あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

よくばりかえる

ほしがキレイだね!」

ヤマトくんは、かげかたうえからだられながら、そらながめます。
ほしたちは、なんだかいつもより力強ちからづよしずかにかがやいているようでした。
地面じめんすなほしひかり反射はんしゃしてあかるく、街灯がいとういのに、とおくまでよくえました。

しかし、夜空よぞらはいつもよりふか黒色くろいろ
じっとていると、ヤマトくんはなんだかまれてしまいそうな気持きもちになり、ぶるぶるっとからだふるわせました。

ふと、したをやると、そこにはヤマトくんのかおくらいおおきなヒキガエルがいました。

いつものくせで、カエルをつかまえたくなったヤマトくん。
かげかたからりようとしますが、かげめられます。

「ソイツはいかん。
全部ぜんぶっていかれるぞ」


失礼しつれいね!」

突然とつぜん足下あしもとからおんなひとこえがしました。
ヤマトくんはキョロキョロとあたりを見渡みわたしますが、二人ふたりそばには、ヒキガエルしかいません。

わたしもらうのはしいものだけよ!」

やっぱり、こえぬしは、ヒキガエルでした。
びっくりしてしまったヤマトくん。
かげあたまにしがみつきながらも、しゃべるカエルからはなせません。

しいからって、他人たにんのモノをぬすむヤツは信用しんよう出来できねぇべや」

「ふん。
ルールをまもれず、ここにとされた貴方あなたわれても、ピンとないわ」

「…。
ドングリのせいくらべだべな…」

かげふたたあゆみをすすめます。
あかるい星空ほしぞらしたよるはゆっくりけていきます。

「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く