絶対孤独

せだ きるや

14 十一月の最後の木曜日

鉛色の空の下
僕は君のことを考える

君の場所ではどんな空が見える?

わずかに残された青空から
僕は目を背ける
輝きを失った空気が僕を包む

追いかけっこに疲れた亀は何処に行く
眠った兎は何故目を覚ます

クリスタルの瞳は涙を忘れ
ため息だけが立ち止まる

沈黙を忘れた人々が
沈黙を求めて笑い合う

空は相変わらず空のまま
僕は相変わらず僕のまま

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く