水上さんが帰ってきてしまったら………。


 飲み込もうとしたつばがなく、乾いた口の中で舌が貼り付いた、そのとき。




「神宮寺くんー?」




 水上さん、ではなく、この場に一番来てはいけない人の声がした。




「どうしたのー? 神宮寺くん?」




 おそるおそる僕は、そちらに顔を向ける。
 特に深刻な様子もなく、カツカツと、軽やかにヒールの音を響かせて歩いてくる。




「戻って! 橋元さん!!」


「ん?」




 首をかしげる彼女に、同級生たちは僕など忘れたように突進した。




「逃げて!!」


 3人同時にかかろうとする。
 女の子に、いったい何を。
 どうして、こんな店の真ん中で。


 混乱しながら同級生たちを止め損ねた僕はその背を追う。
 橋元さんがあとずさった。壁を背にしてる。逃げられない。


 血の気が引いた、次の瞬間。






 同級生のひとりが、廊下をぶっ飛んでいた。


 

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く