話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

勇者召喚に巻き込まれたおっさんはウォッシュの魔法(必須:ウィッシュのポーズ)しか使えません。~大川大地と女子高校生と行く気ままな放浪生活~

北きつね

第八話 おっさん誂う

 ロッセルとイーリスが部屋から出ていったのを確認して、二人は荷物をテーブルに広げる。

「まーさん。本当に、何者ですか?」

「どうして?」

 まーさんがポーチから取り出した物を見て、糸野いとの夕花ゆうかは固まっていた。
 不思議な表情で物品を眺めてから、まーさんに質問をした。

「このスマートウォッチ・・・。最新機種ですよ?それが、二つ?それに、折りたたみ式のソーラパネルに、このケーブル・・・。IT会社の人なのですか?」

「あぁ違う。違う。ただ、知り合いに、そういうのが好きな奴が居て、仕事を流したお礼に貰っただけだ」

「仕事を流した?」

「あぁ仲介したと言ったほうがわかりやすいかな」

「うーん」

「違法な物はないよ」

「え?」

「え?って何?」

「だって、これって脇差ですよね?銃刀法違反ですよね?」

 糸野いとの夕花ゆうかが指差しているのは、たしかに脇差だ。刃渡りは45センチ。知り合いの刀匠に打ってもらった。

「許可を取って”持ち帰る”所だから問題はないよ。持っている正当な理由だよ」

「・・・。だから、何者ですか?」

「神田小川町で、事務所を構える”なんでも屋”だよ」

「・・・」

 糸野いとの夕花ゆうかは、まーさんを睨むが何を言ってもダメそうなだと感じている。
 実際に、まーさんの”職業は?”と聞かれて、ブローカーと言ってもわからないだろうと思っているのだ。そもそも、ブローカーが職業なのかも不安なのだ。だから、”なんでも屋”という言葉を使って説明を端折ったのだ。

 まーさんは、糸野いとの夕花ゆうかが名前を変えたがっていたのを思い出した。

「それで、糸野いとのさん。名前を変えたほうがいいと思うけど、何かある?ナデジダとかオススメだよ」

 自分から提案する形を取ったのは、その方が受け入れやすいと考えたからだ。

「え!嫌ですよ。レーニンの妻の名前ですよね。独裁者の嫁になって死にたくないです」

「えぇいいと思うけどな。それなら、ヒルデガルドとかは?あっアンネローゼとかでもいいとおもうけど?」

「今度は、違った方向の”皇帝”の妻ですよね?本当に、何者ですか?」

「俺の話にしっかりとついてこられるのもすごいと思うけどな。どちらかは知っているかと思ったけど・・・」

「それなら、フレデリカのほうが好きですよ。そうだ!カリンにします。ゲームで使っていたので、丁度いいです」

「へぇユリアンの相手だね。原作を読んでいるの?それとも、昔のアニメ?」

「両方です。父が好きだったのです」

「そうか、お父さんとは友達になれたな・・・」

「えぇパルスの歴史物も好きでしたし、龍の話も読んでいました」

「ほぉそうなると、女好きのダメな天才の奴も読んでいた?」

「買っていました。DVDも持っていました」

「そうか、お父さんとは同じ世代だろうから、話が合ったかもしれないな」

「今のまーさんを見るとお父さんというよりも、近所のガラの悪いお兄さんですよ」

「はぁ?」

「まーさん。絶対に若返っていますよ?全盛期に戻っているのではないですか?」

「そんな、サ○ヤ人みたいな設定はないと思う・・・。本当だな。20歳前後に見えるな」

 おっさんは、ブラックアウトしているスマホの画面で自分の姿を確認した。
 二十歳前後の姿に見える。

 懐で寝ていた。大川大地が起き出した。

『にゃぁ』

 懐から出て伸びをする。
 やっと起き出すようだ。

「そう言えば、大川大地さんの偽装も確認しておかないと・・・。そうだ!カリンさんの名前を変えるから、俺と大川大地のスキルを隠蔽してくれないか?」

 糸野いとの夕花ゆうかは、自分で決めた名前を、まーさんが呼んだに反応が出来なかった。
 いきなり、新しい名前で呼ばれるとは思っていなかったからだ。

「・・・。あっそうだ。私だ!いいですよ」

「うん。名前を変えれば、糸野いとの夕花ゆうかではなく、カリンとなる。髪の毛は、貴族の中に何人か黒髪が居たから、大丈夫とは思うけど、髪色を変えられる方法を考えたほうがいいかもしれないね」

「はい。ありがとうございます。名前を変えてください。これで、ロッセル殿やイーリス殿に名乗れますね」

「あぁ。そうだな。でも、必要がなければ、名前は適当に名乗っておいたほうがいいぞ」

「はい。わかっています」

「それじゃ、偽装と隠蔽を行ってしまおう」

「はい!」

 大川大地は、バステトと名前をつけると決めた。正式名は『バステト・ブバスティス』と、異世界風の名前に決まった。

『にゃぁおん』

「よし、バステト大川大地さんも喜んでいる。世界中を探しても、古代エジプトの女神の名前を持つ猫は、バステトさんだけだ!カリンさん。隠蔽が見抜かれた時のために、まずが偽装を施すよ。その後で、偽装した物を隠蔽してもらえる?」

