異能力に目覚めた俺は変態でした。

ヌマサン

第8話 ツンデレ×チョロイン

「……ここは?」

俺が目を覚ますと何やら部屋のようだ。

「あ、先輩。起きましたか?」

「ああ、えっと……」

「ここは保健室ですよ。あと、私は酒井玲奈さかいれなです。名前……言い忘れてましたね、菊井先輩」

そうか。この子、酒井玲奈っていうのか。なるほどね。やっぱりあの人に似ているなぁ。

「えっと、玲奈ちゃん。俺が持ってたピンクの……」

「あ、それなら茶髪の美人さんに返しておきました。また、ここに来るって言ってましたけど」

「そっか~残念だ。でも、また来るんだったらまた拝ませてもらおう!」

「先輩ってホント、筋金入りの変態ですよね」

「いや、褒めても何も出ないよ?」

「褒めてません!この変態!」

……ダメだ。この子の怒った時の顔、可愛すぎる!こんな後輩を持てるなんて、俺の人生まだまだ捨てたもんじゃないな!

「失礼します」

俺と玲奈ちゃんが話をしていると、保健室の入口で声がした。しかし、俺はこの声を覚えている。

「玲奈ちゃん、あの変態は……」

「あ、ピンクの……」

「黙りなさい」

ひえ、何かこの人怖いな。もしかして俺がパンツ取ったの怒ってるのかな?

「あと、アタシは水上未帆みずかみみほ。今日、こっちに転校してきたばっかで、アンタと同じクラスになるんだけど」

「おおー!それじゃあ、毎日パンツ拝ませてください!」

「何なのよ、アンタ……キモ過ぎ……」

未帆ちゃんは頬を赤く染めている。何だろう、照れてるのか?

……ハッ!まさか、俺に惚れちゃったとか!?

「ねえねえ、未帆ちゃん。もしかして俺に惚れちゃったとか!?」

「あ、アンタに惚れるわけないでしょ!アタシはそんなにチョロくない!……ていうか、何でもう下の名前で呼んでるのよ!」

「良いじゃないか。俺と君の仲だしさ。だから……ね?」

「イヤよ、アンタみたいな変態に下の名前で呼ばれたくない!」

……ヒドイなぁ。パンツ見るのなんて挨拶代わりみたいなもんなのに。

「あの、先輩方!一度、落ち着きましょう!」

「そうだな」

「そうね」

俺と未帆ちゃんの声がハモる。その直後、未帆ちゃんは俺をキッと睨みつけてきた。

「あの、声被せないでもらえるかしら?不愉快だわ」

「え~良いじゃん、それくらい。それに僕は君を愛してるんだ!」

「アンタが愛してるのは女の子のパンツでしょうが!」

「へぶぅ!?」

俺は未帆ちゃんの回し蹴りを喰らって再び意識を失った。

「異能力に目覚めた俺は変態でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く