冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛

あいすらて




「……なんだか変……かな」

鏡の前で私は気弱な声をあげた。
映っているのはいつもとかなり違う私。
天然のウェーブヘアをアイロンでギリギリまで伸ばし、ピシッと一本にまとめあげた。似合ってる……とは言えないが、いかにもなOLスタイルではあると思う。
昨日の夕方、急に仕事が決まり今から烏丸商事に初出社だ。
新しい職場の社長、烏丸怜は無駄を嫌い効率性を重んじる、典型的な生産性人間で「長い髪は無駄だ」ときっぱり言い捨ててしまう魔王的な男。
棚ぼたでゲットした仕事だからこそ、会社の役に立つ存在になりたい。
そのためにも、まずは社風に己を合わせよう。

というのは言い訳で。

私は自分に自信がない。
自分の秘書的な能力にも、記憶力にも、事務能力にも、魔王を成敗するスキルにも、何もかもに自信を失っている。
昨日、魔王にウチに来いと言われたのは、夢だったんじゃないか。
行けば指をさして『本当に来たぞ』と笑われるんじゃないか。
そんな不安でお腹が痛い。
 
玄関の姿見に私の全身を映してみる。
見た目より表情がダメだ。不安でいっぱい……って顔をしている。

 気合入れなきゃ。
……できる範囲で。

ため息をつきながら、私は部屋を出た。


 
烏丸グループのビルは、渋谷の真ん中にでん、とそそり立っていた。
鏡面ガラスのビルの頂上は雲の上。
一階はレストランとロビーになっており、小さな公園がその前にある。スタイリッシュな男女がせわしなく闊歩し、透明なエレベーターが高速で上がっていく。
一瞬そのビルが魔窟に見えて、私は思わず立ち竦んだ。
てっぺんで待ち受けるのは魔王、烏丸怜。

『君のような無駄人間はいらない。出直してこい』

不遜な声と高笑いが頭の中に響く。

(怖い……)

ごくり、と唾を飲み込んだ時、「倉田ひかりさん?」誰かに名前を呼ばれてハッとした。振り向くと、スーツ姿の男性が立っている。
細身で身長は烏丸さんより頭ひとつ分低いくらい。唇に笑みが浮かんでいて、茶色の髪の毛が風にさらりとなびいている。一目であ、モテそう、と感じられるタイプ。俗に言うシティボーイって感じ。こんな人……私の知り合いには1人もいない。

「はい……倉田ですが……」

訝しみながらも答えれば、男性は満面の笑顔になった。

「やっぱりそうか。あ、僕、烏丸商事人事部研修担当の水上正《みずがみただし》です。今日からうちに来るんだよね。オリエンテーションを担当するのでよろしくお願いします」
「倉田ひかりです……よろしくお願いします」

私は頭を下げた。

「初出社ですよね。ご一緒します」
「ありがとうございます」

お礼を言うと、笑顔が返る。
私はホッとした。
魔窟で味方に会えた気分だ。

水上さんに続いて、入り口の機械に社員パスをあてる。
バーが開き、私は胸を撫で下ろした。

「本物だ……」

パスを見ながらニマニマしていると、水上さんの不思議そうな目と視線があった。

「あ、すみません」

急いで彼に肩を並べる。
広いエントランスを横切って、沢山の人たちが立っているエレベーターの前に来た。

「あ、こっち」

そのエレベーターをスルーして、水上さんは少し離れた場所にあるエレベーターの前に立った。

「社長室まで直通です」

扉が開くと、窓がシースルーになっている。
上昇するエレベーターの中で、水上さんは瞳をキラキラさせながら私に向き直った。

「早めに出社して良かったな。今日会えるのを楽しみにしていたんですよ」
「え? 私にですか?」
「そう。倉田さんに」

ありがとうございます、と答えながらも不思議な気持ちになる。
そういえば私の採用が決まったのはほんの半日ほど前のことだ。
なぜこの人はそれを知っているのだろう。

「しっかし、あの圧迫面接の後、タツキさんと出会うだなんてドラマみたいですよね! 倉田さん、やっぱり持ってるなー。会社説明会ではあんなにオドオドしてたのに、いざとなるとキリッとして。ギャップ萌えしましたよ」
「あの、何のことですか?」
「これですよ、これ」
水上さんは胸ポケットからスマホを取り出した。
動画の再生が始まる。

『すみません。もうすぐ救急車が来ますので、こちらに誘導してください!』
よく知る顔が叫んでいる。

「な、な、何これ私……?!」

私は仰天し、モニターに顔を近づけた。
小さな液晶画面の中に、公園のベンチでぐったりしているタツキさんと、介抱している私、バタバタと道路に向かって走る男性の後ろ姿がある。

「昨日君に協力した二人組はコンビのYouTuberだったんですよ。1人がずっとカメラを回してたみたい。気が付きませんでした?」
「全然!」

動画には私がタツキさんに水を飲ませているところや、救急車に乗り込むところまで、所々早送りしながらもバッチリ映っていた。
恥ずかしさに気が遠くなる。

「このYouTuber、タツキさんの素性をたまたま知ってたらしくて。しっかり烏丸商事のタグをつけていたんです。おかげで早めに削除依頼が出せたんですけどね。ちなみに、これは趣味で保存したやつ。あ、社長とタツキさんにも送ってますから」
にっこり顔の水上さんに、私は脱力しながら言った。
「消してください……」
「ははっ。ですよねー。気に入ってるんだけど……承知しました」

