話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転生

ノベルバユーザー477061

4話

「じゃあな,行ってくるから,お前はちゃんと家事しておけよ,飯はそこに金おいてくからそれで食え」

『バタンッ』

今日からこの家は旅行に出掛けるようだ場所はなんだか良くわからん,海に近いリゾート的なところらしい,この世界の海も塩ってあるのかな?


なんて、疑問を持ちながら俺が向かった先は

『トントントン』

家の中からはーいという声が聞こえドアが開いた,そこから少し太っている,いかにもお母さんって感じの人が出てきた

「すいません,リーナっていますか?」

「いるよ,リーナ!!お客さんだよ!!」

すると、リーナがてできた

「あ、かなっ!アイル!どうしたの?」

「おばさん!リーナと遊んできていい?」

「いいけど暗くなる前には帰ってくるんだよ」

「はーい」

「え?ちょっ、うわっ!!」

俺はリーナの手をつかむとそのまま一直線に門まで進んでいった,そして、門を出ると草原が広がっていた

「うわぁ…」

とてもきれいだったとても,とても……
まぁはじめて門の外に出てみたかったのもあるけど俺がやりたいのは…

「魔法使えるようになったか?」

「うん、私には炎の適正があるらしいの」

そういうとリーナは手をだしそこから炎を出現させた

「私、まだなれてないから初級魔法しか使えないの」

「大丈夫,俺も中級魔法しか使えないから…」

この世界によると魔法は
初級
中級
上級
最上級
師級
名級
神級 

とあるらしいが,この世界で一番すごい魔術師でも、使えるのは師級まで名級と神級に関しては神話の頃に七つの罪人が神級と転生者が名級を使っていたらしいが,一般人は中級使えたらすごいらしいから,こんな,幼い頃に中級使えるって俺の両親は以外とすごい人だったのかな?

そうして俺たちは今日は日本でいう5時くらいだろうか,夕方まで練習していた,そして、ある約束をした

「いいかい?僕たちは10歳になったら学校に行かなければならない,そのときまでに魔法を磨いて魔法学校に合格できるほどの実力をつけておくんだ俺の義理の両親はとても俺に厳しいから外に出してくれない,こういうときには君と練習するけど,それだけじゃ足りないから君もしっかりと練習しておくんだ,わかったね?」

魔法学校は受験しないといけない,受験といっても,魔法の実技だけだが,それでも中級くらいの魔法を使えないと,初級でも、魔法を使えれば入れると思うんだけど,念には念をということで

「わかった!」

そして、俺たちは家に帰った



それからというもの,俺は家事以外の時間をすべて魔法の練習に費やした,空いた時にはリーナを誘って平原に行き練習して,という毎日が続き,ついに















ーーーーー3年後
















一応解説をいれておくと
記憶を取り戻したのが5歳→それから2年後
で今、それから3年後で,10歳学校には10歳から行くことになるので
なかなか難しいですね設定とか

「クラス転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く