スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第21話 ズルいことすると天罰が待っている。



  ◇ ◇ ◇




「ごめんなー神宮寺くん。
 ここんとこ遅刻とか早退多くて」


「いえ、全然。
 ずっとお忙しかったんですか?」


「うん、バイトの方が、元々忙しくてー」




 ほわほわとした水上先輩の笑顔に、僕は癒される。


 梅雨のど真ん中で、奇跡的に晴れたこの日。
 僕たちのサークルは、グラウンドのひとつで走法の練習をしていたのだけど、その時間の終わりがけに水上さんがやってきてくれて、僕に声をかけてくれた。
 しっかり話せたのは、ずいぶん久しぶりだった。


 ……後ろで明王寺さんがにらんでるのは、まぁ仕方がないとしよう。




「それにしても、神宮寺くんの友達すごいなぁ」


「……えーと、鈴鹿くんのことですか?
 そうですね」




 いつ、友達ということになったのかはわからないが、鈴鹿くんは走るのがとても得意らしく、かなり本気モードで女の子たちに教えている。女の子たちも、真剣な顔で教わっている。(ただし明王寺さんはやる気がない)




「なんか、今日は真面目にみんなトレーニングやれてる気がしません?」


「あはは。
 確かにふだんは真面目ちゃうよなぁ。
 三条ちゃんがときどきキレ気味なんよね」


「あ、でも僕今日は三条さんにフォーム見てもらいました」


「そうなん?
 あの子もめっちゃ速いからねぇ」




 三条さんは、2回生の先輩。この間の新歓コンパでキレ気味に幹事をしていた女性だ。テコンドー出身で格闘技が強く、週一ペースで鈴鹿くんと組手をしている。目下、鈴鹿くんファンが一番敵視しているのは三条さんらしい。




「――――それにしても。
 今日も橋元さん来てないねぇ」


「え?あ、そう……ですね」




 言われて、僕はうなずいた。


 橋元サキさんが、最近、サークルに顔を出していない。
 運動好きそうだったし、今日みたいな日はめちゃめちゃはりきりそうなものなのに。
 思い返してみれば、鈴鹿くんが見学に来た頃と前後して、彼女はサークルに来なくなったようだ。


 いったいどうしたんだろう?




 僕がいまさらなことに思いを馳せると、そのタイミングで、もういいでしょうとばかりに僕の腕を抱え込む人物がいた。




「先輩。あんまり先輩の権力で、神宮寺クンをひとりじめしないでくださいよぉ?」


「……それはごめんな。
 けど、そっちは神宮寺くんにセクハラしすぎやで、明王寺さん。
 自分が女の子やからいいって問題ちゃうから」




 穏やかな口調で諭す水上さんに、明王寺さんははいはい、と言いながら顔を背ける。
 呆れてきびすをかえす水上さん。




「あ、水上さん…っ」




 もう少し、水上さんと話したかった僕は、その後ろ姿に手を伸ばした。
 明王寺さんは、ぐりりっ、と胸を僕の肘にこすりつけて、「時間切れだよ」とささやく。




「水上さんに気持ちがあったとしても、限られた時間のなかでできない時点で、もうキミの負け」


「…………………」


「気を揉ませた罰として、今夜、ボクのうちに来なよ?」




 今度こそは逃がさない。
 そういう口調で明王寺さんは僕を捕らえる。


 これはもう、余地を残した物言いをした僕が、悪い。
 誘われても断れないくせに。




 半ば観念しながら、僕は、


「………サークルのみんなでごはん食べたあとでもいい?」


と、問い返した。




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く