話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す

真曽木トウル

(10)いびつな傾倒

   ◇ ◇ ◇


「うっわー……
 やっぱり、不都合な生徒はみんな転校させられてるんだ」


 私服の『せーちゃん』は、ファミレスのテーブルの上で、皆が持ち寄った情報を、ノートにまとめながら呟いた。

 テーブルの上には、それぞれの色がついたフリードリンクのコップが雑多に並んでいる。


「そだねー。びっくりしたね。この、去年からの1年生から3年生の転校の数は。こんなに転校してたんだ?」


「公立だから、退学とかはできないからかなー」


 今日は『せーちゃん』についている取り巻きは3人。いつもの子が2人、体調不良でダウンしているので来られない、という。加えて、元カレも同席している。

 元カレは、『せーちゃん』以外の少女たちの疲れた顔を見ながら、自分の報告を始めた。


「確かに転校は多いんだけど…
 それも、いじめの中心メンバーだった奴が転校してる、ってことが多い」


「そうなんだ。
 どういう理由で?」


「とりあえず、慌ただしいのが多いかも。
 住所変わってないけど転校だけしてるパターンもあった。
 どうやって親に働きかけてるのかはわからん。
 でも、何人かは、その前に何かしらで警察沙汰になったっぽい。
 身に覚えのない、傷害とかで」


「……え?」


「あと、いじめの中心だったはずが、いつのまにかハブられてた系もあった。親も、おおごとにするわけにいかなくて、すっと転校させた感じ。
 わりとそういう奴は、反省してたね」


「ハブられてた……?
 そっちも、なんか会長が関わってたのかな」


「……そうとは限らないんじゃねぇ? だって、いじめの加害者と被害者なんて、結構簡単に入れ替わるもんじゃん」


 やや、突き放したように元カレが言うのだが、『せーちゃん』は、こんな些細なことでも気にくわないらしく元カレをにらむ。


「そんなことないよ。
 いじめられる奴なんて、理由があるからいじめられるんだよ」


「きた。想像力の欠如ってやつ」


「……は?けつじょ?」


「いじめられる理由はあるかもしれねーけど、その理由なんて要はこじつけで。口実はなんでもいいんだよ。頭悪いとか、良すぎて調子のってるとか、巨乳とか貧乳とか、チビとかデカイ奴とか。
 どんな個性だって『調子のってる』ってつけたらいじめのターゲットになりうる。
 正直、いじめの中心になってた奴なんて、いついじめられる側に回ってもおかしくないと思うけどね……」


 ふん、と鼻を鳴らして、『せーちゃん』は顔を背けた。


「いいよ、一果ちゃんに聞くから!」


「は?いちか、って……」


「こないだの女の子。
 六角一果ちゃん。
 聞いたらなんでも調べてくれるんだよ!!」


「……怪しくねーか、あの女」


「はぁ?ガチ不審者のあんたに言われたくないよー。
 ねぇ?」


 『せーちゃん』が周囲の少女たちに声をかけるが、疲れた様子の少女たちは上の空だ。


「最近さぁ、なーんか周りの奴ら、みんな役に立たないしさー。調べて、って言っても、はぐらかしてばっか。今日来てない子らも、なんかメール返ってこなくなっちゃったし……」


「あら?そうなの?」


 後ろから声をかけられ、『せーちゃん』が嬉々として振り向くと、そこにいつの間にか六角一果が立っていた。


「お待たせ」

「一果ちゃん!」


 『せーちゃん』が嬉しそうな声をあげる。

 相変わらず、美しすぎる。
 不気味なほどの美少女ぶりだ。


「待ってたよ!!
 みんな飲み放題頼んでるの。
 一果ちゃんは何のむの?」


 それ以上に不気味なのは、この短期間での『せーちゃん』の傾倒ぶりだ。


「そうねー。ちょっと考えるわ。
 ここに座っていいかしら?」


 優雅に隣の席から椅子を引くと、元カレの横にするりと座ってくる。

 その場にふわりと、甘い香りが漂った。


「さっき話をちらっと聞いちゃったんだけど、お友達と連絡が取れないの?」


「あ、うん…」


「そっか……ちょっと怖いわね」


「え?」


 悠然と微笑んでいた一果の美しい顔に、ほんのわずか、わざとらしい眉のひそみが浮かぶ。


「何が?」

「彼女……生徒会長たちの手口よ。
 気に入らない集団があっても、正面から正々堂々は闘わないの。
 弱いところから攻めて、少しずつ切り崩して、『組織』を『解体』してくのよ」

「…………は?」


 わざわざ『たち』をつけた意味がわからないのだが。


「表面上はそのまま従わせておいて内心では裏切らせて、真ん中の一人を、気づかないうちにたった一人にまで削って。
 そして。ある日突然……」

「Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く