水上さんはピッと目の前で削除ボタンを押し、スマホをしまう。

「この動画をタツキさんと社長に送った時に、二人から倉田さんの採用を聞いたんです。やー、思わず僕はガッツポーズしちゃいましたよ!」
「えっ……どうしてですか?」
「だってこんな痛快な展開滅多にないでしょ! あそこまで社長にいじめられた挙句、会長に気に入られて採用だなんて大逆転もいいとこですよ。社長、ギャフンって言ってませんでした?」
「いいえ……あ、でも、謝ってくださいました」
「おおお! あの烏丸怜が! それは凄い!!」
水上さんは、酔いしれるように天を仰ぐ。
私は曖昧な笑顔を浮かべる
この人は、烏丸さんが嫌いなのだろうか。
それにしても、社内で社長批判ができるなんて、勇気がある。
水上さんはさらに満面の笑みで尋ねてきた。
「じゃあ、倉田さんは?」
「え?」
「ざまあみろって思ったでしょ?」

水上さんの目がいたずらっぽい色へと変わる。

「あんたには見る目がなかったんだよ、って。それが証明されたでしょって。僕なら100%そう思うなー」

私は首を傾げた。

「ん?」

興味津々といった様子で顔を覗き込まれ、私は苦笑した。

「そんなこと……ちっとも考えませんでした。タツキさんのことがただひたすら心配なのと……不安だっただけで」
「タツキさんはもう大丈夫ですよ」
「はい。朝方メールをいただきました。良かった……」
「……で、社長に対してはどう思いました?」
「……どう思う……ですか?」
「ええ」

本音を言うと、昨日は悪夢にうなされた。
烏丸さんに脅かされる夢だ。だから、彼のことが怖いと言うのが本音だけれど、もちろんそんな事は言えなくて。

「お仕事をくださってありがたいです。お役に立てるよう頑張ります」

一番無難な言葉を選ぶ。
水上さんの笑顔がふっ、と消えた。
今まで浮かんでいた、親しみやすい空気が別なものへと変わっていく。
「倉田さんっていい人なんですね」
「え?」
「反骨心がゼロっていうか……女の人ってもっと執念深いのかと思ってました」

ちん、と音を立ててエレベーターが最上階へ到達する。
私は一瞬で変化した水上さんの態度に、内心戸惑いを感じながらこう言った。

「女の人……は関係ないかも……です。人それぞれって言いますか」
「ですね」

勘違いじゃない。水上さんは突然冷たくなった。
今の会話の何がいけなかったのだろう。
そして唐突に思い出した。この人は昨日、烏丸さんの暴走を止めようとしていた人だ。

(こんなに若いのに……勇気があるな)

流されてるだけの私とは、全然違う。
水上さんは重厚なドアの前で立ち止まった。
ノックの後「失礼します!」と大声で言いドアを開ける。

「さ、どうぞ」

私を先に入らせるとすぐに自分も中に入りドアを閉める。

社長室の窓の外には摩天楼。
窓側に大きなデスクが、中央に黒革のソファと小さなテーブルが置かれてある。
ドキュメンタリーで見たのと同じ……震えるほど都会的でオシャレなビジョンだ。
烏丸さんは立って外を見ていたが、くるりとこちらを振り返った。

圧倒的な存在感が胸の中に迫ってくる。
 
「来たな。無駄女」
 
私を見た瞬間の第一声がこれだ。さすが魔王。外さない。

「なんで引率つきなんだ?」
「ビルの前で心細そうにしていたのでエスコートしてきました」
「君は小学生か?」

烏丸さんが呆れ顔で呟く。

「すみません」
「息を吸うように謝らなくてもいい」

烏丸さんは水上さんに向き直る。

「ちょうどいい。彼女の机と備品を用意してくれ」
「はい! んじゃ、失礼します!」

水上さんは敬礼すると部屋を出た。
二人の不思議な空気感に、私は首を傾げてしまう。
水上さんの敬語は少し軽く、それは私だけでなく、烏丸さんに対してもそうらしい。

二人っきりの部屋の中で私はドギマギと胸を高鳴らせる。
烏丸さんは腕を組むと高い位置から私をしげしげと見下ろした。
 
「……髪型を変えたのか?」
 
不躾な視線が私の髪に注がれている。
無駄、というワードを言われたくなくて、つい声が早口になった。
 
「はい。ストレート風にしてみました。日曜日には短く切ってきます。ショートボブに」
 
彼はふん、と鼻を鳴らした。

「また無駄なことを」
「え? でも長い髪こそ無駄だって……」
「努力の方向が間違ってる。その髪を維持するのに何時間かけた? ストレートパーマをあてる暇はなかったろうから道具の手を借りたんだろう。俺は真面目さを演出しろと言ったんじゃない。時短しろと言ったんだ」
「はい……確かに……」

