スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第16話 ラーメンの都・京都。

   ◇ ◇ ◇




「わーい、いっただきまーす!」




 カウンターに、ならんで座った僕と橋元サキさんの前には、湯気を立てているトンコツラーメンが並んでいる。




「ここ、ずっと気になってて、来てみたかったんだよねぇ~」
「食べたあとなのに、それ食べれるの?」
「大丈夫。ラーメンは別腹!」




 言い切った。
 というか、僕の方が食べきれるかわからない。早速橋元さんは箸を割って食べ始める。
 つやつやの髪を耳にかけ、大きな目を一段とキラキラ輝かせて。


 ちなみに、正確に言うと、僕の前にあるのは普通のラーメンで、橋元さんの前にあるのは、薄く綺麗に切られたチャーシューが並べられ、器のふちからはみ出した、インスタ映えしそうな、特製チャーシューメンだ。


 新歓コンパのあと。
 いま僕は、橋元さんが行きたいと言ったラーメン屋に連れられている。20席もない、こじんまりしたラーメン屋さん。
 ラーメンには別皿でゆず胡椒と、明太子と、高菜が添えられている。好きなものを入れて味の変化を楽しんで食べられるようにだとか。




「うま! 美味しいから食べなよ早く!!」
「え、あ、うん………橋元さんはトンコツが好きなの?」
「ううん、ラーメンは全部好き! 京都は激戦区だから、色んなタイプのラーメン屋さんがあって最高!」
「そうなんだ……」




 京都が激戦区だということも知らなかった僕は、若干橋元さんに気圧されながら、スープに麺をしっかり絡めて食べ始める。
 ふわっと広がる、トンコツの風味。細いけどしっかりした歯応えでほのかに小麦が香る麺と、よく合う。




「うん。確かに美味しいね」
「美味しいよね! 当たりだよ、よかったー」
「そうだね…あれ、水入れてくれた?」




 いつの間にか僕の前には、コップに水が注がれて置いてあった。
 橋元さんがしてくれたらしい。
 まったく気づいていなくて、遅ればせながらお礼を言う。
 こういうところがにぶくてダメだなぁ、僕は。




「……あ、やっぱりそうだ」
「え?」


 ラーメンを半分ほど食べたところで(美味しかったので意外と入った)、突然、橋元さんが僕の背中を指でツンツンしてきた。




「ふだん猫背なんだね」
「!?」




 しまった。気を抜いて背を丸めてしまっていた。
 僕は慌てて背筋を伸ばす。




「あーごめん、伸ばせって意味じゃなくて、ただその」




 橋元さんの指先が、やわらかく僕の肩をつついた。




「何だろう。見ていて、いつも体に力入ってて緊張してる感じだなーって、気になってただけだから」


「え、ええ!? そうなの!?」


「うん、見てたら。なんでだろーなーって気になってたから、力抜くとこうなるんだなって思ったら、ちょっと面白くてつい言っちゃったよ。ごめんね」


「あはは……いや、まぁ、姿勢をね……直してるところで」


「そっかー。
 ところで、水上さんと高校一緒なの?」


「!!??」




 突然水上さんの名前が出てきて、僕は驚いた。
 たぶん挙動不審な顔をしてしまった自信がある。




「……い、いや、違うよ? なんで?」


「え? あー……。あのー、これも神宮寺くんのことを見てて気づいただけなんだけど。
 女の子に囲まれてる時とかさ、時々、目で水上さん探してるよね?」


「……………………………………」




 うわぁ、本当に?
 見てわかるほど?
 僕はそんなに水上さんに依存してたのか……?
 自分でも顔が熱くなるのがわかった。
 そんな、恥ずかしすぎる………!!




「単に、水上さんが好きだとか?」


「え、いやいやいやいや! そんな! おそれおおい!」


「おそれおおい?」


「えーと、違う、そういうことじゃないから、全然」




 恥ずかしくなって、僕は目の前のラーメンをかきこむ。橋元さんは早々に食べ終わっている。
 しかし、いや、まさか。そんな風に思われるなんて。
 まぁ、確かに、自分は水上さんに甘えすぎてると思うけど………でも………。




「そうなのかぁ。勝手に三角関係想像して、ちょっとヒヤヒヤしちゃったよ」


「……三角関係?」


「え? だって、水上さんって新橋さんと付き合ってるって、先輩誰か言ってたよ?」


「………………………………え?」




 僕は思わず、ポカンと口を開けてしまった。
 水上さんと新橋さんが?
 って、新橋さん、ついこの前、合コン行ってたのに?
 水上さん、新橋さんのこと、仲がいい友達だって言ってたのに?


 けれど、言われてみれば、水上さんと新橋さんは仲がいい。
 普通に、女と男と考えれば、友達としても、仲がよすぎる感じがしてしまう。
 実は付き合っていた、と言われても、違和感がない。




(……………………………)




 何だろう。
 すごい、胸の辺りに何だか喪失感がある。
 自分でもよくわからないし、うまく説明がつかないけど、急に味がわからなくなった。


 どうしてだろう。
 まさか、本当に僕は、水上先輩のことを好きになってた?




 頭の整理がつかなくて、思わず黙ってしまった僕を、少し怪訝そうに見ていた橋元さんだけど、やがて、僕の顔に手を伸ばした。




「ネギついてる」




 そう言って、僕の口元についたネギを指先で摘まんで、自分の口にいれる。ネイルはしていないけれど、綺麗に整えられたつめ先と、艶やかな色の唇。
 不意に、綺麗な女性だなぁと思った。




「また、一緒に出かけようね。
 できたら下の名前で呼んでくれると嬉しいな」




 そう言って微笑む橋元さんに、僕はこくりとうなずいた。




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く