あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

何で抱える?

ひろくていわばかりの荒野こうやを、ヒキガエルはのしのしとあるいています。

「…あら。
それじゃあ、トカゲのしっぽがれたところはれなかったのね」

ヤマトくんは、ヒキガエルの背中せなかられながら、おじいちゃんにしかられたことへの不満ふまんこぼしていました。

「カナヘビ!
ボクがつかまえたのは、カナヘビ。
でも、おじいちゃんだって、おこらなくてもいじゃんね?」

「…そうかしら」

カエルはかないまま、ピタっとまりました。

「そうだよ!
だって、『実験じっけん』なんだよ!『勉強べんきょう』なの!
しっぽるだけじゃなないもん!」

そして、

「そう…ね。
そうかもしれないわね」

つぶやきました。
そして、ちかくにいたなにかをパクっ!

ゴクンっとむと、ふたたびのしのしとあるはじめました。




カエルは、ヤマトくんを背中せなかせているのに、おもさなんてかんじてないような平気へいきかおをして、ずんずんぐんぐんすすみます。

「ボクをせてるから、ジャンプしないの?」

背中せなかからヤマトくんがたずねました。

あめにわでよくるアマガエルのように、彼女かのじょがぴょんぴょこねないことを、不思議ふしぎおもっていたのです。

くすっとわらって、カエルはこたえます。

「あなたはそんなにおもたくないわよ。
もっとたくさんべて、おおきくならなくちゃ」

すこしムッとしたヤマトくんは、
「ちっちゃくないもん!」
と、カエルの背中せなかにしがみついて、からだ前後ぜんごおおきくらそうとしました。

しかし、カエルは びくともしません。
ヤマトくんなんて関係かんけいないように、のしのしすすみます。

「たくさんべて、いっぱい運動うんどうして、いろいろ勉強べんきょうするのよ」

まえいたまま、そうやさしくったあと、ヤマトくんにはこえないくらいのちいさなこえで、ぼそりとくわえました。
「そうしたら、わたしみたいには・・おおきくなれるわ」




ずぅーっとつづく、でこぼこ地面じめん
見渡みわたかぎりのたいらなわけではなく、ところどころに小高こだかおかもありました。

カエルはそのひとつの一番いちばんたかいところに辿たどくと、ぴたっとあしめました。

そこにはおおきなみずたまりがありました。

みずたまりは、夜空よぞらうつしていてくら
まるで何処どこまでもつづふかあなのようです。

ヤマトくんは、おもわずブルブルっとふるえて、カエルの背中せなかにギュッとしがみつきました。

「さぁ、ここからおうちかえれるよ」

だまってみずたまりをのぞんでいたカエルは、ニッコリわらっています。

「だからね、わるいけど…
駄賃だちんにあなたのかわを…姿すがたをいただこうかしら」

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く