話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者召喚に巻き込まれたおっさんはウォッシュの魔法(必須:ウィッシュのポーズ)しか使えません。~大川大地と女子高校生と行く気ままな放浪生活~

北きつね

第十三話 おっさん会話をする


 まーさんは、内扉がノックされる音で目を覚ました。

(誰だ?あぁそうか、カリンしか居ないな)

「いいよ。こちらには鍵はかけていない」

「まーさん。入って大丈夫?」

「あぁ」

 鍵が開けられる音がする。
 内扉には両方に鍵が付けられている。カリンは自分の部屋に付けられていた鍵を開けて、扉を開けた。

「本当だ。まーさん。不用心だよ?」

「ん?カリンは、俺を襲うのか?」

「え?あっ!」

 カリンは、自分が開けた扉が内扉だと気がついた。自分が開けなければ、誰も開けないのだ。

「いいよ。それで、こんな時間に訪ねてきたのには理由があるよな?寝られないから、”子守唄を謳って欲しい”と言われても、無理だからな」

「・・・。まーさん?」

 カリンが、少しだけ怒った雰囲気を出した。まーさんがふざけていると感じたからだ。

「座ったら?俺の家じゃないけど、お茶くらいなら出せるよ」

「あっ・・・。はい」

 カリンは、まーさんの意図がわかって、まーさんの正面に腰を降ろした。まーさんは、お茶を用意するフリをして、カリンの開けた扉に足を進める。ドアを開けて、中を覗くが、まーさんが考えていた内容にはなっていなかった。
 カリンの部屋で物音がしたようなきがしたので、誰かが忍び込んだのかと考えたのだ。

「まーさん」

「大丈夫だった。それで、本当に、寝られなかっただけ?」

「・・・。まーさん。聞きたいにことがあるのですが?」

「ん?なに?」

「名前を名乗らなかったけど、辺境伯の関係者さんが帰り際に言っていた、”賢者”と”聖女”のことだけど・・・」

「説明した方がいい?気持ちがいい話にはならないよ?」

「はい。お願いします」

 まーさんは、昼間に語った話を説明した。

「・・・」

「酷いと思うか?」

 カリンが何も喋らないのを、まーさんは、自分が誘導した行為が”酷い”と感じたからだと考えて、問いかけた。

「あっ。違います。まーさん。彼らから”聖者”と”賢者”が産まれると思いますか?」

「どうだろうね。でも、なんと言ったか、”勇者(笑)”の一人でスキルに”聖剣”とか出ていた奴が居たよね?」

剣崎けんざきくん?」

「あぁそうそう」

 適当に返事をするまーさんをカリンが睨む。

「まーさん。本当に、おぼえていました?」

「いや、おっさんだから、必要がない事柄を覚えておけないのですよ」

「はぁ・・・。まぁいいです。それで、剣崎けんざきくんがどうしました?」

「”彼が”ということは無いけど、”彼らの中”の優劣が周りに、わかりやすい方がいいだろう?そうしたら、”こっち」カリン”に構っていられなくなると思うよ」

「え?」

「だって、今まで、カリンを下に見てきた連中だよ?自分が下になるのは我慢なんてしないよね?」

「あっ・・・。はい」

「彼らは、今まで、親の権力とか、親の金とか、自分で得たものではない、事柄で優劣を競っていたのでしょ?」

「そうですね。誰かを下にしないと・・・。でも・・・」

 カリンは、自分がいつも彼らにいじめられていた事実を思い出した。
 この世界でも同じだと思ってしまっているのだ。

「カリン。いいか、君は、彼らとの決別を考えている。間違いではないよな?」

「はい」

 今までの声色と違って、諭すような優しい声色に、カリンはまーさんを見た。
 カリンから見るとまーさんは、今まで自分が抱いていた”大人”とは違っている。何か、大きな”傷”を持っているようにさえ感じてしまう。最初、神田小川町で見かけたときには、怖かった。殺されるのではないかと本気で思った。猫=大川大地さんを彼らが虐め始めて、自分も同類だと思われたと考えた。言い訳を考えている最中に、召喚された。恐怖で、まーさんの着ていた物の裾を握ってしまった。
 カリンは、召喚されてよかったと思っている。まーさんの話を聞いて、この人はどんな世界で何をやって来たのか不思議に思った。そして、興味が湧いた。