私はしょんぼりと肩を落とした。

烏丸さんは私のバッグを取り上げると、ソファの上に置いた。

「今から部内に挨拶に行く。総務と人事、営業あたりもだな。いい子にしとけよ」
「はい」
「……嘘だよ。普通でいい」
「はあ……」
「ふん」

烏丸さんはなぜか楽しげに笑った。
もしかしたら私……遊ばれてる?
新たな疑惑が頭をよぎる。



総務課はエレベーターを下りてすぐのところにあった。
コピー機とエアコンの音に、談笑が混じるその部屋で、烏丸さんはパンパンと両手を打ち鳴らした。

「注目!」

フロア中の視線が私たちに集まり、ピタッと人の声がやむ。

「今日から社長秘書になる『倉田ひかり』だ」
「よろしくお願いします!」

私は深く頭を下げた。
顔を上げて周りを見回すと、その場にいる全員が立ち上がって拍手をしている。

(え、何?)

「初めての秘書ね。烏丸くん、良かったじゃない」

窓際に座っていた、中年の女性が烏丸さんに話しかける。

「ご指導よろしくお願いします」

烏丸さんも丁寧に頭を下げている。

「社長をよろしくね」

優しげな笑顔で話しかけられて、たちまち気持ちが上向いていく。

「頑張ります!」

満面の笑顔でそう答えた。
周りの人たちもとても優しげな雰囲気だ。

「社長は平の時、一時的に総務にいたんです。だから皆と仲がいいんですよ」

ダンボールを抱えた水上さんが、すれ違いざまに話しかけてきた。

「わっ……と、そうなんですね」
「これ、秘書室に運んどきますね」

口笛を吹くような軽い調子で水上さんは去っていく。

それから二人して各課を回った。
人事部では、大勢の人に冗談まじりに『逸材』と褒められた。
昨日の経緯を知っているからだ。
烏丸さんはあちこちで誰かにつかまり談笑していた。
とはいえ、彼の表情は変わらない。話しかけている人たちが笑顔なので、彼もそう見えてしまうが、基本的にはクールなままだ。
正直なところ、烏丸さんと社員との関係は想像していたイメージとは全然違った。
もっとギスギスしているかと思ったら、真逆だった。
そしてもう一つ気がついたこと。
フロアにいる女性たちは皆お洒落で、ロングヘアの人もたくさんいた。会社説明会で聞いた、ショートカットしか採らない、というポリシーと矛盾がある。

(不思議だなあ……)

烏丸さんの横顔を見ながらひとりごちる。
ロビーで慌てふためきながら、タツキさんの病室に向かっていた、彼の姿が頭をよぎる。どれが本当の彼なのだろう。



社長室に戻ると、水上さんがいた。

「ふう。何とかこれで事務作業はできるようになると思いますよ。とはいえ、まだまだ先ですけど」

パソコンの載った机、引き出しの中にある文房具などを見せながら水上さんが言う。
烏丸さんは入り口ドアにもたれ、腕を組みマジマジとこちらの様子をうかがっていた。

「ん? どうかしました?」

水上さんが尋ねると、烏丸さんは言った。

「いや……別に……」

烏丸さんはそう言うが、何か考えているのは表情から明白だ。
水上さんがすかさずにこやかに言った。

「そういえば、男性陣の反応はどうでした? 昨日、みんな倉田さんのことを噂していたんですよ。あんな美人と仕事がしたかったな、って」

いきなり話題が自分に向けられ、私はハッとする。
ところがそれは烏丸さんも同じだったらしく、「そうか。なるほど」とつき物が落ちたような顔をした。
そして、烏丸さんは私に視線を向けると、人差し指をくいくい、と曲げた。

「え?」
「こっちに来い」

犬に対するようなジェスチャーにムッとしたが、反発できるはずもなく側にいく。
正面に立つと、烏丸さんの綺麗な顔が近づいてきた。

(ち、近い……!)

赤くなった私を観察者の眼差しで眺めながら、烏丸さんは髪へと手を伸ばす。
ゴムが取られ、まとめていたウェーブヘアがふわっ、と背中に広がっていく。

「なるほど……確かに無駄に美人だ」

検分完了、とでも言いたげな清々しい表情で、烏丸さんは言った。私は唖然としてしまう。


「挨拶まわりの時、皆の視線が変だったことに気がついていたか?」
「え? いいえ……」
「まあ、いい。今夜、予定はあるか?」
「いいえ」

頬を赤らめそう言った。

「じゃ、そのままあけておけ。ディナーを予約しておく」
「ディナー?」
「知らないのか。夕食のことだ」
「いえ、それは知ってますけど」

手首が握られ、開かされた手のひらにゴムが載せられる。
温かな指先の感触に、心臓が一瞬どきん、と跳ねる。

「水上、オリエンテーションは午後からで頼む」
「承知しました」

水上さんが出ていくと、烏丸さんは再び私に向き直り言った。

「ゴミを使える道具に変えるのがビジネスの基本だ。今から君を磨き上げるぞ」



「冷徹御曹司の無駄に甘すぎる豹変愛」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く