冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛

あいすらて

8






「女避け作戦はどうでした? うまくいきました?」
研修が始まると同時に、水上さんに尋ねられ私はモゴモゴと口を濁した。
「……あまりそういう……感じには……ならなかった……といいますか……普通にパーティーを楽しんだ、と言いますか」
「ふーん」

水上さんの眉根が中央に寄せられる。

「珍しく沢山喋りますね」
「……!」

そうだ。
この人も烏丸さんと同じくエスパーだ。
気をつけなければ、秘密がバレる。

そう。
昨日、事を終えた後。
帰り際のタクシーで、烏丸さんに釘を刺された。

「水上には内緒な」

正直なところ、ショックだった。
私にはまだ何一つ決意ができていない。
そんな状態で周りに触れ回る可能性は0で、当然、他の人にカミングアウトする気はなかった。
しかし先回りして烏丸さんに釘を刺され疑惑が生まれた。
やはり私、騙されているんじゃ……。
不信感を拭えない

「なんだか元気がありませんね。怜に何かされました?」

ズバっと。
水上さんが尋ねてきた。
私は思わず持っていたペンを取り落とす。

「あわわわ。すみません。別に、何も……当たり前じゃないですか」
「ふーん」

いったいこの意味不明な相槌は何なんだろう。
全部読まれているような、ただカマをかけられているだけのような。
どちらにしても、本当の事は言えないのだ。

(く、苦しい……)

その時水上さんのスマホが震えた。

「怜からのメールです」

チェックをした後、水上さんは私に向き直る。

「おや? 今日で研修は終わりだそうです。相変わらず気まぐれだなあ。今から社長室に行ってください」



「……失礼します」

社長室をノックすると「入れ」という声がした。
もちろん、烏丸さんの声だ。
子宮のあたりがぞくり、とする。
私はまだ、仕事とプライベートの区切りがついてないらしい。
烏丸さんの声を聞くとどうしても意識してしまう。彼が男だと言うことを。昨日抱かれてしまったことを。
深呼吸してドアを開けようとすると、突然先にドアが開き、大きな手のひらが私の腕を掴む。強い力で引き摺り込まれた。

フロアに放り込まれて、がちゃりと鍵を閉められる。

「……会いたかった」

舌で上唇をぺろりと舐めながら、彼は私を腕の中へと抱き込んだ。

「あの……」
「さっき別れたばかりだ、って? そんなの知ってる。でも、君は寂しくないのか? 俺と1時間も離れていて……その間、何をしてるわだろうと不安にならないのか?」
「烏丸さん……」
「俺は、なる」

顎をつままれ、ちゅ、とついばむようなキスを受ける。
冷たい唇。心臓が止まりそうなくらいドキドキする。

「……やめてください」

触れていたのは唇だけ、他はどこにも接触していない。
だから私は後退り、きっ、と彼を睨んで見せた。

「なんで?」

彼はずい、と近づいてくる。

「ここは……職場です……」
「そう。神聖な場所だ。だからこそ燃える」
「え?」
「……君に触れたい」

烏丸さんの手が私の頬をそっと撫で下ろした。

「あのっ……本当に研修は終わりなんですか?」

逃げを打つ私の手首を強い力で握りながら、烏丸さんはうなずく。

「ああ。水上と二人っきりになんかしておけるか」
「えっ……まさか、そんな理由で……」
「当たり前だ。ああ見えてあいつも男だからな。それに君を気に入っている」

私は半分呆れてしまう。

「そんな事ないです……水上さんは紳士ですよ」

そう。彼は私に触れてきたりしない。
好きなふりをしたりもしない。
私をドキドキさせたりもしない。
危険なのは彼じゃなくて、目の前にいる、魔王。
烏丸さんだ。

「何故庇う? 何か特別な理由があるのか?」
「そんなわけ……」
「君は、俺を煽るのがうまいな」

舌で上唇をぺろりと舐めながら、ますます彼は私に近づく。

そして……。

大きなデスクに手をついて、私は後ろから美味しくいただかれてしまったのだ。



衣服を整えた後、私ははあはあと荒い息をつきながら、恨めしげに烏丸さんを睨んだ。
こんなの……ひどい。
女避けパーティーではっきりわかった。
私は嘘をつくのがとても苦手だ。
社内の男女関係なんて、どの立場であっても秘密にするのが無難だとはわかっている。
でも……こんな風に朝から社内で抱かれたり、甘い言葉ばかりを囁かれていたら、抱えているのが辛くなる。こんなにも大胆なことをやってのける彼が、なぜ周囲にそれを隠すのか。ろくでもない理由しか浮かばない。

