スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第6話 女の子恐怖症で自滅してひとり反省会。

   ◇ ◇ ◇




 数十分後。
 サークル活動場所の、鴨川にかかる荒神橋の横の、河川敷芝生スペースにて。




「……え~と、どしたの神宮寺?」




 新橋さんに怪訝そうな顔をされたけど、のどが詰まって言葉がでてこない。


 わー、なんか女の子がたくさんきたー、かわいー、と、高揚した気分になったのは、ほんの一瞬だった。


 すぐに、『現実』を思い出した。


 僕は、女の子に笑いかけてもらえる側の人間じゃない。
 小中高、それはずっと変わらなかったじゃないか。


 ―――唇がキモい。
 ―――全体的にキモい。
 ―――キモいくせに面食い。
 ―――背が高くて恐い。


 言われた言葉の数々を忘れられない。
 動揺のあまり血の気が引いてしまったのが、自分でもわかる。
 いや、動悸がひどい。
 胃がぐるぐるする。
 吐きそうだ。


 同じ場に、女の子たちがたくさんいて、顔をあげると目があってしまう。
 この僕が、視界に入ってしまうんだ。
 それが恐くて嫌で、僕は彼女たちに背を向けて芝生の上に体育ずわり、動けないまま、新橋さんの方を、ずっと向いていた。


 どうして、自分がこんな状態になっているのかわからない。
 僕は、友達を作りたかったんじゃなかったのか?


 でも、恐い。
 心臓を悪魔にぎゅっと掴まれたように、恐くて、息苦しい。




「あ、あのね!
 ここで活動する日は、柔軟性強化の日やねん。
 芝生の上でストレッチしたりとか……」




 背を向けた方から、水上さんの声が聞こえる。
 女の子の見学者たちを応対しているのは水上さんと、主将の日比谷さんという男性、その他先輩たちだった。


 だめだ。僕ももう入部した部員だ。
 一緒に働かないと。
 だけど。


 女の子のかん高い話し声が恐い。
 女の子の笑い声が恐い。
 女の子の視線が恐い。
 恐い。
 恐い。
 恐い。




「…………神宮寺くん」




 気がついたら、後ろに水上さんが来ていた。
 息苦しいのが伝わってしまったのか、僕の背中に手を伸ばして、撫でてくれた。
 女の子は恐いけど、水上さんは恐くない。
 だけど、恥ずかしさで顔が熱くなる。




「ちょっと、荷物持って、来て」
「はい……?」
「いいから」


 よくわからなかったけど、靴を履いて水上さんに促されて、僕は河川敷から上がった。


「え、なに、水上……?」


という、新橋さんの声も無視して。なるだけ、周りの人を見ないように、僕はついていく。また猫背になっているけれど、そこはがんばれなかった。
 水上さんが僕をつれて行ったのは、荒神橋からほど近い、こじんりとしたカフェだった。


「え、あの……?」


 ぐいっ、と店に僕を押し込むと、水上さんは僕を椅子に座らせ、僕の手に1枚、千円札を握らせる。


「あんな、まず、なんでもいいから、一杯飲み?」


「え………」


「温かいものがいいかな。
 飲んで、休んどき」


「え、いや、でも、新勧が……」


「好きなだけ休んでから、来れるって思ったら来て。
 人集めてくれただけでも、もう仕事してくれてるから」


「集めて……?」


 僕が人を集めて、とはどういうこと?
 首を捻る僕に、水上さんは微笑んだ。


「大丈夫。じゃあ、私は行くな?」


 ぽん、と、僕の肩に手をおいて、水上さんは店を出ていった。
 一転、僕を静寂が包む。
 僕は手に握らされた千円札を見つめた。
 何か飲み、と言われて渡された。
 先輩のお金、悪いと思いながら、言われたことにはそのまま従ってしまう性質の僕は、カフェラテを注文する。




 ―――なんでこんなことになったんだろう。




 僕はカフェラテの表面がくるくると回るのを見ながら、さっきまでの自分の状態を振りかえっていた。


 今日来た女の子たちは、誰も僕のことを知らない。
 水上さんと新橋さん以外の、他の先輩たちともあんまりまだしゃべってない。
 いちから友達になることだって、できるはずなのに。


 窓ガラスに映る、僕の顔。
 吐き気がするほど大嫌いな僕の顔。
 でも。今までと少しだけ違う僕の顔。
 変えてくれた部分は、僕じゃなく、先輩の手がしてくれたことだ。




 …………僕は、ぐいっとカフェラテをあおった。




 なんのことはない。
 僕は目の前の人を見ておびえたんじゃない、過去の同級生たちにおびえただけだ。


 甘えるな。甘えるな、バカ。もともと最底辺だろう。
 思えば、大学のクラスでだって、講義でだって、入学してから1か月あったのに、誰ともろくに話さなかった。
 誰ひとり僕のことを知らない場所だったのに。
 文学部だから、クラスには女子も多かったのに。
 自分で自分を変えようともしないで、先輩に優しくしてもらって、おんぶに抱っこか。甘えるな。




 僕は、そんなおまえに一番吐き気がする。




 腹をぎゅっと押さえ、僕はカフェラテを飲みほした。


 サークルの場所に戻ろう。
 でも、今日はうまくできない。それはわかる。
 だから、明日から、別な努力をするんだ。
 うまくできるようになるよう、少しでもマシになるよう、一歩一歩。
 やれることはまだある。まだあるんだよ。
 絶望するのは、それをやってからだ。




   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く