話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す

真曽木トウル

(8)少年が牙を剥くとき

   ◇ ◇ ◇


「埼玉県警の最寄りの署の夜勤の人たちに連絡が取れた。
 大人がいないということは夜中のうちに動きはないはずだから、朝一でやってくる応援を待って、彼らと接触しましょう」




 車のなかに戻り、必要な手配のためとおぼしき電話を終えた覇華は、二人にブランケットを手渡して、カーナビのスイッチを入れて検索に入る。




「この近くに、朝まで少しでも横になって休めるところがあるといいんだけど……カラオケとかなら大丈夫かな」


「今から運転する気ですか?」


「ん?だって、一般人を車のなかで寝させるわけにもいかないでしょ」


「牧ノ瀬さんも少し休んだ方がいいんじゃないでしょうか?」




 首筋にヒヤリと当たる感触に驚いたのか覇華は後ろを振り返り、シュウが差し出していた缶コーヒーに気づいたようだ。




「疲れているでしょう?」


「あ、うん、ありがとう……いつの間にコーヒーなんて」




 覇華は缶コーヒーを受け取って、前に向き直る。「頂きます」と言って飲み始めた。


 シュウは美湖にも缶コーヒーを渡し、自分でも1本、開けた。




「……噂には聞いていましたが、本当にすぐに協力を得られるんですね」


「ん?」


「牧ノ瀬さんが手柄を立てられるのは、個人のスタンドプレーじゃなく、各部署との情報共有と協力を誰よりスムーズに行えるからだと。
 それは都内だけじゃなかったんですね。
 こんな深夜に、現行犯でもないのに協力を依頼して朝に手配できるなんて人は、他にいないでしょう?」


「……んー。それは誉め言葉じゃ、ないな」


「え?」


 ごくん、とまた覇華が一口缶コーヒーを飲む音がした。


「警官だって人間だよ。
 ふつーの会社で考えてみてよ。
 みんな仕事終わって、それぞれ、明日はどういう仕事をしなきゃって、スケジューリングとか心づもりとかして帰るでしょう。


 自分が眠ってる夜中に急に事情が変わって、起きるなり上司からの指揮で駆り出されるんじゃ、キツいよ。


 そのぶんすべきだった書類仕事なんかは、深夜まで残って処理しないといけなかったりするからね」


「……なにそれ。……警官のくせに」


 美湖が呻く。「今ひどいめに遭ってる人間がいるのに……!! のんきすぎるよ!!」


 そういう言葉も言われなれているのだろう。
 軽くうなずいて、覇華は続ける。




「もちろん、警察官だっていう使命感はそれぞれにみんな持っている。
 だけど、同じ意識を、そのままみんなに当てはめられる訳じゃない。
 みんな家族もいる。人間関係もある。赤ちゃんがいたり、子供のお迎えが必要な人もいる。親の介護が必要な人もいる。
 警察官なら、その使命のために自分の人生を犠牲にしろ……なんて、誰にも言えないんだよ。本当はね」


「……………」




 美湖は返す言葉が見つからず、うつむく。覇華は続ける。




「縦割り構造や無駄な縄張り意識を何とかしたい、そう思っている人たちはたくさんいるけど。
 何とかしようと動き出せば、その少数の人たちに負担がかかる。
 私の班の部下の子たちや、私が声をかけて協力してくれる人たちは、少なくとも、色々なものを犠牲にして、……上司に睨まれたり部下に恨まれたりしながら助けてくれる。
 人を助けることができれば、……犯人をあげることができればそれでいい、ってね。
 ……助けてくれた人たちに何も返せていない若輩者の私が、誉められる理由は、何もないよ」


「だからって、非番の日にこんなところまで来ていただけるなんて」




 シュウが口を挟んだ。




「俺からすれば、ありがたいとしか言えませんが」


「まぁ、……部下には、恨まれてるね、私も」




 ふふ、と笑いながら覇華の上体がうつらうつらと揺れ始め、不意に、体がシートに沈んだ。




「な、何!?」




 動揺して腰を浮かしかけた美湖を、シュウが手で制した。




「眠ってるだけだ」




 シュウは、そう言いながら上体を、覇華のしなやかな体越しに運転席に伸ばし、運転席のキーを抜き取った。




「さ、行こうか」


「…………え?どこへ……」


「校舎だ」




 美湖の手を掴んで、ぐっと引っ張って車外に引っ張り出す。




「手配は済んでるから、1時間と少しで俺の部下の方はここに来れる。
 依頼のあった子供たちのうち該当する者がいたら、最短で交渉を終えて、俺が保護する。
 皆、依頼は警察沙汰じゃなく、直接の保護だからな」


「……シュウくん……」


「妹の顔はお前が見て連れてくるんだ。他の兄弟もいればそのまま連れていく」


「…………缶コーヒーに、何か、入れたの?」




 シュウは足を止めて振り返る。
 恐ろしいものでも見るような表情で、美湖はシュウを見つめていた。


 だが残念ながら、その顔を向けられるのには慣れている。




「それが何か問題か?」


「だって、刑事に……薬盛るなんて」


「それが俺の仕事だ。
 怖じ気づいたなら車のなかで牧ノ瀬さんと待ってればいい」




 わざと無視するように目線を外してつかつか歩き出すシュウ。
 しばしの躊躇ののち、たたっ、と、追いかけてくる美湖。




「……あたし、怖じ気づいてなんかないよ」


「ふーん」




 もはや興味無さそうに、シュウはすたすた先にいく。シュウの後ろを、パタパタと美湖は追いかける。




「美湖とシュウくんとの二人で、莉乃を助けられるか、……ちょっと不安なだけ。
 ねえ、一体、どうするの?」


「……言ったろ。交渉するって」


「交渉……そんなこと、できるの?
 攻撃してきたりとか、しないの?」


「そこは祈ってるんだな」




 シュウは先に進み、いまや校門は目の前だ。


 正面突破で行くらしい……。


 美湖は進むのを躊躇する自分の足を二度、三度平手打ちして、シュウのあとを走って追いかけた。




   ◇ ◇ ◇

「Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く