「もう、こういう事はやめてください」

彼から距離をとりながら訴える。

「……なんで? まさか潔癖症? いや、そんなわけないな。感じてたし」

かーっと頬に血が上る。恥ずかしい。
理性では拒んでいるのに、体は自然に彼を受け入れてしまっている。

「気持ちが追いつかないです……もう……わけがわからない」

素直な気持ちを私は伝えた。

「だって、私たち、会ったばかりなんですよ? 最初は無駄だの馬鹿だの散々言われて……それがいきなり……」
「だよな」

反論されると思いきや、彼は大きく頷いた。

「自分でもわけがわからない……けどまあ、あれだな。君が悪い」
「えっ?」
「……君が俺の心をざわつかせる……最初からだ」

私は呆れて彼に真実を思い出させた。

「最初の出会いを覚えています? 無駄のテンプレートって言ったんですよ」
「ああ言った。可愛かったから……多分」

多分って!
今のは顔つきではっきりわかる。嘘だ。後付の言い訳だ。

「……! そんな事おっしゃるから、信じられないんですよ!」
「君もいい加減無駄な女だな。どうせ最後には俺のものになるのに」
「え?」
「……俺は何があっても君を離すつもりなんてない」

烏丸さんはポケットから紫色の小箱を取り出した。
開けると銀色のブレスレットが出てきた。
先が丸くボディがねじれている、シンプルなものだ。

「俺が初めてデザインしたものだ」

烏丸さんが私の手を取ると、強引に手首へそれをはめる。

「似合うじゃないか。君のために作られたみたいだ」

烏丸さんが満足気に頷く。

「あのっ、これはどういう事でしょう……?」

彼はしれっと言い放つ。

「君の意向を汲んで、今後無理なセックスは求めない。そのかわり、それを嵌めておけ」
「どうして……!」
「俺をいつでも思い出させるためだよ」

ずきん、と胸が甘く痛む。
こんな風に情熱的に迫られて、心が動かないわけはない。
でも、何故タツキさんに内緒なの?
これは……期間限定の恋愛ごっこなの?
また無駄な時間を過ごすことになるの?
もし烏丸さんとの関係が拗れたら、この会社にいられなくなる。
鋭い刃が突き立てられたかのように胸が激しく痛み出す。

「お返しします」

私はブレスレットを外そうとした。
ところがどうしても外れない。

「……特別なやり方があるんだよ。君が身も心も俺のものになると言ったら教えてやる」

烏丸さんはニヤリと笑う。
魔王みたいなその笑みにぞくぞくしている自分が嫌で……私はブレスレットを押さえつつ、彼の顔から目を逸らした。



瞬く間に1ヶ月が過ぎ、私のルーティンが定まってきた。
烏丸さんより1時間前に出社して簡単な掃除をし、パソコンを立ち上げ1日のスケジュールをチェックする。
烏丸さんが出社すれば申し送りを済ませ、午前中は事務で潰れる。
午後からは来客の接待やスケジュール調整など。
電話応対も当然こなす。
秘書と言えば誰もが想像するような毎日だ。

烏丸さんが私を社外へ同席させることはほとんどない。
「本気で君をものにするまで、誰にも見せない」
最初の頃そんなことを何度か言われたが、本気かどうかわからない。
口説かれることも、もちろん抱かれることもなくなり、ホテルと社長室での出来事はもしかしたら夢だったのではないだろうかと思う時がある。
それくらい彼は雇用主という立場を崩さなかった。
となれば、これ以上に尊敬できる人はいない。
元々彼に憧れて、会社説明会に足を運んだ私には、流れるように思考し行動し結果を出す彼の間近にいると身が引き締まる思いだった。
私は18時に退社するが、烏丸さんは20時まで居残り、その後はほとんど会食だ。
プライベートな時間は、どれくらいあるのか、不思議に思う。
魔王でロボットで強引すぎる毒舌CEOが、尊敬できる雇用主へと変わった。

そんなある日の金曜日。
烏丸さんにこう言われた。

「なあ、倉田」
「はい」
「今晩予定は?」

今日は花金。しかし私には関係ない。

「何もありません」
「じゃあ、デートしようぜ」

モニターに目を向けながら、さらりとした口調で言われたため、私はしばしリアクションに困った。

「デート……ですか」

私はごくりと唾を飲む。

「そう」

彼がやっと私を見た。
違和感を覚えるほど、色っぽい目にドキドキする。

「申し訳ありません。予定を思い出しました」
「嘘つけよ」
たちまち見抜かれ頬を赤くする。
「本当です……」
「何の予定だ」
「それは……多分……クラス会……?」
「本当に嘘が下手くそだな」

