話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

隣の席の山中くんは男の娘!?

マッチ棒

第4話

隣の席の山中から、意味不明なら告白をされた日の午後。

俺は、告白の意味が本当にあっているのかを調べるため、科学の時間ずっと山中のことを見ていた。

「いいですか?中学校でも習った通り、重力があると言うのを定義したのはニュートンです。これは、知っていて当然のとこなんですよ。」

と、科学担当の前田が言う。

それから、授業は進み隣同士で実際に重力について考えると言う事になった。

「なぁ。山中、起きてくれ。隣同士で話し合いをするから。…おいったら」

俺は、小声で山中にそう言う。

しかし、山中は起きない。と、言うより俺の言葉がわかっていて無視している様子だ。

そこへ前田が「じゃあ、5分ほど話し合ってください」と。

……えーと。これ、やばいんじゃね?

前田にバレないようにもう一度山中を起こす。

しかし、結果は同じだ。

ふと、周りを見てみると皆、隣同士で真面目に話し合っている。

そして、前田はそんなクラスの様子を黒板前でニコニコと見ていた。

しばらくして、「じゃあ、話し合いはここまでです。」と前田が言うとちょうどチャイムが鳴る。

終了の号令をして授業は終わった。

結局、今回の授業でも山中のことは気づかれなかった。

……一体全体どうなってるんだ?


***

「ね。だから言ったでしょ。僕が寝てても誰も気づかないんだって。」

「そ、それはそうだけど…」

「僕らが出会ったのも何かの縁ってことで、これからもよろしくね。」

「…よろしくって言われても。」

「じゃあ、さ。とりあえず、アドレス交換しよ?」

山中は、まるで少女の如く言う。

「……え?なんの?」

「やだなぁ〜もう。アドレスって言ったらRINE以外ないでしょ。」

「そ、そっか…ははは」

すると、山中は自分のポケットからスマホを取り出し画面を見せてきた。

「これ、僕のアドレス。」

「あ、あぁ。」

それから互いにアドレスを交換する。


「じゃあ、改めてよろしくね。咲良井くん。」

そう言った山中は、少し女の子のように見えた。








つづく

「隣の席の山中くんは男の娘!?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く