スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。

真曽木トウル

第1話 この世の地獄にいらっしゃい。





 この世界には、見た目が10割ルッキズムという地獄がある。


   ◇ ◇ ◇




 僕、神宮寺じんぐうじ賢一郎けんいちろうは、物心ついた頃からその地獄の釜の底でジリジリと焼かれていた。




 小学校。
 中学校。
 高校。
 教室のなかのその地獄は、ずっと変わらなかった。






「この間、神宮寺に告られたんだけど、本当にキモくてヤバかったぁ!!」


「あいつ、あの見た目なのに、面食いだよねぇ。その上、見た目おとなしい系が好きってわかりやすすぎ」


「体大きいでしょ? 本当に恐くて、2人きりになんてなったら何されるかわからないから、友達3人ついてきてもらっちゃった」


「去年の○○さんの時は、明らかに告白だっていう呼び出し方されたから、無視していかなかったんだって。正解だよねぇ」


「同じ○組の陰キャだったらせめて、○○くんだったら良かったのにね」






 気にしなければいい、とか、見て見ぬふりをすればいい、と、人は簡単に言うけれど。
 どうしても聴こえてくるものを、どうしたら知らんぷりができるのか、それは誰も教えてくれない。


 言葉にしてしまえば、きっとくだらない。
 だけどどうしても消せない。
 自分への絶望。
 勝手に評価される憎しみ。
 誰かへの嫉妬の炎。




 どんなに勉強をがんばっても。
 どんなに苦手な体育もがんばっても。
 どんなに趣味を隠しても。
 どんなに嫌われないように努力しても。


 結局、僕よりも、容姿が良い誰かが選ばれる。




 せめて、僕がもっと小柄であれば、恐がられることはなかっただろうか。
 せめて、優しい顔立ちであれば。
 せめて、もっときれいな二重まぶたであれば。
 せめて、もう少し顎が短く丸ければ。
 せめて、鼻の肉がもっと薄ければ。
 せめて、唇がこんなに厚くなければ。
 せめて、変なところにほくろがなければ。
 せめて、髪にへんな癖がなければ。


 朝起きたら、その、どれかひとつでも直っているような、奇跡が起きてほしい。
 何度そんな不毛な願いをしただろう。




 そのくせ、僕自身が惹かれてしまう。魅力的な女の子に。
 自分が見た目で評価されて苦しんでるくせに。




 恋なんて、厄介でどうしようもなく醜い。
 消えてなくなればいいのに、消せなくて苦しい。




 自分もまた誰かを顔で、見た目で判断してしまう。
 そして、ふと、見た目で他人を選んでいる自分自身に、意識が戻った一瞬。
 妬んだ誰かへの密かな呪いが、憎んだ誰かへの言葉にしなかった非難が、すべて僕自身に返ってくる。






 ルッキズムの真の地獄はそこだと、僕は思う。






 僕、神宮寺賢一郎は、キモい。






 それは産まれてから18年間、動かしがたい事実だった。






 そう、紛れもなく。動かしがたい事実のはずのに。




   ◇ ◇ ◇




 5月のゴールデンウィーク明け。
 18歳と4か月、大学1回生。京都の某大学。
 スポーツサークルの活動中の、体育館の中。


 いまの僕の目の前には、女の子たちがたくさんいる。
 笑顔のキラキラした、かわいい女の子たちが。


 本来は僕のことなど、視界の端に入ったハエぐらいにしか思わないはずの、かわいい女の子たちが。




「神宮寺くんって、本当に背が高いよねー」
「何センチあるの?」
「文学部なんだ! 何組? 私の友達と一緒かも!」
「どこ出身? わー近いよ! 高校時代にすれ違ってたかもね!」
「ねぇねぇ、第2外国語なににした? 同じ先生だったら一緒に勉強しない?」




 悪魔に魂を売ったわけではない。
 何か、おかしな薬で洗脳したわけでもない。








 一体。
 な に が ど う し て こ う な っ た 。














   ◇ ◇ ◇

「スクールカースト最下層がイケメンに魔改造されたけど、恋愛スキルを誰かください。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く