烏丸さんは立ち上がり私に向かって歩いてきた。
ビクッと肩を震わせて私は後ずさる。
しかし烏丸さんは私の横を通り過ぎ、ドアを開ける前に振り返る。

「後で待ち合わせ場所をメールする」
「でも……」
「19時までには仕事を片付けておけ。じゃ」

バタンとドアが閉まり私は一人取り残された。

「あー……これ、絶対ダメなやつ」

この一ヶ月間、一度もアプローチを受けていなかったから、すっかり油断しきっていた。
金曜日の夜にいきなり誘うだなんて卑怯だと思う。
逃げられない。とはいえなんとか逃げきらなきゃ。

(無駄な恋なんてしたくない)

今やっと、未来が見えて、人生が充実しかけている。
この幸せを逃したくない。

と言いつつも対策を思いつくことなく時は過ぎ、あっという間に勤務時間が終わった。
メールには有名なデートスポットの場所が届いている。

「申し訳ないですが、行けません」

そう打とうとして、やはりやめた。
早めに返信すれば、会社に戻ってくるかもしれない。
何も言わずに帰宅して、後から謝りの電話を入れよう、なんて思っていたら、ドアが開いた。

「きゃっ」

入ってきた彼を見た瞬間、私は小さな悲鳴をあげる。
烏丸さんはデスクの横で仁王立ちになった。

「……君には俺が化物にでも見えるのか?」

高いところから見下ろされると、いつも以上に魔王感が増す。
しかしその通りです、とは流石に言えず、

「今日は戻らないのでは……?」

肩を竦めて恐縮しつつも、私は『もっと早く、どうするか決断すべきだった』と悔やんでいた。

「会議が早めに終わったんだ。準備はできたか?」

もたもたしてたのは明白なのに、声が優しい。
そしてその優し気な声が、私は怖い。

「あの、烏丸さん、私、今日は残業します。仕事がまだ残っていて……」

あからさまな言い訳だが仕方ない。
行きたくない、という気持ちだけでも伝われば、空気を読んで諦めてくれればそれでいい。
しかし全てを話し終わる前に、目の前に伸びてきた長い指が、ブチッとパソコンの電源を切った。

「あーーっ!」
「喚くな。データは5秒おきにクラウド保存してある」
「でも……」

おろおろしている間に、烏丸さんは机上の備品をポイポイと片付け、私の腕を取った。

「俺の1秒は高いんだ。さっさと行くぞ」
「ちょ……烏丸さんっ……」

無理やり立たされて、もうこれ以上抵抗もできず、私は慌ててバッグを掴んだ。
魔王に『空気を読む』なんて、高等なコミュニケーション術を期待した方が馬鹿だった……。
ずるずると廊下へと引きずられる。
駐車場まで直通のエレベーターに押し込まれ、私はやっと彼に訴えた。

「離してください」

軽く腕を引いてみるが、びくともしない。

「いやだね。離せば君は逃げるだろ?」

しれっと言われ、両眼を見開く。どうやら、強引すぎる態度だとは自覚しているらしい。

「逃げられるところなんて……どこにも……ないです……だから……お願い……」

正面からやり合っても敵わない相手には、逆に下から行く方が効果的かもしれない。
その目論見は当たったらしく、

「逃すつもりも、一切ないし、な」

彼は少しだけ目尻を下げると、降下していくエレベーターの中で、やっと腕を離してくれた。スケルトンのエレベーター。外から私たちの姿は丸見えだ。
何かされては大変、と、後退りエレベーターの隅っこへと体を落ち着けた。
彼はマジマジと私を見て楽しそうに唇を歪めた。
その表情に確信する。

(この人は魔王であり、ドSでもあるわ……!)

