絶対孤独

せだ きるや

17 闇

僕の傍らに
ひっそりと寄り添うのは



それは死の香り
時に僕を苦しめ
時に僕をいたわり

どんな光の下でも
ひっそりと主張するのは



お前はそれで幸せか
あいつはそれで幸せか

生の裏側に潜む
死の香り

それに触れぬように
囚われぬように
顔を背け
無理やり笑い
光を燈し
瞳を開き

そうして
光に汚された大脳に
心臓は悲鳴を上げる

ほら
そこに闇があるだろと

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く