異能力に目覚めた俺は変態でした。

ヌマサン

第10話 招集状

俺が朝、学校に着くと……いや、学校があった場所と言った方が良いのだろうか。

そんな感じで学校が破壊されていた。

「菊井先輩!」

「玲奈ちゃん!これは一体……?」

「分からないですけど、どうも機械族のあぶれモノがここを破壊したって聞きました」

機械族……それは去年、反乱を起こした新たな人類のことだ。体を機械化した人類。

そうすることで病気にかかることも、年老いることもなくなった。もちろん、死ぬことも。

実験体となったのはネット上で集められた200名。

年齢は18~30歳の男女。

そして、その集まった人々を機械化したのが去年のこと。

その翌日、その機械族のリーダーが反乱を起こした。

現在も各国との戦闘が続いている。

そのおかげもあってか、現在は50体まで減らせているとのことだった。

ニュースでもあと一年で全滅させられると言っていた。

だが、このザマだ。

一体どうしろというのか。

「……先輩。私たちにはどうすることも出来ないんですか?」

「そうだな……終息を待つしかないんだろうな」

俺も玲奈ちゃんも何も言わずに俯いた。

学校を襲撃した機械族はすでに軍によって討伐されたとのことだ。

そして、学校に早くから来ていた教師生徒100名の尊い命は奪われた。

この場にいる者たちで、明るい表情を浮かべているものなど一人も居なかった。

友を失い、悲しみに暮れるもの。この世には居ない家族の名を呼ぶもの。

見ていることだけでも辛過ぎた。

「これは辛いねぇ」

俺はその声に反応して後ろを振り返ると、三原がいた。

「三原……」

「昨日ぶりだね。菊井真也」

「何の用だよ。勝負は嫌だぞ」

「パンツを賭けてもかい?」

「あ、当たり前だろ!」

「……ホントに?」

こんな胸糞が悪いのにスカートの中を覗いたりするほど無神経じゃない。

「アンタたち、何してんのよ」

三原に続いて、未帆ちゃんがやって来た。

「これで異能力者4人が揃ったわけだ」

三原は一人満足げに頷いている。

「それで、4人揃ったから何だってんだよ。三原」

俺がそう言うと、三原は胸ポケットから一枚の紙を取り出した。

「……僕たち4人当てに国から招集状だよ」

「異能力に目覚めた俺は変態でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く