烏丸さんが仕掛けるちょっとしたジャブに、私はあっけなく動揺する。
その様子を見て彼は楽しんでいるのだ。
案の定、綺麗な顔が近づいてきて、甘い口づけが与えられる。
私は両手をだらりと伸ばしたまま、そのキスを受けた。
このエレベーターは街中のステキなランドマークになっていて、きっと見てる人はたくさんいる。
それなのに……平気なのだろうか。
家族であるタツキさんや兄弟みたいな水上さんにさえ、この関係を隠しているくせに。
この人の気持ちがわからない、とぬるい舌の感触を味わいながら頭の中で繰り返す。
あまり暴れると、烏丸さんの立場を悪くしてしまいそうで、抵抗できない。
だから、巧みでいやらしい手慣れたキスを、与えられるまま受け取ってしまう。
胸の奥が爆発しそうだ。
エレベーターが駐車場に着く。

「……安心しろ。君の姿は外からは見えない」

くすりと笑いながら烏丸さんが言う。
そう……かもしれない。
小柄な私は逞しい彼の体にすっぽりと隠され、存在を消されていたかもしれない。
それは……良かったけれど。
このドキドキをどうしてくれるの。

パーキングには烏丸さんの車が停められていた。
助手席を開けてもらい、迷いを断ち切れないまま車に乗る。
烏丸さんもすぐに乗り込んできた。エンジンをかけると、ピアノ曲が流れてくる。

(ショパンだわ。いい音色……)

しばらく聞き惚れた後、ハッとする。
私は背筋を伸ばして運転席に目をやった。
高い鼻梁と美しい顎のラインが飛び込んできて、とくん、と心臓が音を立てる。

「烏丸さん、もしかして、クラッシックに目覚めたんですか?」

胸の鼓動を抑えつつ尋ねてみた。
もう1ヶ月もそばにいるのに、まだ彼の容姿に惑わされてしまうだなんて、絶対彼には知られたくない。

「いいや。ちっとも。けど君は好きだろう?」

私はマジマジと彼を見た。

「もしかして、私のために?」
「当然だ」

素っ気無いけれど、どこか温かさを感じられる声に、かーっ、と全身の血が顔に集まった。もしかして、私に寄り添ってくれてる?
ぶわっ、と思いが押し寄せてきた。
これはダメだ。隠しきれない。だって、私、すごく嬉しい。

「ありがとうございます」

私ははにかみながらそう告げた。
チラッと私を見ると、烏丸さんはなぜか赤い顔をしている。

「やっと笑ったな」
「えっ?」
「今すぐ押し倒してしまいそうなほど可愛い」

想いのこもったその声に、私の心臓はもう一段大きく跳ねる。
烏丸さんはズルい。
この声と表情で、私の心をたやすくコントロールしてしまう。



デートの行き先は、世界的なピアニスト『ガーシュガルト』の来日コンサートだった。
クラッシック音楽のコンサートなんて、久しぶりだ。
二階桟敷席の最前列に、烏丸さんと肩を並べて座る。
ピアニストの手の動きがよく見える、通には特等席と呼ばれている席だ。
広い座面に腰を落ち着け、小声で彼に尋ねてみた。

「チケットを取るの、大変でしたよね?」

クラッシックはポピュラー音楽に比べて敷居が高く思われがちだが、それでもピアニストはトッププレイヤーだし、座席は各階満遍なく埋まっている。急に思い立って、即手に入るような代物ではないはずだ。
烏丸さんはちらりと視線を私に向ける。

「まあな」
「ありがとうございます」
「逃げようとしたくせに」
「……すみません」
「また押し倒されると思った?」
「……いいえ」
「頑張ったから、ねぎらってくれる?」

長いてのひらが伸びてきて、私のてのひらをそっと握り込む。
さりげないスキンシップに、ドキドキする。
私の心に波風を立てることを目的とした行為なのだろうが、わかっていても動揺してしまう自分が情けない。
彼の親指が、つ、といやらしい動きで手の甲をなぞる。
周囲の目が気になって、思わず背後を確かめたくなったが、角度的に見えないと気がつき思いとどまる。

「お返ししたいですけど……どうすればいいか……わかりません」
「俺の好きにさせてくれればそれでいい」

じっと瞳を見つめられ、ますます顔が赤くなった。



やがて演奏が始まった。

(月光だわ……)

以前、パーティーで披露した曲だ。
烏丸さんのためだけに、心を込めて弾いた思い出の曲。
ほんの1ヵ月前の出来事なのに、遠い昔の事みたいだ。
あの時から、彼の態度は豹変し私に関心を持つようになった。
そう。全てはこの曲がきっかけだったのだ。

チラリと隣に目をやるが、彼の表情に変化はなかった。

(覚えているわけ、ないわよね)

