話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す

真曽木トウル

(8)生々しい少女の欲望の園

   ◇ ◇ ◇




 「…誰よ、あんた」


「あ?」




 洗濯ものを洗濯機に順次放りこんでいると、いきなり喧嘩を売ってくるような態度の女が帰ってきて、ありえるは眉をひそめた。




「…なによ」




 反射的ににらんだありえるの目に圧されたのか、たじ、と、女が引く。
 ちょっとケバい化粧、だけど、ありえると同い年ぐらいか?
 その女はこちらの手元を見ると、この世の終わりのような悲鳴をあげた。




「ああ!
 生理で汚れたもの入れてんじゃねーよ。
 ブラは手洗い!
 常識ないんじゃねーの?」


「は?
 ……だったら分けとけよ?」




 そもそも、洗濯の際になにをやるべきなのかよくわからず、『分けて洗う』という認識自体が自分になかったことに動揺しつつも、その動揺を見せないように、ありえるは引かない。


 引いたり折れたり、謝ったりしたら負ける。
 そういう感覚がありえるには染みついている。




「……何?」と、そこに、シュウが顔を出す。


「あ、シュウっっ♪」




 途端に女が、猫なで声を出してシュウに抱きついていく。
 あからさますぎて、ありえるは呆気にとられた。




「……仲良くしろとは言わないが、いじめるなよ?」


「違うー。私がいじめられてたのぉ…」


(は!?)




 ありえるの目も気にせず、女は、シュウにすりすりとじゃれる。
 ………驚くべきことに、そのあとも、帰って来た女たちは皆、シュウにすり寄る。
 はっきり言うと、色目を使っていた。




   ◇ ◇ ◇




「……お前ら、おかしいんじゃねーの?」




 数日たって、こらえかねたありえるは思わず、一人の少女に対して口に出してしまった。
 それだけ、一緒に暮らしている女たちがシュウにしなだれかかる態度は、ありえるからは目に余るものだったのだ。




「中1なんて、まだ子供じゃん。
 なのに、寄ってたかって色目なんて、なんで」




 こぼした相手は、16歳ぐらいの女。
 容姿では早那子と張り合うぐらいの美少女だったが、髪が傷みきっている。
 そんな彼女が、やれやれと肩をすくめて言い返してくる。




「あたし、シュウと4つしか離れてないし?」


「…や、あんたは、そうだとしても、それにしたって、まだ声変わりもしてない子供に」


「わかってる?
 ここのマンションの家賃とか食費とか、あと学校行ってる子の学費って、基本全部シュウが出してるんだよね?」


「……え?」


「しかも、手狭になって、最近引っ越してきたの」


「は?」


「一応、うちらみんな、さぁちゃん(早那子の呼び名)が拾ってきて、シュウが、いていいよ、って言った子たちなわけよ。
 働くか、学校いかないと、ここにいられないってルールなんだけど。
 そういうの、全部シュウが決めてんの。
 ここにいていいかどうかも。
 基本、シュウがルールだから」


「ええと……つまり、追い出されないように機嫌損ねないようにしてる…って?」


「それだけじゃないよ?」




 クスっ、と笑って少女は人差し指を唇にあてた。




「あの歳でそれだけのお金持ってるって、正体はわかんないけど相当じゃん? よっぽどのぼんぼんか、遺産でも相続したのか…」


「う、うん……」




 何だか、話が不穏な方向に進んでいる。
 ここから先も、聞いていいのだろうか?




「うちは違うけどさ。
 たとえば、どうにかしてシュウとヤっちゃって、さぁちゃんのポジション狙ってる子だっているんじゃない?」


「早那子の?」




 恩人である早那子のポジションを狙う?
 いやいや、というか、早那子はシュウとヤッてるのか?
 たった12歳の子供と?
 そんな様子はまるで見受けられないが…。


 そもそも、あんなに天使みたいな早那子が、セックスしているところなんて想像できない。ありえるは首を振った。


 しかし、少女はおかまいなしに続ける。




「シュウって、さぁちゃんに激甘でしょ。
 普通、犬や猫ならともかく、可哀想だからつって人間拾ってきて何人も飼うなんて、親でもいないでしょ。
 その立場になれば、つまり、うちらを追い出して、そのぶんの金でなんでも買ってもらえるじゃん?」


「何それ。
 早那子も追い出すってこと!?」




 ありえるは青ざめた。
 早那子はほぼ全員にとって恩人のはずなのに、そんなことを考えている奴がいる、のか?




「いやいやいや。可能性の話、可能性の話。
 それに~。
 まぁ、もしかしたらー狙ってる子いるかもーぐらいだけど、……シュウの子供妊娠しちゃえば?」


「………!!」


「12歳なら孕ませられるでしょ?
 結婚は出来ないにしても、シュウのうちとかから結構な手切れ金とかいただけるパターンじゃない?」




 金のために、12歳の子供とヤって妊娠するだって?
 頭がおかしくなりそうだ。


 こともなげに少女があげ続ける可能性がただ恐ろしくて、ありえるは放心した。




   ◇ ◇ ◇

「Crazy Prince ハーレムの王子は鉄槌を下す」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く