全力で逃げて何が悪い!

茄子

001 登場人物紹介(ネタバレあり)

◆ランジュミューア=リル=ユルシュル=デルジアン
 ピンクブロンドと琥珀色の眼。
 真珠のような滑らかな肌だが、体全体に銀色の蔦模様が張り付いているため、首元まで覆う服と手袋、自作の仮面を常時つけている。
 本人はツッコミと思っているが割とボケ体質。
 自他ともに認めるブラコンでファザコン。
 植物の女王と言わる、植物系魔法使いの頂点に立つ存在。
 転生者で前世の知識を活用して植物を使いまくって現世を楽しんで過ごしたいが、現世が乙女ゲームの世界で自分が悪役令嬢役の為、現在はそれから全力で逃げている最中。
 一人称「私(ワタクシ)」

◆ヴァランティーヌ=エジュリ=マルブランシュ
 蒼銀の髪と赤い眼。
 伯爵令嬢だが資産家の家で下位の侯爵家と同等の家格といわれている。
 婚約者が攻略対象。乙女ゲームではランジュミューアと成績を競うライバルで友人。
 ランジュミューアの前世の兄。
 ランジュミューアと同い年。
 一人称「私(ワタクシ)」

◆マリオン=ゼガラ=フィロベレニス
 ふわふわの茶髪と茶色の眼。
 伯爵令嬢で入学式でランジュミューアの隣の席に座ったことがきっかけで友達になる。
 ランジュミューアより1歳年下。
 一人称「私」

◆マドレメル=アング=ランジュレ
 紺色の髪と紫の眼。
 伯爵令嬢で入学式でランジュミューアの隣の席に座ったことがきっかけで友達になる。
 ランジュミューアより1歳年下。
 一人称「私」

▲リングフィアル=フォン=シャロンジェ=デルジアン
 ピンクブロンドと紺碧の眼。
 特に冒険者や魔法使いの才能がなかったため、城勤めの文官になったのだが、実力があったため当初から一つの部署を任されている。
 ランジュミューアの兄。
 真面目だが基本的にボケ体質。
 自他ともに認めるシスコン。最近ヤンデレ属性も加わってきた。
 実は国王の隠し子。
 ランジュミューアよりも4歳年上。
 一人称「俺」

▲ベルナルダン=コロネル=ブランヴィル
 ハニーブロンドと蒼い眼。
 通称レディベル。だが、男。
 歌唱クラスの教師。
 オネエ系だが起こると男言葉に戻る。
 細マッチョ。恋愛対象は男女問わずらしい。
 一人称はアタシ。

▲ルイクロード=アルマン=バティストル
 薄茶色の髪と赤い眼(瓶底眼鏡で見えない)
 古代学授業の教師。
 授業よりも自分の研究を優先させるせいで授業の人気がない。
 フィールドワークは良くするので体力や筋肉はある。
 一人称「俺」

▲レジス=ドゥラゲール
 黒髪に紫の眼。
 神殿に住む神官。
 朝と夕の礼拝の時以外はあまり姿を見せないが、神の声を聴くことのできるほどの有能な神官。
 一人称「私(ワタクシ)」

■アレクシア=エル=シリエル=デルジアン
 ブロンドと茶色の眼。
 乙女ゲームのヒロイン。転生者だが乙女ゲーム以外の記憶はない。
 ランジュミューアの異母妹。
 母親に溺愛されているため、異母兄姉のことは心の中で馬鹿にしていた。
 ランジュミューアより一歳年下。
 一人称「私(わたし)」

▼スティーロッド=フォン=ナデージュ=リュシバングル
 亜麻色の髪と琥珀色の眼。
 ランジュミューアとリングフィアルの又従兄。
 第三王子でリングフィアルの同級生。
 能力判定で国王の器ではないと知ったので、補佐をすべく分間の道へ進む。王位継承権は都合上まだ放棄できていない。
 貴重なツッコミ役だが、たまにボケる。
 乙女ゲーム内では隠しキャラ。
 ランジュミューアよりも4歳年上。
 一人称「俺」

▼バスティアン=フォン=ゼラウン=クーロテンス
 濃紺の髪と蒼い眼。
 ランジュミューアの元婚約者で侯爵子息。
 ほぼ社交辞令的な接触しかしていない。
 乙女ゲームでは攻略対象で、メインヒーロ。
 ランジュミューアと同い年。
 一人称「俺」

▼エジッヴォア=ニルス=ボーヅビート
 金髪に碧眼。
 伯爵子息。(4男なので継承権はない)
 学校の絵画授業の教師。
 ランジュミューアより9歳年上。
 一人称「私」

▼グェナエル=フォン=ヴァンダム=ロジェデュカス
 銀髪に赤い眼。
 公爵子息。
 デルジアン侯爵家と派閥が対立している。
 ランジュミューアに一目ぼれしている。
 ランジュミューアより1歳年上。
 一人称「俺」


◇エドゥアール=ジュール=モルティエ=デルジアン
 ブロンドと紺碧の眼。
 ランジュミューアの父
 侯爵として領地経営などで忙しいため城勤めはしていないが、過去は文官だった。
 真面目なボケ体質だが、たまにとても鋭いツッコミをする。
 自覚のない親ばかでツンデレ系。
 ゲームでは娘を切り捨てると同時に、自分も隠居してともに田舎に引きこもったほどの親ばか。
 前妻を愛しているが、後妻もちゃんと大切にしている。
 一人称「私(わたし)」

◇カロリーティア=リル=ルフレム=リュシバングル
 亜麻色の髪と緑の眼。
 ランジュミューアとリングフィアルの又従姉。
 第二王女で回復魔法の使い手としては国一番の魔法使い。
 病弱な深窓の王女を演じて、仮面を被って魔法使いとして外で仕事をよくしている。
 王位継承権は都合上まだ放棄できていない。
 貴重なツッコミ役だが、あまり機能してくれない。
 ランジュミューアよりも7歳年上。
 一人称「私(ワタクシ)」

◇オンリーヌ=エイメ=カサドゥシュ
 こげ茶の髪と緑の眼。
 ランジュミューア付きのメイド。
 ナースメイドからレディーメイドになった。
 ランジュミューアより7歳年上。
 一人称「私」

◇アナクレット=ジャコファ=マルモンテル
 赤茶の髪とこげ茶の眼。
 リングフィアルの父兄弟で侍従。
 ランジュミューアよりも4歳年上。
 一人称「私」

◇ルイーズ=メイエ=エレオヴィル
 ハニーブロンドと碧い眼。
 ハウスメイドで家事は基本何でもこなせる。
 ランジュミューアよりも8歳年上。
 一人称「私」



●リュシバングル国
 国土全体を高い塀で囲った山丸々一つを国土とする小国。水と緑は豊富な国。
 段状に住まいなどがあり、上に行くほど階級が高くなる。
 王城はシャンボール城のような感じで手前中央に神殿がありここは一般開放されている。(ここで能力判定をする)
 役割によって細かく扉や門があり、通行できる人間は制限されている。隠し通路も多数ある。

「全力で逃げて何が悪い!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く