視線を再び舞台へと戻す。
トッププレイヤーの粒だった音色に、心が別な方向に掻き立てられる。
2 DK のアパートには置物と化した電子ピアノが私の帰りを待っている。
ふと、奇妙な考えが頭に浮かんだ。
弾かないピアノに意味はあるのだろうか。
今の仕事にとてもやりがいを感じてはいる。
烏丸さんとの関係性をなんとか良好なものにチェンジして、長く続けていきたい。
そう思っている。でも、何がきっかけだったんだろう。
もう私は音楽の道に戻らないつもりなのだろうか。

(私はどうしてピアノ講師になったんだろう)

すぐに思いつく理由は、最初に声をかけてくれたからだ。
もしインターン先の企業が、それより前に声をかけてくれていたら、そちらを選んでいただろう。

モヤモヤは心の内側に広がっていくばかりだった。
せっかく素敵な演奏を聞かせてくれているというのに。

(ああ、また無駄なことを考えてる)

でも止まらない。

(私には自分の軸がない……)

悲しい結論に達しかけていた時、隣にいる彼の体がガクッと横に倒れ、次の瞬間私の肩の上には彼の頭が乗っていた。
甘い香水の香りが鼻腔をつき、小さな寝息が鼓膜に響いた。心臓が早鐘を打っている。

「烏丸さん?」

小声で名前を呼んでみたが動かない。

(眠ってるわ!)

クラシックの公演中に睡魔に襲われる人は多い。
楽器の音色が脳を刺激するので、仕方がないとも言える。
しかし……。

(意外だわ)

いつも毅然としている烏丸さんが、こんな無防備な姿を晒すだなんて……。
母性本能が刺激されつくん、と胸が甘く震えた。
穏やかな寝息が私の頬を撫でるたびに、顔の赤みが増していくのを感じる。
ただでさえ途切れがちだった曲への集中力が、完璧に切れた。
演奏が耳に届かない。
私の全身は彼の寝息を聞き取ることに夢中になっている。

(どうしよう……可愛い……)

聞こえる寝息は規則正しく、載せられた頭はずしりと重い。
クラッシックピアノへの思い入れが薄いのに加えて、疲れが溜まってもいたのだろう。
烏丸さんの毎日は多忙を極めている。無駄が嫌いなだけでなく、無駄な時間を過ごす余裕もないことは、新米秘書生活で十二分に理解できている。
そんな中時間を作ってくれた。
私を喜ばせたい。
ただ、それだけのために。

ほんの少し視線を横に向ければ、彼の長いまつげと高くて綺麗な鼻、そして形のいい唇が目に入った。
さらりとした黒髪が頬をなぜ胸の鼓動はさらに高鳴る。
しばらく起きないでいてほしい。
ほんの少し幸せを感じているなんて……悟られるのは悔しいから。
美しい音色が二人をロマンティックな世界へと運んでいく。

彼の目に見つめられると緊張して落ち着きをなくしてしまう。
でも、寝顔はとても可愛い。



「まさか眠ってしまうとは……この俺が……信じられない」

頭上から落ちてくるどんよりした声に、私は思わず吹き出しそうになる。
演奏が終わった後、帰宅する人たちと並び、駐車場までの道を歩きながら、烏丸さんは苦虫を噛み潰したような顔をしていた。コンサートの序盤で眠り込んでしまったことが相当ショックだったらしい。あまりの落ち込みように、気の毒になってくる。

「疲れてたんですよ」

そう言うと、ギロッとにらまれた。

「……俺を慰めているつもりか?」
「いいえ、そんな……」

否定しようとしたが、やめて頷く。
ここは正直にならなければ。

「はい……」
「生意気な」

しかめっ面の烏丸さんに、こん、と額を弾かれてしまった。

「い……たっ」
「加減はしてある。大袈裟だな」
「……それでも痛いですよ」

モゴモゴと言い返せば、烏丸さんは立ち止まった。
凄みのある目で私を見下ろす。

「す、す、すみませんっ」

伸びてきた手に、更なる攻撃が繰り出されるのかと、私は思わずのけぞってしまう。
しかし、烏丸さんは私の肩を両手で挟み、はーっと大きなため息をつくと、すまなそうな顔でこう言った。

「悪かったな。せっかくのデートだったのに。また今度、リベンジさせろ」

悔しげに細められる目に、私は勘違いを悟る。
どうやら烏丸さんはお金と時間が無駄になったことを嘆いているわけではないらしい。

私を……気遣ってくれているんだ……。
とくん、と心臓が音を立てる。

「そんな事ないですよ。私は十分楽しみました。それに」

一度大きく息を吸い、そして吐き出す。

「眠ってる烏丸さん……子供みたいで可愛かったです」

言ってしまった。
からかったつもりなんてなくて、正直な気持ちだ。
彼の眉毛が片方だけぐっと上がる。
自分にとって不本意なことを言われたときに、出る癖だ。
いつもだと、責められている気がしてそわそわしてしまうそのジェスチャーが、今はとても可愛く見える。

