話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

本当に罪を犯しましたわよ
文学

連載中:1話

更新日:

本当に罪を犯しましたわよ

  • あらすじ

     「数々の悪行、もはや申し開きもできまい」
     「そうですわね」
     
      ばかげたどこかおとぎ話の王子のように、ろくな調べをせずに断罪するわけでもなく。
      愚かなまでに愚鈍などこかの物語の悪役に仕立て上げられた令嬢のように無罪なわけでもなく。
      私は今、悪役令嬢として正しく婚約者である・・・。いいえ、婚約者であった貴方に断罪される。
     
     「なぜ罪もないコーネリアの命を脅かすような真似をした」
     「目についたからですわ。婚約者の私を差し置いてそんな娘に貴方が気を遣うから、腹が立って行いましたのよ」
     
      別に言い訳なんかする気もないし、罪は素直に白状したわ。
      だって王室直属の査問官に諜報部が動いてるのに、どうしろっていいますの?

    キーワード

「本当に罪を犯しましたわよ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「文学」の人気作品