話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

嫌われ国王の魔剣幻想譚~虐げられた少年領主は戦場では史上最強の将軍だった…が、この度、王になりました~

真曽木トウル

【第2話 北東の牧畜地帯タウルス】(6)

(6)かくなるうえは、陛下の首を



 ベルセルカの頭をつかんだ、と思った、その骨だらけの大きな手は一瞬で断じられて、床に落ちてばらばらと砕けて消えた。


「レイナートさま!?」

「妙な魔法だな」

「すみませんありがとうございます!」


 突然転移してベルセルカの前に現れた主君が、その剣で骸骨の腕を両断したのだ。

 そのままレイナートが横に剣を一閃。
 骸骨の首がねられた。
 ベルセルカの倍も速い太刀筋で、魔力を剣から注ぎ込みながら斬った。

 なるほど、実体のない体を魔力で強制的に物質化させて切り裂いたのか、とようやくベルセルカは悟った。


「魔法? この餓者髑髏ガシャ・スケルトンを魔法だと?」


 フン、と鼻で笑ったアステリオスは、新たに現れた男にも動じていない。
 首だけになった骸骨が、ガバリと口を開け、レイナートを食いちぎろうと迫る。
 レイナートは左にベルセルカは右に、避ける。

 壁を蹴って跳んだレイナートは、自分を追ってこちらに顔を向けた骸骨に向けて、今度は真正面からタテに剣を振り下ろした。

 脳天唐竹割のうてんからたけわりにぶった切られた巨大頭蓋骨は、砂嵐のようにぐしゃぐしゃに砕けて、消えた。
 血のりもまったくついていない剣だが、そこにまとわせた魔力を振るって飛ばし、さやに剣をおさめながらレイナートが言う。


「『召喚魔法』だろう?」

「…………!」

「悪魔やモンスターと取引をした者が使うと聞いている。
 普通は複雑な魔法陣を描き、いけにえを捧げ、詠唱のもとに呼び出すものだが、短い詠唱程度で呼び出すとは。
 その杖、魔道具か?
 それに貴女あなたも、かなりの魔力の持ち主だ」


 レイナートの言葉に返さず、アステリオスは目の前の黒髪の若者の姿を、じっと見る。
 白金の鎧プラチナメイルを着ているので、首筋の烙印は隠れている。
 しかし、彼の体のある一点に、アステリオスは目を見開く。


「紫。禁色きんじきの瞳―――――。
 これはこれは国王陛下。
 このような辺境の粗末な家にご訪問いただき、おそれおおくも光栄至極に存じますわ」


 そして急に、しゃべりかたが変わった。
 しかし、露骨に媚びているわけではない。


「………俺の即位を知っているのか?」
「もちろんにございます、陛下」


 一転。優雅なしぐさでお辞儀をするアステリオス。
 しかし、その眼の敵意は消えていない。
 むしろ先ほど以上に……


「タウルスの民の訴えで、屋敷を調査に来た。
 借金返済をたてに不当な要求があると」

「あら、こんな狭い屋敷をお調べに? なにか出てきますかしら?」


 先ほどアステリオスは、明らかにベルセルカの命を奪いにきた。
 だがそれは反射的なものだっただろう。
 しかし、レイナートが現れてからのアステリオスの目には、なぜか明確な“憎悪”が見える。
 不安になり、思わず主君の前に出ようとするベルセルカを、レイナートは目で制止してきた。


「書斎の書類を確認させてもらった。
 貴女が借金を買い取ったタウルス領の小規模牧畜農家115家。
 今日までにそのうち23家、245頭の牛を借金のかたと称して奪った。
 さらに、牛を奪われたら生活維持ができなくなるもとの持ち主の一家を、飼育のためにほぼ食料のみの報酬で雇用。実質的な奴隷として」


 あ、人だけじゃなく牛だけじゃなく、両方を自分のモノにするのが目的だったのか、とベルセルカは内心納得した。


「ええ、そうですわね?
 でも、借金の利息の明確な上限は我が国では決められておりませんし、タウルス法では、奴隷の個人所有は合法でございましょう?
 国法にもタウルス法にも反していない以上、わたくしに何かおっしゃるのは、国王陛下と言えど、無理筋でございますわね?」

「利息の上限金額の項目はないが、
『利息の額は、借り手貸し手の合意のもと定める』
とレグヌム金融法第1条にある。
 同じく第2条『領主の許可なく、借金の譲渡をしてはならない』、
 第3条は、『領主の許可なく、借金の回収に暴行脅迫の手段を用いてはならない』」


 アステリオスは眉をひそめた。
 レイナートが、国法全文丸暗記しているとは思っていなかったらしい。


「あら……それは不勉強にして存じ上げませんでしたわ」

「知らずに金貸しをしていたと?」

「何せ、田舎ものゆえ。金に目がくらみ、知らぬうちに、法を犯してしまっていたのでございますね。では領主様にご相談申し上げて、そのご判断とご命令に従いますわ。国王陛下」


 殊勝な表情をつくり、深々と頭を下げてみせるアステリオス。しかし。


「そうか。ならば俺も立ち会う。
 領主代行の管理不足に指導不行き届き、過失を追求せねばならん」


 レイナートが続けて言った言葉に、一転、彼女は、悪鬼のような形相でにらむ。


「どうした? 領主代行のことは貴女には関係ないだろう?」

「……しらじらしい」


 舌打ちをしたアステリオス。


「―――――野郎ども、くせ者だ、今すぐ広間に下りてきな!!!!」


 ドレスをひるがえし、彼女は天井に向けて大声で怒鳴った。
 間もなく、新たな子分たちが……筋骨隆々の荒くれ者たちが、四方八方から姿を現してきた。様々な刃を抜いた、その数、数十人。

 アステリオスが杖を振る。

 出現した小さな刃が走り、レイナートの鎧の首の防御を切り裂いた。
 首筋にわずかに血がにじみ、烙印があらわにされる。
 その烙印を、アステリオスが指さした。


「奴隷の分際で、おそれおおくも国王陛下の名をかたれ者だよ。
 斬れ……斬り捨てちまえ!!!」


   ◇ ◇ ◇


「ベルセルカ、大丈夫かしら……レイナートもいるのかしら?」


 迷宮のような屋敷の中で右往左往していたカルネは、なぜか突然、気が付いたら屋敷の外にいた。

 はじめは、何が自分の身に起きたのかわからず、おたおたした。
 だが、見覚えのある馬たちが屋敷の外で待っているのをみつけたので、彼らのそばで待つことにした。大きくて強そうで頼れそうで、横にいると安心感がある。
 猫のナルキッソスはいないけど。

 屋敷のまわりには高い塀があって、その塀は(周りに住んでいる人は困るんじゃないかしら……)というぐらいずっと続いている。


「本当に大きいお屋敷……。
 どれだけ人がいるのか……。
 本当に、大丈夫なのかしら―――」


 そう、おろおろと待つカルネだったが。

 いきなり、耳の奥が破裂しそうな音にカルネは襲われ、一瞬遅れて、塀の中から煙が立ち上る。


(―――中で、いったい何が起きてるの!?)


   ◇ ◇ ◇

「嫌われ国王の魔剣幻想譚~虐げられた少年領主は戦場では史上最強の将軍だった…が、この度、王になりました~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く