「可愛い? 俺が?」
「……あ、すみません。失礼でしたよね」

慌てて訂正しようとするが、烏丸さんは許すように、ふっ、と笑った。

「……初めて君に褒められた」
「えっ?」
「悪くない」

私のてのひらに彼のてのひらが重なり合う。
私の歩幅に合わせて歩きながら、烏丸さんはとても穏やかな表情を浮かべていた。
てのひらの温もりに、胸の鼓動がさらに高鳴る。
チラッと彼の顔を仰ぎ見ると、すぐに彼は気がついて、今度は胡散臭い笑みを浮かべた。

「なに? 俺に見惚れてるのか?」

私は耳まで赤くして前を向く。

「ち、違いますっ」
「なんでだよ。いい男だろう」
「……それは……そうですけど……」

冗談なのか本気なのか。

わからない。私には何もわからない。

すれ違う人たちが烏丸さんを見ている。
その視線を気にした風もなく、烏丸さんは背筋を伸ばして、颯爽と歩いている。
爽やかな夏風が、私たちの間をすり抜けていく。
烏丸さんの車が見えてきた。
初めてのデートが終わってしまう。なんだか胸がざわざわする。
手が離れた瞬間、物足りない気分に襲われた。まだ、彼の温もりをこの手に感じていたかった。

「ベートーヴェンの月光……君のはずいぶん色っぽかったな」

駐車場に着き車に乗り込むと、烏丸さんはそう囁きかけてきた。

「覚えてたんですか?」
「当たり前だろう。ただの石ころがダイヤに変わった記念の曲だ」

烏丸さんの目が切なげになる。
あ、あの時のことを思い出してる……。

「君はピアノ講師の道に未練はないのか?」
尋ねられて私は考え込む。

新しい仕事に夢中で、与えられたことに全力投球で。
毎日とても充実していたから。

「……はい。自分でも不思議なんですけど……」

「音楽講師になったのは、最初に声をかけてくれたのがピアノ教室だったからです。今思うとただそれだけだった気がします」

今はピアノの道に戻ろうとは思わない。
烏丸さんの横で烏丸さんの仕事をずっとサポートしていきたい。
たとえこの人が自らのポリシー通り、ビジネスに一番役立つ女性とめぐりあい、共に生きることになったとしても、私は別な形でこの人を支えていきたいんだ。

「ピアノは売ります」
烏丸さんの眉毛が片方だけ上がる。

「もうしばらくピアノを弾いていません。アップライトの電子ピアノですけど2 DK の家には結構場所塞ぎになってて……そんなにお金は残らないと思うけれど売ります」
「なるほどな」

烏丸さんは頷いた。

「君がそう思うなら、そうすればいい。自分の道は自分自身で掴むんだ」
「わかりました」

その後はずっと無言だった。
このまま帰ってしまうのが残念なような、ほっとするような……相反する気持ちが心の中を駆け巡っている。

「それじゃあ、ありがとうございました」

私だけでなく烏丸さんまで車から降りてきた。

「喉渇いた。お茶飲ませて」
「え?」
「何もしないから」
「……でも」
「お茶だけ飲めば10分で帰る」

まるで宝石みたいに輝く瞳で懇願され私はたやすく折れてしまう。

「狭いですけど……」
「大丈夫。俺はそんなにスペースを取らない」

茶目っ気たっぷりに笑う烏丸さんは嬉しそうで……私までクスリと笑ってしまう。
先に階段を上がり真後ろについてくる彼の体温を感じながら、鍵穴に鍵を挿入する。

「どうぞ」

振り返りながら招こうとすると、いきなり後ろから抱きしめられた。

「烏丸さん……!」

くるりと体を返されて唇が奪われる。
私は彼の胸に両手を当てて遠ざけようとした。
しかしそんな抵抗は、よりきつく抱きしめられることで封じられる。
長い舌がぬるりと入ってきて温かく粘着質な唾液が送り込まれた。
ゴクリとそれを飲み下しながら、私は胸を高鳴らせる。
体の内側が熱くなってきた。こんなこと許してはいけないと思うのに、どうしても流されてしまう。
恋愛経験が乏しい私には、こんなに巧みなキスは刺激が強すぎて、心臓が壊れそうになっていく。
このまま、最後までされてしまうのだろうか。
下腹部が濡れている。ああ、また私は流されてしまう。
唾液の糸を引きながら唇が離れた。頭と頭をコツンと打ち合わせ、耳元で囁かれる。

