絶対孤独

せだ きるや

15 この一瞬の均衡を

降りだした雨に
アスファルトが匂い立つ

ふいに鮮やかな緑が
僕の瞳に溢れ出す


あ、

子猫が
ピチャピチャ
駆けてった


遠い電車の音も
  雨音に泡立った


僕の心臓も
  密かに踊り

そっと頬で笑う


そっと


誰にも気付かれないように

誰にも壊されないように

この雨が

この時が

この日々が

この心臓が


この一瞬の均衡を・・・

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く