話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス転生

ノベルバユーザー477061

3話

アイル7歳

「アイル,今日はエイリの誕生日だから,誕生日ケークの材料買ってきてケークを作るんだわかったな?」 


「はい。」

そして、俺はシャルロット王国の中心,王城通りで,買い物をしていた,

外に全然出してくれないものでわからなかったが一応,うちの家はデカイ壁の中,城壁のなかにあるらしい。一軒家が立ち並ぶ住宅街みたいなところだ で、

王国はと言うと完全に中世ヨーロッパだった 異世界は中世ヨーロッパしかないのか?という疑念を抱いたがとりあえずケークの買い物をしていた

ケークというのは日本でいうケーキと全く同じだ名前が少し違うだ


そういえば俺は中級魔法のウォーターリングを作ることに成功した。といっても水の輪を作るだけなのだがそれでウォーターボールよりは作るのが疲れる


ーーー買い物後


「ただいま」

「何をしていたんだ!遅い!!遅いぞ!!」

また理不尽なことを,ここから王城通りまで約20分はかかるぞ!往復40分買う時間で15分…そんなことはどうでもいいんだ,早くケーク作られねぇと


前世では飯を作ったことがなく作れた飯と言えばカップラーメン程度だ,それがこの家にいるお陰で料理が上達してしまった




ーーーーーー20分後

「できましたー」

「ありがとうね!アイル」

「エイリが女神に見える…」



『トントントン』

うちの玄関のドアが叩かれる音がした

「誰か来たのかな?おい、アイルお前でてこい」

「わかりました」

『ガチャ』

「なんですか?」 

そこに立っていたのは俺と同い年くらいの女の子にでショートカットで黒毛けっこうかわいい子だった   …かわいいと美しいは違うからね?

「はい,なんでしょうか?」

「あ、はい,私,リーナといいます。今日はお隣さんの家が誕生日の人がいるというのでケーキ…じゃなかったケークを…」

この世界では隣の家の人の誕生日も一緒に祝うっていう習慣があるのか………

ん?

「ねぇ君,今,ケーキって言った?」

「あ、ごめんなさい,噛んじゃっただけです」

かんでもケーキとは言わんやろ,もしかしてこの子,俺と同じ学校に通った子かな?

「ごめん,変なこと聴くんだけど,君って前世のこと覚えてたりする?」

「え?」

「ごめん、ごめん今の忘れて,…」

「覚えてますよ」

「へ?」

「私は,前世では○×東高校だったんですけど,修学旅行中バスの事故で神様に転生させられて他のクラスメイトもきっと…」

「ぼくとおなじだ…」

「君,前世の名前は?」 

「十六夜  皐月」

その瞬間,その言葉 単語を聞いた途端,俺は体中が熱くなるのを感じた,そこ言葉を頭で理解する前に俺は抱きしめてしまった

「ほんとに…ほんとに良かった…」

「で、君の前世での名前は?」

「桐谷 ……奏太…」

その言葉を俺が発すると彼女がぼくを抱く力が強くなった


「そ、そういえば君は魔法を使えるのかい?」

「魔法?」

「うん、この世界では魔法を使うことが出きるらしいんだ」

そして、俺は魔法のこと、魔法の使い方についてを学ばせた

「で、手に意識を集中して,想像すればいいの?炎,水,土,風,のどれかを」

「うん」

「おーい!アイル!いつまで話してんだ!さっさと戻ってこい!!!」

「はーい!!」 

「ごめん、この世界ではリーナって名前なんだっけ?じゃあねリーナ」

「うん、バイバイ」

俺は今日新しい俺の仲間を見つけることができた。それが皐月というのはとても嬉しい,まだまだ神話の世界の転生者と呼ばれる人たちが俺たちと同じクラスなのか?など疑問はあるがとりあえず皐月が,この時代にいてくれたのはとても頼もしい。


今度リーナに魔法を教えてあげよう。



そう思いながらエイリの誕生日を祝った





「クラス転生」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く