バッドエンドは全力でぶち壊す!

血迷ったトモ

第5話 柄じゃない

ー確か、彼女の超能力が発現したのは、中三の頃だったはず。なら、今は一個上の中一であるシンシアさんは、ただのか弱い女の子だ!ー

 ついに、その歩みを止める雄貴。

「おい、黙って動けっつったよな?あぁ!?」

「あ。あぁ…。」

 シンシアは竦んでいて、すっかり動けなくなってしまっている。このままでは、最大戦力である人間の内の一人である・・・・・・・・・・・・彼女が、殺されかねない。

 だがそれ以上に、『ウラデリ』により、擬似的にはではあるが、彼女の人柄を知っている雄貴には、ここでシンシアを見捨てるという選択肢は、存在しなかった。柄では無いのだが。

 幸いな事に、強盗犯はシンシアにお冠で、雄貴の行動には、一切気が付いて無かった。

『ゆうちゃん!何をしているの!?』

 そんな感じの事を言いたいのだろう。必死な、強い視線が、雄貴の背中に突き刺さる。

ーごめん、陽子さん。ー

 心の中で謝りながら、背後から強盗犯に近寄る。

「…このぉっ!クソガキがぁ!」

 ついにブチ切れた強盗犯が、シンシアを銃の銃床ストックで殴ろうと、大きく振りかぶる。

ー今だ!ー

「止めろ!!」

 渾身の力を込めて、強盗犯の腰あたりにタックルをする。少し小太りな体型の雄貴は、50キロくらいだろうか。そんな彼がタックルしてきたので、倒れるまではいかないものの、少しよろめいて、銃床ストックの軌道が変わり、シンシアには当たらずに済んだ。

「ぬおっ!」

 振り抜いた体勢のまま、少しバランスを崩してくれたので、そのままもう一押しして、何とか転がす事に成功する。

 が、直ぐに強盗犯は立ち上がって、ギロリと覆面から覗く目で、雄貴を睨み付けてきた。

「こ、このクソ野郎!!」

 立ち上がり、自身にタックルしてきたのが、雄貴のような子供だと認識すると、一瞬だけ驚いたように見えたが、直ぐに怒りによって動揺を消し、そして怒鳴りつける。

 更に、強盗犯は力任せに雄貴に蹴りを放ってくる。

「うぐぅ!?」

 腹付近に飛んできた蹴りを、咄嗟に両腕でガードする事に成功するが、強盗犯の馬鹿力により、雄貴の身体は軽々吹っ飛んで、誰も居ない壁際の方に転がっていく。

ー痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い!痛すぎる!何で俺はこんな事してるんだ!ー

 痛みのあまり雄貴は今更ながらに、強盗犯に抵抗した事を後悔してしまう。

 ガードした腕は、すっかり痺れてしまい、動かす事もままならない。しかも吹っ飛んで地面に落ちた時、少し背中を打ったので、呼吸も少し難しくなっているのだ。

「ゆうちゃん!」

「騒ぐんじゃねぇ!ぶっ殺すぞ!」

 ついに我慢の限界となった陽子さんの悲鳴のような声が、遠くに聞こえる。それに過剰に反応する、強盗犯の声も。

ー痛い、けど!陽子さんを…殺させる訳には、いかない!俺の、仕出かした事だ!最悪、俺の意識がどうなっても良い!この身体と、陽子さんだけは、守らないと!!ー

 雄貴は力を振り絞って、遠のく意識を繋ぎ止めて、よろよろと立ち上がる。

「ごほっ。…おい、どこを、見ている?よそ見、していると、ごほっ。はぁ…。また、俺みたいなガキに、遅れをとるぞ。」

 途中経過むせながらも、挑発的な態度と笑みで、強盗犯の注意を引き付ける。
 言い終わると同時に、強盗犯は雄貴の目論見通り、陽子さんから視線を外して、真っ直ぐこちらを見てくる。

「ちっ!どこまでもムカつくクソガキだな!どうも死にてぇらしいなぁ!」

 雄貴に、確実に死を与えるであろう、強盗犯の無慈悲な銃口が、こちらに向く。

 それを前にして尚、雄貴の闘志は一切萎える事が無かった。それどころか、より強く燃え上がる。

ーこんな所で、この身体を殺す訳にはいかない!限界なんかぶち壊して・・・・・、出せる力全て出して、アイツの顔面を、陥没させてやれ!ー

 すると、その瞬間、雄貴の身体に、何か黒い鎖が巻き付いてるのを、幻視した。その鎖は重く、1人の力では、解く事なんて出来ないほど、しっかりとしたものだった。

ーな、何だ?この鎖は?ー

 手足を動かそうとするが、鎖のせいで、1ミリも動かせない。虚空から伸びた鎖なのに、ビクともしないのだ。

ークソっ!邪魔だ。邪魔なんだよ!こんな変な鎖、ぶっ壊れ・・・・ちまえ!ー

そう思った途端、鎖が『パキーン』と粉々に砕け散った。
 すると、先程まで重石が乗せらてるかのように、重かった身体が、ふっと軽くなり、何でも出来そうな気がする程の、万能感に満たされる。

 何が何だか分からないが、このまま動かなければ、死あるのみである。
 強盗犯の引き金にかけられた指に、力が入るのを見た雄貴は、ほぼ無意識で、足を踏み出していた。

「…ふっ!」

『ズガァン!!!!!』

 体勢を低くして飛び出した雄貴の頭の上を、弾丸が通り過ぎる。

 気が付くと、目の前には呆けた様子の強盗犯の顔面がある。

「うあああああ!!」

 雄貴は飛び出す前にイメージした通りに、本気で強盗犯の顔面に右拳を叩き込む。

「うぐぉっ!?」

 すると、情けない声と共に、強盗犯は先程の雄貴のように、軽々と吹っ飛んで、地面をゴロゴロと転がっていく。

『突入!!』

 と、そこに、タイミングが良いのか悪いのか、武装した治安部隊と思しき集団が、入口からぞろぞろと入ってくる。

「はぁ、はぁ、はぁ…。助かった、のか?うっ…。」

  それをボーッと眺めてた雄貴は、安堵からか足の力が抜けて、その場にへたり込む。その視線の先では、すっかり伸びている強盗犯が、あっという間に拘束されていた。

 自分の事で手一杯な状況ではあるが、念の為周囲に目をやる。

ーシンシアさんは、無事か。放心してるな。それと、陽子さんは…。ー

 陽子さんの方に、目をやると、こちらに駆け寄って来るのが見えた。

「ゆうちゃん!無事なの!?」

「あ〜、うん、取り敢えずは大じょ、痛っ。」

 大丈夫だと言おうとしたが、急に右腕から激しい痛みを感じて、何も言えなくなってしまう。

「だ、誰か!息子が怪我してます!救急車を!」

 そんな雄貴を見て、顔面を蒼白にした陽子は、大慌てで助けを求める。

「いや、大袈裟な…。」

 雄貴の呟きは聞き入れらず、またしても病院送りになってしまうのだった。

「バッドエンドは全力でぶち壊す!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く