「甘くて柔らかくて吸い付くような唇……癖になるな」
「烏丸さん……」
「ああ……抱きたい」

今度は軽く抱きこまれた。
頭の上にある烏丸さんの顎が、愛撫するみたいにグリグリと動く。
私は恐る恐る彼の背中に両手を回した。
しっかりと彼にしがみついて、彼の抱擁に応えたい……。
そんな衝動に抗えない。
しかし背中に手のひらが触れる直前で、彼はそっと体を離した。

「じゃあお茶をもらおうか」

彼は名残惜しそうに私の唇を人差し指でそっとなぞり、囁きかけてきた。
もう、これで終わりなのだろうか。
次の行為へは進まないつもりなのだろうか。
ほっとするような物足りないような、相反する感情が胸をよぎる。

「座っててください」

私はソファーを指し示し、キッチンでお湯を沸かした。
コーヒーを持っていくと烏丸さんがアップライトピアノの蓋を開け、キーを叩いていた。

「弾いてみます?」

テーブルの上にコーヒーを置き、隣に並ぶ。

「この部屋、防音なんです。全力で弾いても大丈夫ですよ」

烏丸さんは逡巡していたが、

「俺は弾けない」

そう言って鍵盤から指を外した。

「触れてみるだけでも」
「下手なものを見せるのは嫌だ。特に君には」
「……烏丸さんは負けず嫌いなんですね」
「当たり前だ」
「私とは全然違う……」

烏丸さんはソファーに座るとコーヒーカップを手に取った。
その横に座るのは恥ずかしくて、ガラステーブルの前に正座する。

「君は本当に不思議だな。スキルが高いのに、全てに置いて自信がない。反骨心もない。何をモチベーションにして、今までやってきたんだ?」

烏丸さんの分析は的を射ていた。
私はこれっぽっちも負けず嫌いじゃない。できなくても悔しくない。
目的もなく、ただ与えられたことをコツコツ真面目に無感情にやってのけるだけ。
でも最初からそうだったろうか?

「母親に喜んでもらいたかったから……多分そうだと思います」

私の母はとても厳しい人だった。
いつも悩んでいた。
世の中が恐ろしいと言っていた。
勉強や運動ができるようになっても、全然足りないと言われ続けた。
そんな母は、私がピアノを弾くのが好きで、上達する話シンプルな褒め言葉をかけてくれた。それだけが嬉しくて、毎日ピアノを弾き続けてきた。

「……でも、今ではその母も、ピアノは無駄だった、って言ってるんです。私が不甲斐ないせいで……楽しかった記憶まで、無駄なものになっちゃった……」

ポツリと呟いた後、私はハッとした。

「すみません……なんだか愚痴みたいになっちゃって……私なんて恵まれてるのに……本当にすみませんでした」

烏丸さんはご両親を亡くしている。
そんな人に、甘えた話を聞かせてしまった。
烏丸さんは立ち上がると私の隣に膝をついた。
後頭部に手のひらがあてがわれ、そのままぐっ、と抱きしめられる。

「……辛かったんだな」
「烏丸さん……?」
「……君は頑張ってる。誰が認めなくても、この俺が認めてやるよ」

はらり、と目から涙がこぼれた。
あれ、私、なんだか変だ。
どうして涙が溢れるの……?

私は手の甲でそれをぬぐい、慌てて彼から体を離した。

「すみません。烏丸さんの方こそ、辛い思いをしてるのに……」
「何のことだ?」
「ご両親を亡くしてらっしゃるんですよね」
「……水上に聞いたのか。あのおしゃべりめ」

烏丸さんは私の手を取ると、ソファへと誘う。
ぴったりと体をくっつけ合い形になり、息が止まりそうなほど緊張した。

「うちの両親は教育熱心でな。幼い頃は水泳に英会話、ピアノに絵画、いろんなものをやらされていた。その中で唯一できなかったのがピアノだよ。この俺がやれないことがあるなんて信じられなかった」

