スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第22話 据え膳は食わない権利がある!

   ◇ ◇ ◇




 ところで、僕は、異性を取り合ってケンカする、なんて、マンガのなかでしか起きないことだと思っていた。


 多少険悪になったりとかはあるかもしれないけど(それぐらいなら僕の周りでも起きたけど)、ケンカなんてしたら、目の前の、自分が好きな相手からは大概ドン引きされるだろう。
 そんなこと、現実には、わざわざやったりはしないんだろうな、と。




 だけど、僕が明王寺さんから約束を取り付けられてしまった日の夜。サークルのあとはみんなで学食で夕御飯を食べるという慣習があって、今日も僕たちはそうしていたのだけど。




 とつぜん、パァンッという平手打ちの音とともに、「根性悪すぎよあんたは!!」という罵声が飛んできた。




(なんだ、なんだ?)




 みんな、ざわざわとする。
 運悪く。何かあったら真っ先に飛んできて止めてくれる、主将や三条先輩、そして僕より先に入部していた一回生の今井くんが、今日は用事があるからと先に帰っていた。
 新橋先輩がおろおろとして、水上さんが、「どうしたん?」と話しかける。
 ほかの先輩たちは顔を見合わせている。


 平手打ちした女の子は、顔を真っ赤にして、つづける。




「こいつが、こいつが、嘘ばっかり……」


「嘘じゃないし! 神宮寺くんの家に押しかける計画、あんたたててたじゃん!!」


「え? そんなこと言ったら、あんた神宮寺くんの髪の毛拾ってたよね、何に使ったんだかー」


「てっ!適当なこと言わないでよ!! いま神宮寺くんのことなんて何とも思ってないし!!!
 あんたこそどっちかというと本当は神宮寺くん派なんじゃないの!?」


「はぁ!? そんなわけないでしょ!?」




 ―――ええと?
 要約すると、数人の女の子たちが鈴鹿くんを巡って言い争いをしていて……。
 お互い、攻撃しあうのに、以前僕に対してどういう好意を持っていたか、を使っている、そういうことか。


 いや、家に押しかけるとか髪の毛拾うとか『好意』と呼ぶにはわりと身の危険を感じるんだけど。




 ―――口論でポツポツ、僕をさりげなくディスる流れ弾が飛んでくる。
 いやこれ、本人たちは本人たち同士での闘いに夢中なんだろうけど、流れ弾をくらう身としては、けっこうメンタルにくるね。


「バカばっかり」


 嘲笑する明王寺さん。


 間に入ろうとした水上さんが、止めあぐねて突き飛ばされた。女の子にしても水上さんは小柄だから。
 いかん、ここは、男の僕が、加勢をせねば。
 そう思って、席を立とうとした、そのとき。






 ため息ひとつついた鈴鹿くんが、学食のテーブルの上に置いていた、自分のペットボトルの水を手に取ると、


ぶわっ……!!


と、言い争ってる女の子たちにぶっかけた。




 ―――みんな、水をかけられた方も、周囲の人たちも、唖然として、鈴鹿くんを見つめた。


 鈴鹿くんは、学食の出口(手洗い場がある)をまっすぐ指差す。




「全員、今すぐ頭冷やしておちついてこい」




凛とした低音の美声で言う。


 鈴鹿くんの奇跡の美貌に、静かな怒りを浮かべて言われると、みんな、さっきまで怒っていたのが嘘のように引っ込んで、ビクビクとしながら、素直に手洗い場に向かったのだった。




 ・・・・・・うわぁ。すごい。




「す、すずか?
 食事の場で、水をぶっかけるのはどうかと……」


 と、新橋さんが鈴鹿くんに注意している。




 同様に、わりとサークルのみんなは引いている様子だったけど、僕は一連の鈴鹿くんの言動に思わず見惚れていた。




 おろおろと、何もできなかった僕とは大違いだ。
 ちゃんと食事にかからないよう避けて水をかけているし。
 すごい。鈴鹿くん、すごい。




「鈴鹿尋斗って、ああいうところがボク嫌いなんだよね……」


とか、知った顔で呟いている明王寺さんがいたけど、正直かけらも気にならなかった。




 ―――――だけど、ある意味、この日の本番は、ここから後だった。




 ……しばらくして、言い争ってた女の子たちが、席に戻ってくる。




 おとなしく、でもどこか互いによそよそしい様子で、席につく。
 彼女らの顔を見つめ、「水をかけてすまなかった」と謝ったあと、しばし、考えていたようすの鈴鹿くん。
 おもむろに、口を開いた。




「俺は、うまれてこの方、女に恋愛感情を抱いたことが一度もない」




 全員が、鈴鹿くんの方を見た。


 やる気がなかった明王寺さんでさえ。
 目を見開いて鈴鹿くんを見ている。




「女が恋愛対象にならないかもしれない。
 だから、さっきみたいな話は正直不毛だと思っている。
 ただ、縁があった仲間だとも思う。
 仲間として、仲良く飯を食いたいって、そう希望してはダメか?」




 彼の言葉に、誰も答えられない。


 僕の目に、熱が集まっていた。
 率直に思いを口にし、流されず、腹をくくって意思を貫く強い鈴鹿くんがうらやましくて、まぶしかった。


 対する僕は、どうだろう?


 明王寺さんから押されて断りきれないということを言い訳に、本音では、童貞を恥ずかしく思う感情とか性欲が入り込んで、恋愛感情もわからず、据え膳に流されようとしている。いやむしろ食べられようとしている?
 情けない。
 こんなんじゃ、正直、情けなすぎる。




「神宮寺クン?」


「ごめん、あのさ、明王寺さん………」




 僕が鈴鹿くんをずっと見つめていたのに気づいた明王寺さんが、恐々と僕に声をかけた。
 なにかの変化が起きたことを、敏感に察知したらしい。




「………あとで、少し、させて」




 僕は、腹を決めながら、ゆっくりと明王寺さんに言った。


   ◇ ◇ ◇



「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く