異世界最強の強さを隠すために弱いふりをするのは間違っているだろうか

木ノ葉丸

迫り来る危機


最近、森の様子がおかしい。

モンスターや魔物が頻繁に出現するようになった。



騎士団たちは出現したモンスターと魔物の討伐に向かっていった。

討伐に向かった騎士団の中には大けがをしたり、戦死者も出ていた。

この国はターニヤ王国と呼ばれている。

ターニヤ国王は森の不穏な動きを鑑みて、三日後に大規模の兵を森に侵攻させ、調査及び、討伐に向かうことを決めた。



出発の前日にエリスと話しをした。

エリスは討伐部隊には参加せず、城や街の警護として残るように命じられたようだった。



「私が討伐部隊に参加できないのは残念だけど、街の治安は私が守るから任せてちょうだい」

そう意気込むエリスを見て、街は大丈夫だと俺は安心していた。



討伐隊が出発する日、俺は討伐隊にみつからないように、こっそり隠れて後を付けていた。

森の深くに入っても異様な程に静かであり、討伐隊員の気持ちが緩んでいた。

リーダーである指揮官の一人が「油断するな、気を引き締めろ」と警戒の号令を掛けた。



その時だった。

「うっ」

指揮官の身体を何かが巻き付き始め、その締め付ける力は徐々に強くなり、ボキっという音と共に指揮官の身体をへし折ってしまった。

指揮官の上を見上げると、巨大な大蛇が顔をのぞかせていた。

その光景を見て恐怖に悲鳴をあげる者がいた。

指揮系統が閉ざされた隊列は混乱の渦にあり、逃げ出す者もいれば、大蛇に立ち向かう隊員もいた。



さらに誰かが別の異変に気付いた。

雲一つなく晴れ渡っていたにもかかわらず、隊員十人分を覆う影ができたのだ。

上空を見上げると、天災級のドラゴンが王国に向かって飛翔しているのだ。

そして、遠くから街に向かって爆炎の炎を吐いたのだ。



「もう、終わりだ・・」

誰かがそう呟いた

逃げ出そうとしていた隊員がその光景を見た途端に膝が崩れ、逃走意欲さえも奪ったのだ。

ドラゴンが街に上陸しようとしている。



エリスが危ない。だが、ここにいる隊員も気がかりだった。

逡巡の末、姿が見られないように大蛇を重力魔法で押し潰して、エリスがいる街へと向かった。

「異世界最強の強さを隠すために弱いふりをするのは間違っているだろうか」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く