スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第31話 僕は女の子がわかりません!





 ほかでもない、僕の部屋の僕のベッドの上に、2人でいる。




「あ、おはよー神宮寺くん」




 僕の腕のなかで、ぱちっ、と目を覚ました橋元サキさんは、特に驚くことなく、布団の中をずずっとのぼってきて。
 その綺麗な顔が、僕の前まできた。
 僕のからだと手に触れるのは、たおやかな体と、すらりとしながら筋肉で締まったふとももの感触。


 すっぴんでもやっぱり美人。
 至近距離。
 はだきれい。
 目のやり場に困る。
 着ているのは……僕のTシャツ。昨日の夜寝るときに、Tシャツと、運動用のハーフパンツを貸していた。




「橋元さん、確認したいことがあるんですけど」


「ん?なに?」


「確か僕、昨日、床に寝てたよね?」




 昨日の夜、自分のベッドを橋元さんに明け渡し、僕は床で眠りについたはずだ。
 まさか、寝ぼけてベッドに入っちゃった?




「ああ、神宮寺くん、眠ってる時になんだか寒そうだったから。
 ベッドまでひっぱりあげちゃった」


「へ!?」




 ひっぱりあげたって!?
 その細腕で!?
 僕、体重67キロあるんですけど!?
 しかも、ひっぱりあげられた記憶もないって、僕はそこまで眠り込んでたってこと?




「まぁ気にしないでよ。梅雨で微妙に冷えるしさ。
 一緒に眠ったほうがあったかいじゃない」


「いや、気にしますよ?」




 布団の中で橋元さんを抱くかたちになっている、僕の手。
 壊れ物みたいな女の子の感触には、まだ慣れない。
 すすすっ、と、僕は手を引く。




「……起きる、ね」


「そうだね」




 僕が体を起こすと、ごく自然に僕によりかかるように橋元さんが上半身を起こす。
 もたれかかられ、宙に浮いた手が泳ぐ。




「……あの、橋元さん? 近くないですか?」


「んー? まだちょっと眠くって」




 ……………だから、あの、そういう距離感やめてください?
 いま朝だし、その。下半身が朝なのでね?


 それにしても、ここからどうしようか、と困った僕の目に、ベッドの下に落ちた携帯が目に入った。一件連絡が入ってる。
 手を伸ばして、携帯を拾う。




「どうしたの? 誰かから連絡?」




 あたりまえのように、橋元さんが寄っかかりながら、僕の顔をのぞきこむ。




「ああ、うん……なんか、サークルの、柴田さんから連絡。
 今日講義が終わったあと会わないかって」


「おお?
 それって、告白というやつですか?」




 なんか橋元さんが楽しそうに言ってくる。
 ラーメンを一緒に食べに行った時も、水上さんのことを友達の恋バナみたいなノリで聞いてきたし。
 単にこういう話が好きなのだろうか。




「いや、それはないと思うよ……?」


「なんで?」


「だって――――」




 柴田さんは、鈴鹿くんがサークルに来る前は、僕をちやほやする一人だったけど、鈴鹿くんが来始めて以来、柴田さんはわかりやすく、完全に鈴鹿くんに夢中になっていた。
 先日柴田さんは鈴鹿くんに告白したそうで。鈴鹿くんは断ったそうだけど、少なくとも彼女の好きな人は鈴鹿くんなんだろう。


 ……とは、さすがに、橋元さんには言えない、か。




「もし告白だったとしたら、OKする?」


「え?」


「ここまで神宮寺くんを見ていて、誰のことが好きか、わからないんだよねぇ。
 唯一、この人かなって思った人は、神宮寺くん自身に否定されちゃったし」


「………」




 橋元さんが言ってるのは水上さんのことだ。
 そして僕はまだ、水上さんにどんな気持ちを持っていると明確に言葉にできない。
 正確に言えば、橋元さんにも現在進行形で揺さぶられている。




「告白だったら、OKする?」


「……しないよ」


「そっか。よかった!」




 橋元さんは笑顔を見せて、ベッドから立ち上がった。




「顔洗ってくるね」




 すらりとした後ろ姿に、昨日から僕は翻弄されてばかりだと感じた。
 橋元さんについてわかったこともあるけど、もっとわからないことが増えた。


 なんか僕は、『ちゃんとした恋愛』とは違う道でばかり迷っているような。
 ふうっと力が抜けて、ベッドに背中をつけた。
 僕が未熟なんだと思うけど。女の子が、わからない。




   ◇ ◇ ◇






 その日の5限終了後。




「最初に会った時から、好きだったの。
 どうか、付き合ってください。お願いします」


 (注※柴田さん)








 人生初めて自分が受ける告白は、3日前に僕の友達に告白して断られた女の子からでした。






 ――――――僕には女の子がわかりません!!!






   ◇ ◇ ◇



「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く