バッドエンドは全力でぶち壊す!

血迷ったトモ

第4話 脇役

「という事は、登場人物の誰かに乗り移ったのか?けど、俺と同じ名前の奴なんて、居た記憶無いんだが…。」

 翔太の動画を見たばかりなので、記憶は新しい筈だが、思い出せる中に、雄貴という名前は無かった。

「少なくとも、主人公グループじゃないって事か?ようするに、ただのモブ?」

 軽い眩暈を覚える雄貴。ただでさえ、他人の身体に入り込んでしまったという事に、結構なショックを受けていたのに、更に追い打ちをかけるかのように、ゲームの世界に入り込んでしまったと判明したのだ。仕方が無いだろう。

「このままモブで過ごしてても、1周目のプレイヤーがハッピーエンドを迎えるのは結構難しかったし、バッドエンドまっしぐらだよな?実際に翔太も、哀れなくらいに綺麗にバッドエンドをむかえてたし。」

 『ウラデリ』でバッドエンドを迎えるという事は、NHSと対立する、六通学園で育成される生徒達、すなわちヒロイン達最高戦力が、使い物にならなくなる・・・・・・・・・・事を意味する。
 即ちそれは、NHSによるテロ活動がしやすくなる、という事である。

 NHSのテロ活動が盛んになれば、モブである雄貴の命など、軽く消し飛ぶ事件が、大量に発生してしまう。それだけは、何としてでも避けねばならなかった。

「俺がいつ戻れるのかは分からんが、その前に死んだら、この身体の雄貴にも悪いし、何より陽子さんにも申し訳が立たないよな。」

 10年前に、夫と死別したらしく、その後は1人で雄貴を育ててきた陽子さん。そんな彼女の、たった1人の大切な存在を、乗っ取った分際で奪う訳にはいかなかった。

「さ〜てと。何がなんでも生き残るって事で、方針は決定だな。その為にはまず、情報収集と、身体を鍛えるところからだな。」

 じっと画面を見つめていた顔を、パッと上げて呟く。

「さてその前に、課題をさっさと終わらせないとな。」

そして、課題をやろうとしてふと気が付く。

「あれ?どれをやれば良いんだ?」

 これでは先が思いやられてしまうが、何にせよこの世界での目的が、しっかりと定まったのだった。


ー頑張って生きよう。そう決意したのが約1週間前だけど、何だこのクソったれな状況は!?ー

 時間は少し遡る。
 
 8月10日の朝、陽子さんと雄貴は郵便局に居た。何か両親に(この場合、雄貴にとっては祖父母)送りたい物があるらしく、訪れたのだ。

 窓口で手続きをしている陽子さんを眺めながら、雄貴はぼんやりと辺りを見回していた。

ー内装はあんまり変わらないな。ポスターとかが少なくなって、代わりにデジタルの掲示板があるくらいか。ー

 近未来という事で、何か自分の知らない、あっと驚くような、そんな何かがある事を期待してたので、少し残念と思ってしまう。

 だが、そんな呑気な気分など、一瞬で吹き飛ばされてしまう出来事が、大きな破裂音と共に起こってしまう。

『ズガァン!!!!!』

「きゃあ!」

 誰かが悲鳴をあげる。

「!」

 その激しい音に、雄貴はびっくりして動きを止めてしまう。

 その直後、図太い声が、郵便局内に響き渡る。

「全員、その場から動くな!!動いた途端、それが最後だと思え!!」

 大声により、硬直から解けた雄貴は、恐る恐る声の主の方に、目だけ動かす。

ー…マジか。こんないかにもな強盗犯、絶滅危惧種だって、ネットの情報ではあったのに!ー

 雄貴の視線の先には、入口の近くに立ち、ショットガンみたない銃を天井に向けている、覆面の男が1人立っていた。
 その姿は、どこからどう見ても、強盗犯以外の何者でも無かった。

 次に、雄貴は陽子さんの方に視線を向ける。すると彼女は、恐怖に怯えた様子で、こちらを見ていた。

ー取り敢えずは、まだ誰も傷付けられてないか。だが、ここからが問題だ。アイツが、一体どんな要求をしてくるのか。そして、人質である俺たちの扱いは、どんな風になるのか。ー

 考えても無駄だというのに、雄貴はありとあらゆる事態を想定してしまう。それだけ、彼自身も恐怖と緊張で、正常には考えられなくなってるという事である。

「一人一人、俺の指示に従って黙って動け!まずはそこのお前!あとそこのお前!あっちの机の方に行け!」

 指差して指示する。どうやら、郵便局に居る人達を、一纏めにしておきたいらしい。営業が始まってすぐで、そこまで混んでおらず、今は受付で対応してもらってる利用者が多かったので、その近くに置いてあった机付近に集めて、監視するつもりらしい。

「次は、そこのガキ!大人しくあっちに行くんだ!」

「…。」

 動かす人数を、少人数にするつもりらしく、次は雄貴の番であった。

 ここで犯人に抵抗するという、現実味の無い選択肢は持ち合わせて無いので、雄貴は大人しく従う。

 足が震えそうだったが、犯人に、怯えてるとでも思われても癪なので、努めてしっかりとした足取りを意識して、指示された場所、即ち不安そうに雄貴を見ている、陽子さんの元へと向かう。

「次は…おい、そこのお前だ!」

「ひぃっ!」

 雄貴がまだ歩いてる最中だが、子供だからと甘く見たのだろう。
 次に移動させる者を選んだが、今までとは違い、小さな悲鳴が聞こえた。

「…。」

ーいや、黙って指示に従えって、言われたじゃんか!ー

 雄貴は驚いて、歩く速度を少し落として、悲鳴の主を見る。

ー外国人の女の子か…ん?どっかで見たような…。ー

 金髪碧眼の同い年くらいの女の子で、ただ可愛いだけでなく、どことなく気品を感じる子だ。

 ―そう。良く目立つので、何かのパッケージの、メインに据えられてても、違和感を覚えるどころか、当然と思えるような女の子だ。

ーあぁぁぁぁ!あの子、『ウラデリ』のメインヒロインの生徒会副会長!シンシア・リトルトン!何で彼女がこんな所に!ー

 パッケージよりも、幼い (本編開始4年前だから当然である)が、雄貴はシンシアであると認識した。正直、外国人の顔を、正確に判別出来るかと言われれば、自信は無いが、この時ばかりは直感で理解したのだ。

「バッドエンドは全力でぶち壊す!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「学園」の人気作品

コメント

コメントを書く