絶対孤独

せだ きるや

09 チューインガム

くちゃくちゃガムを噛みながら
口を尖らせ彼女は言った


人生なんて
ペパーミント味の
チューインガムみたいなもんなのよ

刺激的なのは最初だけ
噛めば噛むほど味が出るなんて
ぶつくさ言ってる時には
とっくに味なんかなくなってんのよ

あとは義務みたいに
くちゃくちゃ噛んでるだけ

嫌になったら吐き捨てちゃえばいいのよ


だけど
ガムならまた違うのを食べられるけど
人生はそうはいかないだろ


だから哀しいんじゃない

「絶対孤独」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く