話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ国王の魔剣幻想譚~虐げられた少年領主は戦場では史上最強の将軍だった…が、この度、王になりました~

真曽木トウル

【第7話 悪魔に魅入られた地 シーミア】(9)

(9)敵陣


   ◇ ◇ ◇



「…………おおお!!
 あの、憎き魔女、ベルセルカ・アースガルズをこうして捕まえてきてくださるとは………!!」



 砦に戻ってきた青髪の少女の足元に、シーミア反乱軍の者たちがひざまずく。
 彼女の馬の背には、気を失った赤髪の甲冑かっちゅうの乙女が乗っていた。


「まさしく、あなた様は神のつかいに違いございません!」

「この、娘の皮をかぶった鬼畜を、いつか殺してやりたいと、殺してもあきたらぬと思っておりました……!」

「ありがとうございます!!
 ありがとうございます!!」


『… … 喜 ぶ の は ま だ 早 い … …』


 青髪の少女は口を開いた。
 彼女の口からこぼれたのは、見た目に全く似つかわしくない、まるで牛が鳴くような恐ろしく低い声だった。

 ひょい、とベルセルカの身体に彼女は触る。
 じゅうっ!と音がして彼女の手が焼け焦げる。


『こ の と お り 、 こ の 女 騎 士 の 身 体 に は “ 純 潔 の 加 護 ” が か か っ て い る』


「加護……ですと!?」
「悪魔め!! なぜそのような!?」


 実は自分たちが従っている存在が悪魔であることや、自分たち自身も身体の端々に黒い毛皮が生え、半悪魔化していることに、彼らは気づいていない。

 青髪少女の手は、じゅうううと、煙をしばらく吐いてから元どおりになった。

 これがあるから、ベルセルカをのせた馬には一緒に乗り続けることができず、転移に転移を重ねて砦まで帰ってきたのだ。


『触 っ て 動 か す こ と は で き ぬ。
 祭 壇 に 転 移 す る 。
 支 度 を せ よ』


「ははっ!!!」


   ◇ ◇ ◇


「――――――調子はどう?」


 頭の上から声をかけられ、青髪の少女は顔をあげた。

 砦を囲む壁の上。
 銀髪の妖艶な美貌の男が座っていた。


「――――ユ リ ウ ス か 。
 何 を し に 来 た ?」

「うーん、ともだちの様子を見に?」

「人 間 風 情 が 。
 き さ ま と 友 に な っ た 覚 え は な い」

「そうだね、キミとはね」


 ということは、誰を指して友達と呼んでいるのか?
 ユリウス王子に対して、青髪の少女は敵意丸出しの目を向けている。
 仲間なのか、敵なのか。


「そ う か 。 こ の 身 体 の 調 子 を 聞 き た い の か?」


 そう言って青髪の少女は、見せつけるように自らの胸を揉む。


「我 ら に 負 け ぬ 身 体 だ。
 良 い 素 材 を ひ ろ っ た わ」


 その右腕は良く見ると妙に長く、大きい。
 左腕と釣り合っていない。
 ……身体のなかで、まるでそこだけが、かつて別の人間に生えていたような違和感があった。


「まだ、その身体、人格あるんでしょう?
 趣味が悪いね」


 珍しく苦言を呈すようなその言い方に、とっとと帰れと追い払う仕草をする少女。
 いや、少女ではない。
 少女の身体に入り込んでいるのは、これもまた悪魔だった。


「ああ、そうだ。忘れてた。
 助言があったんだ、ひとつ」

「い ら ぬ わ、 そ の よ う な も の」

「そ? じゃあ、いいか」


 そう言ったユリウスは、あっさりと姿を消した。
 ふん、と、少女は鼻をならす。


 そこへ、反乱軍の者がやってきて、祭壇の支度ができたと、少女に対し告げた。



    ◇ ◇ ◇



 広い地下室だった。
 暗い中に、何本かのろうそくだけが頼り。

 小さな祭壇があり、そこにいま、気を失ったベルセルカが仰向けに寝かされている。
 先ほどの馬の背から、直接ここに、〈転移〉させられたのだ。


 殺せ、殺せと声をあげては、たしなめられてやめる者。
 じっと、その横顔をにらみつける者。
 呪いの言葉を唱え続ける者。


 3年前の恨みはまだ真新しく、ベルセルカに突きつけられていた。



「……殺すのはかまわないが、人質として国王との交渉にはつかえねえか?
 何せ、いまも常に戦場につれていくほどの寵愛ぶりなんだろう?」

「いや――――この娘、処女だ」


 悪魔化し、ずいぶんと不気味な大きな目をした男が、何かの異能力に開眼したのか、その目をギョロつかせながら言った。


「それは驚いた。
 しかし、それなら、ちょうど良かろう。
 我らの、正しき神への捧げ物として」

「なんだと、この女を!?」

「嫌だね、一刻も早く、殺してやりたい!」

「いや待て、あっさり殺してはダメだ。
 一番苦しむ殺し方をしてやらなければ……!!」

「死後も長く、はずかしめてやらねば!!」



 意見が割れる。
 青髪の少女のなかに入った悪魔としてはいずれでも良い。処女か否かも、正直どうでも良かった。
 ただ、新しい素材として身体まるごとひとつ手に入れば良い。


 ならば、と、青髪の少女は手をすうっとあげる。

「〈転移〉」


 ベルセルカの身体を覆う甲冑が消える……いや、転移させられ剥がれる。
 続いて鎧下を、転移魔法で剥いだ。

 長く苦しめて殺しながらも、身体は大きな損傷がない、そのような殺し方を模索しなければならない。


 汗の染みた薄いシャツとズボン。
 うっすら、呼吸で上下する胸。

 しかし、悪魔は“純潔の加護”の情報をいくらか持っていた。“純潔の加護”をもつ女の胴体と太ももに触れると、身体が焼け焦げてしまう。そしてその身体を見ると、目を潰されてしまう。
 つまり、ここからこのままベルセルカの服をさらに脱がしては、加護の力で目を潰されてしまうのだ。



「この、邪魔な加護は、解いてしまうが良いな。
 ――――〈強制解除コアクトゥス・リリース〉」



    ◇ ◇ ◇

「嫌われ国王の魔剣幻想譚~虐げられた少年領主は戦場では史上最強の将軍だった…が、この度、王になりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く