冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛

あいすらて

6


25歳。
恋愛経験ゼロ。

男の人が苦手なわけ……じゃないと思う。
でもピアノばかり弾いていて、なんとなく機会を逃してしまった。

「ふ……んっ……」

頬に触れた手のひらが、そっと上下する。
心臓が早鐘を打っている。

無理やり唇を奪われているというのに、私が気にしていたのは、拙すぎるリアクションに、彼が呆れているのでは、ということだった。振る舞いの正解がわからない。
そんなこと、どうだっていいはずなのに。

私が今すべき事は、この場所から逃れる事。ただそれだけ。
なのに、体がしびれたようになって動けない。
長い睫毛が頬に触れた。
厚い舌が口の中を丹念になぞっている。
その度に私の胸は激しく上下した。
彼の態度は余裕たっぷりで……真意がつかめない。
何が彼を動かしているのか……私には全然わからない。
差しこまれた舌が口腔をまさぐり、その度にお腹の下のあたりが甘だるく疼く。
濡れた舌が口腔をまさぐり、サラサラした唾液が流れ込んできた。
くちづけが深くなるほどに、動悸が激しくなる。
思いっきり 首を仰け反らせて、私はそっと目を閉じた。
初めてでもはっきりわかる。このキスは巧みだ。流されてしまう……。

「ん……っ……う……」

手慣れたキスの気持ちよさに、頭の中がぼーっとなる。
私みたいに、免疫のない世間知らずには危険すぎる、恐ろしいキス。欲しいところに欲しい動きが与えられる。そんな感覚に目眩がした。

ちゅっちゅっという粘着質な音が鼓膜に響く。
長くて熱い、そして意味不明なキスの後、烏丸さんは一度背筋を伸ばし、再び私の顔を覗き込んできた。
私は両目を瞬かせながら、真っ赤になってその顔を見返した。
表情の読めない彼の造形はやはり、かけねなしに美しくて、尚更怖くなってしまう。
繊細な指が私の濡れた唇をそっとなぞる。動けなかった。
なぜこんなことを許してしまっているのだろう。彼の魔力に動きを封じ込められたとしか思えない。

「どうして……?」

それでも恐る恐る尋ねれば、

「……誘ったのは君だぞ」

彼が囁きかけてきた。
ブワッと全身の血液が顔に上がっていく。

「そんなの……嘘です……いつ、私が」
「ピアノだよ」

彼は言った。

「俺のことを思いながら弾いたと言ってただろう? 君の気持ちはちゃんの届いた」
「誘ってるつもりは……」
「ああ、わかってる。俺が勝手に……そそられただけだ。けど今もそうだろ?」
「えっ……?」
「目で……俺を煽ってる」

彼の声が不自然に甘く掠れ、私の鼓動は妖しく高まる。
そんなの、ひどい言いがかりだ。でも、『君はこうだろう?』と断定されれば、そうなのかも、と思ってしまうのが私の癖で、きっとこの人はそれを見抜いている。
体の内側が熱くなり、私は後退る。
とん、と背中が壁についた。
当然のように、両方の肘が壁に付けられ、私は彼の腕という小さな檻に囚われてしまう。心臓の音が更にうるさくなった。
ドキドキしすぎて怖いくらいだ。このままじゃ、きっと倒れてしまう。

「……君が欲しい」

はっきりと。
私の目を真っ直ぐに見て。
彼は言った。

間近にある彼の体から、熱いものが伝わってくる。
私は息を飲み込んだ。耳たぶまで、赤くなっているのが気配でわかる。キスの次にある行為。そんなの……認められるわけがない。
思いの外あたたかい手のひらが私の頬をそっと撫でる。

「最初君を見たときに無駄に怯える女だと思った。しかし不思議だな。今はそこがいい……もっともっと怯えさせたくなる」

耳たぶに唇を近づけられ、蕩けるような声で囁かれる。ゾクッと体の芯が震えた。彼は私の手を握るとスタスタと廊下を歩き突き当たりのドアでどこからか出してきたカードをかざす。

