話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~

ゆきづき花

13. 夢心地_1


「榊のお膳立てっていうのが癪だが、まあ、いいか。とりあえず、その服じゃ色気ないな」
そう言って、先生は顎に手をあてて私をじっと見つめる。

「すみません、着古した安物で……」
私が着ているのは、量販店の黒いスーツ。一方の先生は、今日も仕立ての良い高そうなスーツ。先程背もたれに掛ける時ちらりと見えたジャケットの裏地には、ブルーに鮮やかな白い花が描かれていた。多分、今日はポール・スミス。今更ながら貧相な自分が、先生の隣にいるのが恥ずかしくなる。

「よし、銀座に行くぞ」
「え?」

突然そう宣言して、桐木先生は立ち上がった。


 百貨店で桐木先生が選んだのは、ドレスワンピース。
黒に細い線のストライプ。シンプルなデザインだがシルエットがとても魅力的だった。

「こんなの着たことないです」
「じゃあ着て見せろ」
「えええ、もう少しおとなしい感じがいいです」
「君のセンスは地味なんだよ」
「先生が派手なんです!地味顔の私は服も地味でいいんです!」

すっぴん知ってるくせに……と呟くと桐木先生が真顔で言った。

「化粧してない方が綺麗だった」
「はあ?本気ですか?爆笑したくせに?」
「本気で言ってる。綺麗だった」

ちょっと待って、このやり取り、まるで一夜を共にした男女じゃないか。
店員さんの生暖かい視線が気になって、ひったくるようにドレスを受け取って試着室に逃げ込んだ。

心臓が早鐘のようになる。

 化粧してない方が綺麗?
 そんなの言われた事ない。
 信じられない。
ドキドキしながら着替えると、自分でもびっくりするくらい体のラインがきれいに見えた。

「お客様は美人で背が高くていらっしゃるので良くお似合いですね」
「ほらみろ」

店員さんのお世辞に、何故か桐木先生が得意気な顔で腕組みして頷いている。

 桐木先生は、値段も聞かずに買おうとしているが、このブランドの価格帯を考えると、ワンピースだけでも20万円くらいするはず。

先生の腕をぐいぐい引っ張って、耳元で小さな声で囁いた。

「あまりに過分な贈り物は、お返しが出来ません」
「じゃあ後で脱げ」
「へ?」
「これと、この靴も。包まなくていい。このまま着ていく」
「え、ちょ、ちょっとまってください!!」

 桐木先生は私の抗議が聞こえないふりをして会計を済ませている。ああ、予想通りブラックカードでした。これはマイ・フェア・レディごっこに違いない。



「星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く