異能力に目覚めた俺は変態でした。

ヌマサン

第6話 屋上の床

「そうだね……君が負けた場合は僕に従ってもらおうかな」

俺はその時の三原の笑みに不気味なものを感じた。……何より男に従う趣味はない!

「で、勝負っていうのは異能力を使ってやるのか?」

「そうそう。まずはこれを付けてくれない?」

俺は三原から投げられたもの……バッジ?のようなものを受け取った。

「これをどうするんだ?」

「制服の襟の所につけてくれ」

俺は三原から言われた通りに制服の襟の所にバッジを付けた。三原も同じようにバッジをつけていた。

「これを先に奪った方が勝ちだ」

「なるほど。分かった」

「それじゃあ、始めようか。制限時間は3分。あの時計の針が昼の1時になるまでだ」

こうして、俺と三原衛との戦いが始まろうとしていた。

一体、三原の異能力は何なのだろうか。それも知らずに勝負を受けたのはマズいよな……。向こうは俺の異能力を知ってたりするんだろうか。

まあ、どんな異能力だったとしても、俺の時の圧縮者コンプレッサーオブタイムの敵じゃないだろうがな。

「それじゃあ、始めるぞ!」

俺は始まった瞬間に異能力を発動させた。

三原は全然動かなかった。

俺は『今だ!』と思って力強く踏み込みを入れて三原に近づこうとした。

しかし、そう上手くは行かなかった!

「何だ?足元が……!」

ここは学校の屋上だ。頑丈に出来ているはずだ。なのに、どうして足元が沈んでいくんだ!?

何か柔らかくなってやがるぞ!干したてほやほやの布団みてぇに!

「マズい、一旦解除だ!」

俺は一旦異能力を解除した。

しかし、体勢を崩して倒れこむころには硬さは元に戻っていた。

「どうしたの?何か落ちてたのかな?」

……ちっ!なんかむかっ腹が立ってきたぞ!畜生!

それにしても今のは三原の異能力なのか!?

床を柔らかくする能力……?

もう少し戦って見ないと何も分からないな。

俺は再び三原に接近しようと身構える。

しかし、依然として三原は棒立ちの状態から動こうとしない。

全く、訳が分からないな。この戦いの勝利条件はバッジの奪取だ。

とりあえず、この勝負に勝つことだけを考えよう。

三原は何故か、バッジの所をガードしていない。

何をする気なんだろうか?

その後も近づこうとした時だけ床が柔らかくなり、その度に俺は転倒を繰り返した。

「あれ?どうしたのかな?制限時間は残り30秒しかないぞ?」

……俺の異能力の中ではあと5分あるということだ。

しかし、残り5分でこの状況を打開できるのだろうか?

「異能力に目覚めた俺は変態でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く