「あっまーさん。私もお願い出来ますか?」

「いいよ。でも、俺にカリンさんのスキルが見えちゃうよ?」

「うーん。でも、仕方がないですよね。それに、もう私のスキルは見ていますよね?」

「そうだね。聖女様」

「辞めてください!残されたジョブから考えると、まーさんが賢者ですか?」

「違いますよ。バステトさんが賢者ですよ」

「・・・。まーさん?」

「ふふふ。あとで、ロッセルに確認しましょう。ジョブがどうやって決められるのか知らないと、変なものをつけると、偽装を疑われます」

「あっ!ロッセル殿は、まーさんのジョブを見て、偽装を疑ったのですね?」

「そう思うから、彼に聞くのが一番だと思う。他にも、称号やスキルに関しても聞かないとダメだろうな」

「そうですね。それ以外のスキルの偽装と隠蔽を行いましょう」

「ひとまず、偽装と隠蔽を行っておこう。話を聞いて、修正が必要なら修正すればいい」

「あっその方がロッセル殿を・・・」

 二人は、見せるスキルを選択して、それ以外は偽装を施してから、隠蔽を行うことにした。

///糸野いとの夕花ゆうか → カーテローゼ・トリベール
///ジョブ
/// 聖女 → 錬成士 → (隠蔽)
///称号
/// 異世界人エトランゼ → 旅人《トリッパー》 → 隠蔽
///スキル
/// 錬成
/// 看破(1/10) → 癒術 → (隠蔽)
/// 隠蔽(1/10) → 隠形 → (隠蔽)
/// 収納(1/10) → (空白) → (隠蔽)
/// 魔術 → (隠蔽)
///  聖(1/10) → (空白) → (隠蔽)
///  闇(1/10) → (空白) → (隠蔽)
/// 鑑定(10/10) → (空白) → (隠蔽)
/// 生活魔法

 錬成を残したのは、魔法を使った時に、ごまかせるのではないかということだ。
 まーさんは、カリン糸野夕花が望むように偽装を施した。偽装と隠蔽を行った状態で、スキルが発動するのか確認した。カリンという名前が、愛称にして本名は別にある方がしっくり来るので、カーテローゼという名前を付けた。愛称としてカリンと呼ぶようにする。家名は、まーさんが適当に付けたが、カリンが気に入ったので、そのまま使うことに決まった。

 カリンが、収納から荷物を取り出してみるが、取り出せるので使えると判断した。意識を自分に集中させることで、スキルも鑑定の対象にできると解ったので、スキルを鑑定して何が出来るのかを把握した。

///立花雅史 → マーロン・ダドリ・グレース
///ジョブ
/// 賢者 → 遊び人
///称号
/// 純魔の持ち主 → (?鰉???鰌鰲???鰲?《主》 → 隠蔽)
/// 異世界人エトランゼ → 旅人《トリッパー》 → 隠蔽
/// 聖獣の保護者 → バステトの主
///スキル
/// 模倣(1/10) → (??鮗鱸《倣》
 → 隠蔽)
/// 収得(1/10) → (鰲鱈??《得》
 → 隠蔽)
/// 偽装(10/10) → (鮫鰥鯒鮗《装》
 → 隠蔽)
/// 魔術 → (隠蔽)
///  生命(1/10) → (????《命》
 → 隠蔽)
/// 鑑定(10/10) → 鑑定(1/10)
/// 生活魔法
///  清掃《ウォッシュ》魔法必須:ウィッシュのポーズ

「大川大地さん。改、バステトさん。スキルを隠すよ」

『なにゃ!』

「いい子ですね。まずは、偽装をしますから、こっちに来てください」

///大川大地おおかわだいち → バステト・ブバスティス
///ジョブ
/// 聖獣 → 使い魔
///称号
/// 異世界生物エトランゼ → 旅人《トリッパー》 → 隠蔽
/// 賢者の従魔 → マーロンのペット
///スキル
/// 聖装 → 猫魔術
/// 飛翔(1/10) → 猫ジャンプ
/// 敏捷(1/10) → 猫脚
/// 収納(1/10) → 秘密(ハート) → (隠蔽)
/// 生活魔法 → 肉球

「まーさん。いろいろ、確認したいのですけど・・・」

「なに?遠慮しないで?」

「ふざけています?」

「ふざけていないよ。馬鹿にしているだけだよ」

「わかりました。隠蔽をしていきますね」

「頼むよ」

///カーテローゼ・トリベール
///ジョブ
/// なし
///称号
/// なし
///スキル
/// 錬成
/// 生活魔法

///マーロン・ダドリ・グレース
///ジョブ
/// 遊び人
///称号
/// バステトの飼い主
///スキル
/// 生活魔法
///  清掃《ウォッシュ》魔法必須:ウィッシュのポーズ

///バステト・ブバスティス
///ジョブ
/// 使い魔
///称号
/// マーロンのペット
///スキル
/// 猫魔術
/// 猫ジャンプ
/// 猫脚
/// 肉球

「スッキリしましたね」

「そうだな。この情報で、カードが作られたらいいのだけどな」

「そうですね。それが残っていました」

 二人は、荷物を整理しながら、次にすべきことを考え始めた。

「勇者召喚に巻き込まれたおっさんはウォッシュの魔法(必須:ウィッシュのポーズ)しか使えません。~大川大地と女子高校生と行く気ままな放浪生活~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く