「あ、あのっ」

ドアが開き、中へと押し込まれた。
カチャリと鍵の閉まる音がした。私はくるりと彼に向き直る。
彼の目が眩しそうに細められた。目が合った瞬間から恥ずかしいくらいに胸がざわめく。

「君は可愛い」

烏丸さんは私の髪の毛に右手を突き刺すと、再び唇を重ねてきた。
今度は啄むようなキスだった。くしゃっと髪の毛をまとめて掴み、反対側の手のひらは背中を撫でる。
拒まなければと思っているのに、体はしどけなく綻ぶばかりだ。
甘い香りに包まれて、私はあっけなく流されてしまう。
ちゅくちゅくと舌が吸われ、子宮がきゅーっと収縮した。
本当に本当にやめてほしい。烏丸さんみたいな人にせめられて、平気でいられる人間なんているわけがない。こんな……淫らな気持ちに揺れてしまうのは、私だけのせいじゃない。
愛しむようなキスの後、ふわっと体が宙に浮いた。
彼に横抱きにされたのだ。

「きゃっ……」

悲鳴を上げ思わず彼の肩口にしがみつく。
くくっ、という、楽しげな笑い声と共にこんな声がかけられた。

「拒絶しないってことは、君もその気か?」
「ちが……っ」

否定しながら私は身じろぐ。そんな私を楽しげに見つめながら、烏丸さんは広くゴージャスなスイートルームを悠々と横切り2つ目の部屋のドアを開けた。
間接照明だけの暗い部屋。
中央に据えられたキングサイズのベッドが目の中に飛び込んできて、心臓が跳ね上がる。とうとうここまで来てしまった。
もう、これ以上はダメ。はっきりとノーを突きつけなきゃ。

私は彼の肩に片手を回して、瞳を覗き込んだ。
嫌だ、と言おう。
心に決めて口を開く。

それなのに。

「……この先に進むなら、理由がいります」

震える声が紡いだのは、そんな言葉だった。

「理由?」

彼は不思議そうに首をかしげる。

「はい」

真っ直ぐに彼の瞳を見つめながら、私は頷く。

「バカだな。そんなの決まってるだろ。いや、バカは俺か」

彼はきっぱりとこう告げた。

「君が好きだ」

その場限りの軽い言葉。
意味なんてない。ただの言い訳。
それなのに……彼の目は真剣そのもので、嘘を言っているようには見えなかった。
いけない。危険なゾーンに近づいている。

上っ面な告白の余韻に浸っている間に、ベッドに横たえられた。
髪の毛がふわっとシーツに広がる。

彼はスマートな動きでジャケットを脱ぎ、ネクタイを外した。
流れるような動きに見惚れていると、今度はシャツのボタンを外して、前立てをはだけたセクシーななりで、私の上におおいかぶさってくる。
二人分の体重でマットレスが沈み込み、私の胸に不安がよぎる。
今から始まってしまう。もう戻れない。
どうかしてる。私はおかしくなってる。

目の前にいる、この人のせいで……。

手首をシーツに押し付けられ、じっ、と見つめられた。
麗しい、としか表現のしようのない、宝石のようにきらめく瞳に心が激しく掻き立てられた瞬間、唇が首筋に落とされる。

手首を膝に押し付けられ、じっ、と見つめられた。
麗しい、としか表現のしようのない、宝石のようにきらめく瞳に心が激しく掻き立てられた瞬間、唇が首筋に落とされる。

「あ……!」

じん、とした快感が全身に走り、私は思わず声を上げた。こんなところに性感帯があるなんて。今までちっとも知らなかった。
ねちょねちょと首筋を舐めあげられる。体温が一段と上がった気がする。

「んっ……」

甘だるいくすぐったさに、声が止まらない。

「いい声」

烏丸さんはほくそ笑みながら、私の背中に手のひらを添えて浮かせると、ドレスを脱がせた。

「冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く