話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

絶対孤独

せだ きるや

43 沼

ずぶり
ずぶり

ゆっくりと
ゆううつに沈み込む

ずぶり
ずぶり

青い顔のまま
沈む

ずぶり
ずぶり

つかれたからだに
ゆっくりと
ゆううつがまとわりつく

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く