あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

ウサギを追って

「あのカエルはなにをしたの?」

かんがえ込むように、黙々もくもくあゆみをすすめていたかげ
だまっているのを我慢がまん出来できなくなったヤマトくんはこえをかけました。
かげはピタッとまると、とてもおおきなためいきき、「ごめんな」と苦笑にがわらいするようにつぶやきます。

彼女かのじょ自分じぶん正直しょうじきぎたんだぁ…
しいものがいっぱいでな…
それだけなら、わるいことじゃねぇけど……
…ん?」

突然とつぜん二人ふたりかっていたみちさきから、たのしげな音楽おんがくこえてきました。

♪びよよ〜ん♪びよよよ〜ん♪
 びるか、ねるか♪
♪びよよよ〜ん♪びよよ〜ん♪
 ねるか、びるか♪
♪びよよ〜ん♪びよよよ〜ん♪

なにやらしろくてまるいモノたちが、うたったり、ねたりしています。
まるで、たくさんの風船ふうせんが“ひらいたひらいた”をしているみたいです。

「あれはウサギだべ」

興味津々きょうみしんしんで、かたからっこちそうになっているヤマトくんにづいたかげわらうようにからだらすと、ウサギたちちかくにヤマトくんをろしてくれました。

ウサギたちまるくなったかとおもえば、びよーんとびたり、さわろうとすると、もわーっとふくらんだり…。
ヤマトくんのっているウサギとはちがっていました。
まるでくも綿菓子わたがしのようにふわふわして、ひとつのかたちとどまることなく、ねていきます。
なんだかたのしくなってきたヤマトくんは、ウサギたち真似まねをして、あななかもぐったり、せまみちとおったりして、どんどんどんどん影男かげおとこからはなれていきました。

「おーい、かえみちはそっちじゃねぇぞぉー」

めるかれこえこえないほど、ウサギたちけるのがたのしくなったヤマトくん。
ウサギにって、どんどんどんどん、おくおくへとすすんでってしまいました。


「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

  • まあちゃん

    ウサギを追いかけて行ったヤマトくんが心配です!続きをお待ちしていますねー

    6
コメントを書く