話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~

ゆきづき花

02. 初回の相談


 「奥」とは個室のことだった。
 カードキー式の鍵を開けて入ったそこは、黒を基調にした上品な部屋で、ライトは明るめ。二人掛けの革張りのソファが向かい合わせに置いてあり、少し高めのテーブルには赤いクロスが敷いてある。窓はないが、壁には立派な額に入った風景画が飾られていた。絵画の反対側は書棚で、黒いガラスなので中身はわからないが、分厚い本が並んでいる。

 「こんな部屋があるなんて知らなかった……」

 私は、ぼんやりしたまま入口に立っていた。その人は慣れた様子でさっさとソファに腰をおろす。

「さっきの奴ら、何度か同じような場面を見てたんだ。目に余ったもので」
「はあ……」

何度か見ていたということは、この人もこの店の常連なのか。でも会った記憶はなかった。こんな目立つ人、覚えてないわけない。もしかしたら、いつもこの個室を使ってるのだろうか。

「……余計な事だったかな?」
「いえ、とんでもないです。しつこくて困ってたので。ありがとうございました」
あわてて頭を下げて御礼を言う。

 そのとき誰かが扉をノックした。彼が「どうぞ」と声をかけるとマスターが入室してきた。ウィスキーのロックと、カクテルグラスの載ったトレイを手にしている。
いつもフロアにいる女性の店員さんが、おしぼりと、ナッツの入った皿を持ってきて丁寧にテーブルに置き、すぐに出ていった。

「タイミングが良かったから、先生にお任せしちゃってすみません」
「もう出禁にしたら?」
「そうします。ではごゆっくり」

 短い会話の後、マスターが退室すると、彼は私に「座らないの?」と問いかけた。
立っている理由もないし、とりあえず作り直してもらったカクテルを飲まないのも失礼だと思い、向かいのソファに座った。

 (先生?先生ってアレ?時代劇の「先生!お願いします!」の用心棒的なアレ?なんか高そうなスーツ着てるし……靴ピカピカだし、やっぱりヤ……の人だな……内臓売り飛ばされたらどうしよう……)

 眉が太めで、派手な顔は私の好みじゃないけど、とても綺麗に整ってる。ウィスキーグラスを持つ指が長くて美しかった。
 私は何故かその人から目を離せないまま、カクテルグラスに口をつける。

 あんまり見ていたので、その人が笑い出した。
 「君が何を考えてるか、だいたい想像つくよ」
 笑うと可愛いので少しびっくりした。

 彼はグラスをテーブルに置くと、ジャケットの内ポケットから黒革の名刺入れを出した。そこから一枚取り出して、私の方へむけて滑らすように差し出してくる。

 名刺には
 ――『鳥居坂法律事務所』『弁護士 桐木敬也きりきたかや』――
 と書いてあった。

「……きりき、さん、この名刺は本物?まさか、そのスーツはトム・フォード?」
「いや、ブリオーニだ」

 イタリアのブリオーニ?トム・フォードよりお高いじゃないの。間違いない。極道だわ。

「トム・フォードは細身で俺には似合わないんだ。それとひとつめの質問に答えると、この名刺は本物。資格の無い者が弁護士を騙ると、法に触れるって知ってる?」
そう言って彼はまた面白そうに笑った。

「え、すみません……てっきりその筋の方かと」
「仕方ない。こんな成りだから、たいてい初対面の人にはヤクザだと思われるし、面倒な時は否定しない。勘違いされてた方が便利な時もある。さっきみたいにね」

 かなり失礼な事を言ったのに、彼は笑って受け流してくれた。
「それでマスターに先生って呼ばれてたんですね」
すっかり気が緩んで、私はソファに背を預けた。

「じゃあ桐木先生、相談料払うんで、お話聞いてくれます?」
「うちの事務所は、初回の相談料は無料。ただし30分。俺では役に立てない、と思ったら10分で打ち切る。それでよければ」
「わかりました。では、お願いします。私はさっきまで夫を待ってたんです……」

 そうして身の上話を聞いてもらう事になった。


「星乙女の天秤~夫に浮気されたので調停を申し立てた人妻が幸せになるお話~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く