あかいトカゲのゆめ

おくとりょう

かげのあな

がつくと、あたりはくらえません。
つきくもかくれてしまったのでしょうか。
したからはつよかぜいているようです。

なになんだかからないヤマトくんでしたが、からだこそうとしたときに、づいてしまいました。

したちてるーーーっ?!)

じつは、ふかふかあなをずぅーーーっとちている途 中 と ち ゅ うだったのでした。

びっくりしすぎて、こえせず、からだ上手うまうごかせません。
こわれた人形にんぎょうのようにちていきました。

(もうダメだー!
だれたすけて!!)


……
………どすんっ!

「……あれ?」

おそるおそるけると、おおきなおとこひとちてきたヤマトくんのことをキャッチしてくれていました。

でも、またもや、ヤマトくんはびっくり!!

そのおとこひとは、こしすこし、がっているのに、ヤマトくんの5人分くらいの身長しんちょうがあります。

そして、かおからだも、くろでした。
それは、まるで暗闇くらやみのような、まれてしまいそうなくろでした。



「あかいトカゲのゆめ」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「童話」の人気作品

コメント

コメントを書く