異能力に目覚めた俺は変態でした。

ヌマサン

第1話 異能力

俺は菊井真也きくいしんや。つい昨日、学園中の女子生徒に片っ端から告白するという1年がかりの試みに失敗しただけのどこにでもいるごくごく普通の高校生だ。

しかし、俺にはそこら辺の普通の高校生とは違い、1年前に手に入れた能力がある。

このおかげで俺はこの高校生活をエンジョイしている真最中だ。

その能力とは周囲から見て俺の行動が10倍早く見えるというものだ。だが、超加速なんてちっぽけなものじゃない。

例えば、だ。

朝の8:30に始業のチャイムが鳴る。これを過ぎれば遅刻だとしよう。

そして、起きてから準備をして教室に入るまでにかかる時間は15分だと仮定する。

そんな中で朝の8時27分ちょうどに起きた。

普通にすれば教室に着くのは8時42分、遅刻だ。

しかし、俺の能力を発動させればギリギリで間に合う。

――え?どういうことなのかって?

おいおい焦るなよ、今から説明するところだからな。

俺の能力の発動して15分で学校に着く。これなら一見大したことは無い。ここまで説明した意味がない。

しかし、教室に着くとあ~ら不思議!8時28分30秒!

すなわち、俺がこの能力を使っている間に行った行動にかかった時間は10分の1に圧縮されるのだ。

さらに分かりやすい例を出すなら、50m走だ。

この能力を使わずに走れば7秒で走れるとしよう。

なら、この能力を使えばどうなるのか。それは0.7秒で50mを走り切ったように見えてしまうのだ。

こんな素晴らしい能力があっただろうか、嫌ない!

この能力を使った状態で、女子たちの着替えをドアの隙間から5秒間覗いたとしよう。しかし、俺以外の人からは俺が0.5秒だけ女子更衣室を覗いたということにしかならないのだ。言い訳として「ドアが開いていたのでついチラ見してしまいましたテヘペロ」で済んでしまうのだ。

ここまで能力の凄さを語ってきたが、この能力を得るために俺はあるものを対価に支払ったのだ。

それは……次の所で話すとしよう!

「異能力に目覚めた俺は変態でした。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く