話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~

ゆきづき花

10. 案件終了_1


 その日は、事務所に入ってすぐの面談ブースではなく、桐木先生のデスクに案内された。机の上は綺麗に整理され、棚のファイルも几帳面に整頓されている。広い部屋で、応接用のローテーブルと椅子もある。榊さんの机もあったが、ここまで案内してくれた榊さんはいつものように明るく笑って、何故か席を外した。
 挨拶するとソファに座るように促され、 桐木先生から通帳を渡された。中を開くときちんと慰謝料が振り込まれていた。しばらく無言でその数字の羅列を眺めていた。虚しさしか感じない。
 終わりか。
 あっさりと終わった。
 泣いて喚いて……疲れたなぁ……。

 コーヒーの芳香に気づいて通帳を膝に置くと、桐木先生が湯気の昇るカップを二つ持って傍に立っていた。

「お疲れ様」

桐木先生の低い声はとても落ち着く。コーヒーが冷めるのを待って、一口飲んだ。その間、ずっと先生は黙ったままだった。
私が口を開くのを待ってくれている。
そうだ、初めて会った時からそうだった。この人は黙って待ってくれていた。泣いていても、泣いてなくても。 

「ありがとうございました。桐木先生がいなかったら、私は多分、相手のいいように振り回されて泣き寝入りでした」
私は桐木先生に心から御礼を言った。

「君が頑張ったからだ。俺はほんの少し手助けしただけ。それに十分報酬も得られるし」

そう言って桐木先生は請求書を差し出した。成功報酬は慰謝料の20%にしたから120万円。それに日当や交通費などの諸経費と―――。

「先生、請求書に着手金が入ってません」
私がそう言うと、桐木先生は首をかしげて言った。
「着手金はいらないと言ったはずだが」
「後払いの意味かと思ってました」
「いいよ。おつりがくるって言っただろう?」

そうだった。号泣してぐちゃぐちゃの素顔を見て大爆笑されたんだった。

「案件終了だな」
そう言って、先生が右手を差し出す。私は躊躇うことなく握り返した。

「本当にお世話になりました」
「ああ。林原……じゃなくて」
上松うえまつです。上松梓です」
私は旧姓を告げた。

「……梓、さん」
桐木先生は私を名前で呼び、握手したその手をなかなか離さなかった。
「先生?」
 桐木先生が真っ直ぐに見つめてくるので、私の心臓が早くなる。少し笑って先生が言った。

「最後に食事に行かないか?」

 最後……。
 当たり前のはずのその言葉に打ちのめされそうになる。
 そう、もう会うことはない。

 「打ち上げですねー!行きましょう!」

 私は、わざとらしいくらいに明るく言った。



「星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く