スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第28話 魔改造が…効かない…だと!?









「………………こっち見た。
 あいっかわらず、ぶっさいくな顔してるわ」


「何、服とか髪とか、大学デビューのつもりであれ?」


「ぶさいくの面食いって、一番たち悪いやつじゃん。
 おとなしくブスにしときゃいーのにさぁ」


「女の顔、どんなの? 誰か見てこいよ」






 いったい、なんで3人も、うちの高校から京都に来てるんだ。京都のどこかの大学にそろって入ったのか?


 心臓がバクバクと鳴ってきゅうっと喉が締まって、息が止まるかと思うほど苦しくなって、恐い。
 死にたい走馬灯が頭のなかを占領する。
 恐い、恐い、恐い。
 恐い。




「………どうしたの? 神宮寺くん」




 柔らかくほほえんで、橋元さんが声をかけてきた。
 僕は、ほとんど口に残っていなかった唾を、無理矢理飲む。


 橋元さんにも、アイツらの会話が聞こえていないわけはない。
 だけど彼女は何事も起きていないかのように、パフェを食べている。堂々と。ぱくぱくと。美貌と優しいほほえみのわりに豪快に。


 その姿を見ていると、だんだん毒気が抜かれてしまって。
 思わず僕も、パフェを口にする。
 宙に浮いたままだったスプーンの上のアイスは、ほぼけていた。




 元同級生たちが聞こえよがしな罵倒を続けてる。
 その中で、僕たちはパフェを食べる。


 そういえば、ぶさいく、と2回言われた。
 新橋マジックも水上マジックも、うちの同級生たちには通じなかったようだ。
 やっぱり、僕はぶさいくのままなんだなと、胸が詰まる。
 ………きつい。


 こんなじゃ、橋元さんも絶対不快な思いをしているだろう。




(パフェは惜しいけど、ここから出た方が良いんじゃないだろうか?)




 でもそとは雨、人けはない。
 安易に外に出て、元同級生たちが僕たちを追ってきたら、何かされるかもしれない?
 僕ひとりなら、まだしも。橋元さんに、なにかがあったら。




 ―――――そんなことを考えているうちに、橋元さんが早くも食べ終わった。
 動くなら、いまだ。
 僕は間髪入れず立ち上がる。




「橋元さん、もう出よう?」


「まだ、神宮寺くんのぶん残ってるよ」


「大丈夫だから、早く」




 彼らに捕まらないうちに、すぐ出てしまおう。
 僕の家も近くにあるし。このへんは土地勘もあるから。


 そう思い、彼女を促そうとした僕は、焦っていて気づかなかった。




「あれー? もう帰っちゃうのー?」




 元同級生たちが僕らのテーブルのすぐ近くまで来ていたことに。
 いやーな感じの笑みを浮かべて、僕を囲むように立つ3人。




「なにずっと無視してんの。
 紹介してよ、そこの美人な彼女?」




 ソファにかけたままの橋元さんを背にして、僕は、息を飲み込む。
 やっぱり、橋元さんに目をつけられた!!
 雨だし、最悪だ。もっと店のなかに人が多ければ。




「なに黙っちゃって」
「あ、はじめましてー。俺たち神宮寺くんの友達でーす」
「で?
 なんでキミみたいな子が神宮寺なんかとお茶してんの?」
「まーさか彼女じゃないでしょ……。
 でも、神宮寺みたいなんと一緒にいたら、女の価値下がっちゃうよー」




(失敗した!)




 僕が橋元さんの通路側に立ったことで、橋元さんにも、逃げ場がなくなってしまった。
 どうしよう。どうする?
 でも、この店のなかにいる限りは、店員もいる。店の外に出なければ、身の危険はないはず。
 どうにか………ここで耐えて……。




 ぽん、と僕の背中に橋元さんが手を置いた。




「神宮寺くん、ごめん、ちょっと退いてくれる?」


「へ……?」




 僕が動くまでもなく、僕の横をすり抜けるように、橋元さんは通路に出た。




「橋元さん?」


「ちょっと私に用があるみたいだから、外で話をつけてくる」


「へ、え!?」




 男たちが呆気にとられている間に、橋元さんは足早に店の出口の前へ。
 ドアに手をかけ、そこで彼女は振りかえって「来ないの?」と元同級生たちに言う。




「え、ええ!? や、もちろん!?」


「神宮寺なんかよりは全然マシですよ、俺たちのほうが!!」




 そう言って、同級生たちは橋元さんを追って店の外に出た。
 え、………ええ??


 ―――さらに驚いたのは、それから、ものの1分も立たないうちに。




「お待たせー」




 笑顔で橋元さんが帰ってきたということだった。




「……え? あいつらは?」


「丁重にお引き取り願いました。
 続き、食べなよ神宮寺くん?」


「え、……ええ?」


 ちらっと窓のそとを見ると、雨のなか、傘もささず逃げるように走っていく元同級生たちの姿が見えた。
 ひとりが僕と目が合うと、口パクでおもいっきり何か叫んできたけど、何を言っているか、まったくわからなかった。




(………………?????)




 あいつら…………いったいどうしたんだ?




「気にしないでいいよー? 神宮寺くん」


「いや、ええと、あの、ごめん……」


「忘れちゃえ、忘れちゃえ。嫌なものは。
 昔の知り合いなんて、他人も一緒だよ」




 そんな軽口を叩きながら橋元さんがパフェ2つめを頼んでしまったので、僕も引き続き自分のぶんのパフェを食べ、コーヒーを追加で頼んで飲む。美味しい。なんだこれ。


 そういえばあいつらのお会計、すんでたならいいんだけど、大丈夫かな、と、ちらっと、気になった。




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く