「カリンが、彼らから離れたら、彼らはどうすると思う?」

「え?」

「彼らの中で優劣を決めて、一人を虐めだすと俺は思っているよ」

「あっ・・・。はい」

「その時に、縋る権威が無いと、彼らはまた、カリンに依存するかもしれない」

「私に依存?」

「あぁ彼らは、カリンに依存している」

「??」

 カリンは、わからないという表情をした。
 実際に、解っていない。彼らが”自分に依存している?”と言われても、ピンとこない。

「彼らは、カリンを無視するという選択肢があるよな?」

「え?あっそうですね」

「それを選ばないで、自分たちの下にカリンを置きたがっている」

「・・・。はい。実際に、彼らの方が・・・」

「カリン。それは、違う。彼ら自身が何かをしたわけではない。親から借りている物だ。それに、彼らはそうやって自己を形成しないと、耐えられない弱い人間だ」

「弱い?」

「そうだ。だから、彼らは、カリンを虐めた」

「でも、私が弱いから・・・」

「違う。彼らが弱かったから、彼らは、カリンに依存した。ロッセルが言っていた話を思い出さないか?」

「え?」

「俺とカリンが、召喚された場所から移動してから、彼らは、俺やカリンのスキルやジョブを馬鹿にしたと、言っていたよな?」

「はい」

「彼らは、そうやって誰かを自分よりも下にしていないと、自己を形成出来ない”おこちゃま”で弱い人間だよ。それに、もう彼らが”持っていると錯覚している”権力や財力は通用しないよ」

「そうですね」

 カリンは、自分でモヤモヤしているのは認識しているけど、”何か”がわからない。まーさんの話を聞いて”何か”を考えようとしたが、答えまで辿り着けそうにない。でも、まーさんが言っている”彼らは弱い人間”は納得出来る話だと思った。

「そうだ!ちょうどよかった!」

「え?」

「ステータスカードを使ってみないか?」

「ん?」

 まーさんが、立ち上がって着ていた作務衣のポケットから取り出したカードを持ってきた。

「まーさん。それは?」

「ステータスカード」

「それは、見ればわかるけど・・・。なんで、3枚あるの?」

「うん。大川大地さん改め、バステトさんの分も用意させた」

「あ・・・」

「実際に、偽装や隠蔽がうまく出来ているか、ロッセルやイーリスや辺境伯の関係者の前では、試すには情報が不確かすぎた」

「そうですね」

 まーさんは、寝ていたバステトを呼んだ。呼ばれたのが解ったのか、ベッドで丸くなっていたのに起き出して、カリンの膝の上に飛び乗った。

”にゃぁ”

「うん。バステトさん。カードに触れて、魔力を流してください」

”にゃ!”

 バステトがまーさんに言われたとおりに、カードに肉球を置いて魔力を流す。
 カードに、バステトの偽装と隠蔽されたステータスが表示される。カードの裏には、二つの紋章が表示されている。

 まーさんは、紋章が”辺境伯”の物だと理解したが、その隣に枠だけだが表示されている場所がある。

「バステトさん。この紋章らしき物が何かわかりますか?」

「まーさん。バステトさんは”猫”ですよね?」

「そうですが、なんとなく、知っていそうだと思いませんか?」

 まーさんの言い方を聞いて納得しかけたカリンだったが、頭を振って”そんなはずはない”と思い直した。

”にゃ!”

「どうしました?」

 バステトが、紋章を肉球で叩く。

「そうです。その部分がわからないのです」

”にゃにゃぁ!”

 今度は、カードを持ち上げようとする。

「裏返せばいいのですか?」

”にゃ!”

 バステトが、まーさんの問いかけを肯定するように鳴き声を出す。
 カリンは、二人?のやり取りを微妙な表情で見ている。

(本当に、会話が成立している?)

 バステトは、ステータスが表示されているカードの面を見て、一部を肉球で叩く。

///称号
/// マーロンのペット

「バステトさん。もしかして、その紋章は、”マーロンのペット”という項目が原因ですか?」

”にゃぁぁ!!”

 まーさんは、また謎が増えたと考えて、カリンは”もしかしたら”バステトの方が自分よりも優秀なのではと考えてしまった。

「勇者召喚に巻き込まれたおっさんはウォッシュの魔法(必須:ウィッシュのポーズ)しか使えません。~大川大地と女子高校生と行く気ままな放浪生活~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く