スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第7話 和顔愛語VS笑わないイケメン

   ◇ ◇ ◇




 次の日。
 ゴールデンウィーク前、最後の講義がある日のこと。
 当然。僕は大学で各講義に出て勉強していた。




 ――――和顔愛語わげんあいご和顔愛語わげんあいご和顔愛語わげんあいご…………




 自然な微笑み顔をキープしようと朝から顔を作っていたら、ほっぺたがひきつって痛い。
 顔を上げている。
 背筋を伸ばしている。
 そうすると、恐いけど、他の人が普段よりよく見える。


 ほとんどの人は僕よりも低いけど時々僕と同じぐらいの背丈の人もいる。
 ごくまれに、もっと大きい人も。
 そういえば、うちのサークルの主将も僕と同じぐらいの身長だった。
 なんだ、でかくて恐いのは、僕だけじゃないんだ。
 という、しごくレベルの低い納得をしてみたり。




 ――――昨日のサークルでは、水上さんにも新橋さんにも心配をかけた。
 体調が悪かったということで、水上さんがごまかしてくれたらしい。感謝と同時に、申し訳ない。
 次こそは、戦力に……なれるかわからないけど、とにかく、努力を。やれる努力をしよう。そう決めた。




 そんな今日、僕は自分に課題を課していた。今日は10人と話す、と。
 ひとつの講義で、3人は話しかける。
 1限、2限、3限過ごして、どうにか9人。


 といっても話した内容は、
『お、おおおはよう!?』
とか、
『こ、こここここ、座って、だい、じょうぶですか?』
とか、
『あ、ああああのっ、僕が、前に座ってて、見づらくないですかっ?』
とかだけど。




 ――――いや、噛み方キツイなぁ………




 思い返しても、ただ恥ずかしい。
 恥ずかしいって、ただ恥ずかしいだけだろうと他人事ならそう思うけど。
 いざ自分が『恥』にまみれてみると、確かにそれに命を奪われる人もいると納得できるほどの、たまらなさだ。
 誰か殺してくれって思う。




(いや、違うだろ!
 努力するって決めたんだから!)




 僕は自分を叱咤しながら、この日受ける最後の講義の教室に入った。
 入ったとたん、女の子のざわめきが教室の前の方から聞こえてきて「なんだ……?」と思う。
 教室の一番前に、たくさんの女子が集まり、だんごのようになっていた。




(……ああ、この講義も鈴鹿すずかくんが一緒なんだった)




 教室の一番前にいつも座る彼の顔を思い返しながら、僕は定位置の一番後ろの席を……選ぼうとしたけど、すでにいっぱいで、どこに座ったらいいか迷う。


 前の方に行くと、女子の囲みに近づくことになる。
 一応僕と同じクラスだけど、一言も会話をしたことがない男、だけどその名を同学年の誰もが知っている男、鈴鹿尋斗すずかひろとくん。


 女の子の合間から、かすかに横顔が見えた。


 ひときわ目が吸い込まれる漆黒の髪と、黒い瞳。


 その、見えたかすかな横顔が、男の僕の頭からもしばらく離れないぐらい、鈴鹿くんの顔は、神がかってカッコいい。背中からでさえオーラが漏れている。
 平安貴族の『垣間見』(要はのぞき犯だけど)の気持ちがわかったと思えてしまうぐらい、破壊力のあるイケメンだ。
 映画でもテレビでも雑誌でも、それどころか二次元にだって、彼よりもイケメンなひとを僕は見たことがない。たまに神の化身じゃないかと疑うほどだ。


 しかし、その鈴鹿尋斗くん。
 彼が笑っているところを、僕は見たことがない。
 何か話しているところも、あんまり見たことがない。
 それでいて、マンガみたいに女子がみんな彼に夢中になっている。
 生まれもっての美しさだけで、和顔愛語わげんあいごを遥かに凌駕してる存在。いったい努力の意味とは。


 ため息をつきながら、座れる席を探していると、始業時間が近くなったのか、女子の集団がぶわっと広がって席につき始めた。
 しまった。
 女の子たちが座っていない間に席を探そうと思ったのに。
 空いている席はあるけれど、女子の隣なんて、恐くて座れない。


『こいつこんな顔してわざわざ女の子の隣選んで座った?
 変質者か?』


とか、思われているかと思うと、恐くて怖くて座れない。


 どうしよう。
 教室の一番前から見て、大丈夫そうな席を探そうか?
 そう思い前に出て、うろうろと目で席を探した。
 ない。ない。あそこも無理。そっちもダメ。
 どうしよう、講義、立って聞く?


 途方に暮れた僕の、リュックを抱える腕を、ぎゅ、っと下から力強く掴んだ手があった。




(!?!?!???!?)




 なんだなんだ一体、と思って恐る恐る下に目を向けると、筋肉質で締まった腕がのびて、僕の手を掴んでいる。


 ついさっきまで、女の子に囲まれていた笑わないイケメンが、僕の手を掴んでいるのだと、気づくのに数秒かかった。


 一瞬呆けて。




(!??!!!???!!?!??!!!?)




 混乱のあまり硬直した。


 雲上人にも程がある神クラスのイケメンさまが、この最底辺以下の臆病者の醜男に、一体何のご用なのでございましょうか、と、頭がぐるぐるぐるぐる。




「席、空いてるぞ」


「……………へ?」


 心臓からお腹にかけて響く低い低い声。
 鈴鹿くんが、空いている方の手で、自分の隣の席を指差した。
 よく見ると、なんと、なんと、鈴鹿くんの隣は、両側とも席が空いていた。
 どうして?
 さっきまで群がってた女子たちは?




「え、えええ?
 あ、ああ、ありがとうございます…?」




 雲上人の隣などおそれおおすぎるのだけど、言われたことには従ってしまう性質の僕は、頭を下げて、素直に座った。
 にこりともしない鈴鹿くんは、軽く会釈して、もうノートを広げた。
 ちらりと見えたのは、筆圧強めのとても綺麗な字、しっかりまとめられた綺麗なノートだった。




「一番前はみんな敬遠するけどな。
 勉強するにはここが一番いい」




 ああ、なるほど。
 彼は、真面目に勉強したい人なのか。
 だからさっきのファンの女の子たちは、話しかけて嫌われないような、後ろに引いたんだな、と、僕は察した。


 それにしても、鈴鹿くんの低音、聞いててかなり心地いい。
 こんな声してたんだ、と、思いながら、僕はノートを取り出した。


 生まれもっての美しさだけ、と思ったことを、心のなかで詫びながら。




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く