そして烏丸さんはふっと笑う。

「買ってもらったグランドピアノは、俺ではなく母の持ち物になった。母はいつもあれを弾いていた……何だっけ……猫がどうとか」
「猫ふんじゃった?」
「そうだ」

烏丸さんは嬉しげに笑う。

「下手くそな猫ふんじゃったを、俺を膝に乗せて繰り返し弾いていたな。それを父が嬉しそうに見ていた。懐かしいな」

私の頭の中に子供の頃の烏丸さんが、妄想となって浮かび上がる。
きっちりとしたカッターシャツに、蝶ネクタイ。半ズボンで膝下までの長いソックスを履いている。ご両親と笑顔で語り合っている。

「そのピアノは今もお家に?」
「いいや。両親が死んですぐに処分した。もう、弾く人は誰もいない。使わないものを置いておくのは無駄でしかないからな」

そう言いながらも、瞳の奥に寂しげな影がちらりとよぎる。
私はもう、堪らなくなってしまい、

「あの、私、弾きましょうか? 猫ふんじゃった」

立ち上がろうとすると、腕を取られて引き戻された。

「だめだ」
「どうして」
「君がピアノを弾いてる姿はヤバイ。押し倒してもいいなら、お好きにどうぞ」

私は真っ赤になって座り直す。
静かな時間が過ぎていく。こういう時、どうしたらいいんだろう。
変に慰めても叱られる気がするし、でもなんだか放って置けない。

「あ、そうだ」

私はバッグからスマートフォンを取り出して楽器アプリを立ち上げた。
リズムとベースの設定を済ませ、ピアノをチョイスし、指先を使ってシンプルな猫ふんじゃったを弾いてみた。

「すごいな。スマホでこんな事ができるのか」

魔王烏丸怜が驚いている。
私は内心ほくそ笑みながら、リズムを変えた。
本物の鍵盤と違ってタッチが軽く、その分複雑な曲を弾くのは難しい。
しかし、音色を自在に変えられるので、シンプルな曲にもエフェクトをかけてユーモラスな演奏ができる。

「面白い」

烏丸さんが目を細める。
私は彼の目を真っ直ぐに見ながらこう告げた。

「もっともっと、楽しいアレンジ研究します……もし烏丸さんが、この先とても辛い時や悲しい時ことが起きた時、いつでも私を呼んでください。必ずあなたを楽しませてあげますから」

烏丸さんはにやりとしながら私を見つめ「生意気な」と言って頭をコツンと叩いた。

その日烏丸さんは、本当に私に何も手出しをせず、コーヒーだけを飲んで帰って行った。帰り際、引き止めようかと思ったけれど、勇気がでなくて。
その夜はベッドの中で、ずっと彼のことを考えていた。
眠れない夜を一晩過ごし、私はやっと気がついた。
私はきっと彼のことが……。

オフをまたぎ月曜日になった。
スケルトンのエレベーターでいつものように社長室へ上がる。
洋服は鎧だと以前言われた。
だから今日の服は、烏丸さんにもらったあのスーツ。
メイクもバッチリ、1時間かけた。

自分の魅力を底上げして、一生懸命背伸びをして彼の前に立つ。
そして尋ねるつもりだった。
この恋に未来はあるのか。
無駄な黒歴史にはならないのか。
本人にストレートに聞いてみよう。
高速で最上階まで辿り着き、息を整えながら廊下を歩く。
ドアの前に立つと誰かの声が聞こえてきた。

(烏丸さん? 早い!)

まさか先に来ているとは思ってなかったため、心臓がとくとくと早鐘を打つ。

「お前はまだわからんのか。ひかりさんの素晴らしさが」

この声はタツキさんだ。
長い間ハワイ旅行に出かけていたが、日本に戻ってきていたらしい。
自分の名前が出てきたので尚更胸がドキドキする。

「……私は今まで会長の言いつけを全て守ってきました。あなたは幼い私をずっと大切に育ててくれた。その恩に報いたいと思っていたからです。しかし、結婚となると話は別です」

烏丸さんだ。
何やら不穏な空気がドアの向こう側から漂ってくる。

「私はこの会社と自分に最もふさわしい女性を、自分自身の力で選びます。この件に関しては、口出ししないでいただきたい」

きっぱりとした……美しいバリトン。
張り詰めていた心が、萎れていく。

(ああ……やっぱり、そうだったんだ)

誰も見ていないのに私は笑顔を作ろうとした。

(そうだよ……私が何かを選んだら……間違いなくそれは駄目な選択肢)

私は身を翻した。
今、烏丸さんにもタツキさんにも会いたくない。
悲しくて辛くて堪らなくて……会社を飛び出した。





「冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く